スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大使襲撃と国旗強奪とお気楽民主

大使襲撃と国旗強奪とお気楽民主  
  ネタが少々古くなってしまいましたが、今の中国のお祭り状態の前奏
ともなった印象深い大使公用車襲撃事件。あろうことか公用車の国旗
をもぎ取られるという、日本にとって前代未聞の屈辱的な事件でした。


 犯人とされる二人の中国人は、五日間の拘留の後釈放とか。当初、
中国側は厳正な対処を日本側に約束していたものの、まさに愛国無罪
の厳正対処。日本は二重にコケにされたようなものなのですが、無能
の役立たず内閣は、これに抗議するでもなく官房長官は「処分内容に
ついて言う立場ではない」と発言し中国側の処分を容認。こういった姿
勢が付け込まれるモトだということが理解できないお気楽民主党です。
元々、国旗を切り貼りしてパッチワーク党旗をつくる皆さんなので、まあ、
妥当な対応なのでしょう。公用車の国旗一つ守れないで領土もクソあっ
たものじゃないのですが…。

 結果、こういった積み重ねが中国の反日祭りを盛り上げることとなり、
中国では過去最大の規模で反日デモを展開中。暴徒と化したデモ隊は、
投石、放火、略奪とやりたい放題。震災のときに見せる日本人の姿と比
較して、国民性がよく現れています。「自分の物は自分の物。人の物も
自分の物」という本性は、尖閣問題でさらにむき出しなる中華アルアル
狂和国です。

 ただ、この暴動も日本へプレッシャーをかける中国当局の仕掛けた
心理戦でもあることは、多くが指摘されているところです。

 広東省の中国国営企業の従業員は反日デモの参加を通達されて、
拒否するものは金を納付することを要求されたとか…。また、深セン市
では、デモ参加者の中に同じシャツを着た招集者と見られる一団がいて
その中に公安局の副局長の姿があったとか…。その他各地で現役の
警官が私服でデモに参加し、スローガンを叫び、群衆を指示してデモ隊
をリードする姿が確認されているとか…。

 暴動を外交圧力や党内闘争に利用しているアルアル狂和国ですが、
日本との間合い、どこまで踏み込むことが可能なのか、どのレベルで
抵抗があるのか、それを見定めながらつめている状態であり、日本が
抵抗ラインをはっきり示さないからどこまでも踏み込まれてくるのであり
この際、小規模な軍事衝突も辞さずという姿勢を見せるべきでしょう。

 でなければ、チベット、ウイグル、南シナ海のように、やがて侵食され
てしまい、気がついたら日本自治区ということになりかねません。

 …しかしながら、民主党は、まだ1年間は政権にしがみつこうとしてい
る状態で、全く厄介な売国無罪の連中です。


                                                      ~鳥


  ブログランキングに参加しています 
     クリックが次作へのエネルギーとなります          
          よろしければクリックお願いします。

 
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 中国

民主党的対抗措置

民主党的対抗措置 

 ウォンの暴落を防ぐため、5兆円を超える日本円を用意したスワッ
プ協定を設定したり、返すいわれのない文化財をワザワザ持参した
りと韓国へ媚を売り続ける売国政権にして、起こるべくして起こった
イミョンバクの竹島不法侵入。

 竹島の実行支配を強めてきた韓国ですが、日本のアホ政党が政権
の座に着いてからアクセル全開で、ついに泥棒国家の大統領の不法
侵入という事態に至ってしまいました。

 海洋警察という軍隊もどきで不法占拠を続けている韓国ですが、こ
れまで正規の軍隊を上陸させることまでは自重していたようで、今回
の件はそんなことも吹き飛ぶ大統領の上陸であり、事態の深刻さを
あらわしているのだとか。

 これに対し、我がアホ内閣は「毅然と対応する」などとして国際司法
裁判所への提訴なども検討とか。当事者国の合意がなければ裁判は
成立しないので、「不法占拠」に抗弁できる証拠もなければ正当性も
ない韓国が提訴に応じることはなく、やはり、これに対して「応じない」
と想定どおりの方針表明。何しろ、不法占拠の拠りどころとなっている
のは国民への洗脳だけですから…。

 想定どおりの出方ではありますが、ここから執拗に国際社会に対し
てこの問題の本質をアピールしていくことは、最低限の「毅然とした対
応」で、さらにはスワップ協定の中止など厳しい対応が求められる政
府です。

 …ところが、さすが売国政権でスワップ中止は否定。官房長官の制
止で竹島問題の閣僚会議さえ開かれないとのこと。さらに、イミョンバ
クの天皇陛下への注文発言にいたっては「内容は一切聞いていない」
と耳をふさぎコメントを控える玄葉外相、抗議のできない内閣…。そん
な中でも野豚は、「毅然とした対応」をとって盆休みとのこと…全く
恥ずかしいほどのやる気のない売国内閣です。

 ところで、同時期に起こったオリンピックの韓国サッカー選手の竹島
プラカード問題では、メダル剥奪の可能性もいわれていますが、是非
ともIOC、FIFAには厳しい裁定を出してもらいたいものです。この問題
が中途半端な決着ですまされれば、2018年の韓国での冬季オリンピ
ックでは、無数のプラカードが観客席を埋め尽くすという光景を見せら
れることになるでしょう。

 出来れば、開催地を白紙に戻してもらいたいものです。

                                    ~鳥

                         
ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります         
          よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 竹島

それでいいのか?森本敏防衛大臣

それでいいのか?森本敏防衛大臣 

 諸般の事情で、随分と更新を怠ってしまいました。この間、訪問いた
だいた皆様に感謝いたします。ありがとうございました。何とか久し振
りの更新です。

 更新を怠った理由の一つは、売国民主党のデタラメぶりに辟易して
いたことでもあるのですが、ここに来て泥舟野田政権も煮詰まってきた
ようで、いよいよ沈没寸前の様子。とっとと沈没解散総選挙といって
ほしいところなのに、内閣改造などと悪あがきの国会対策を4日に
発表しました。

 その目玉は森本敏氏の防衛相人事で、旧防衛庁時代から初の民間
人の入閣なのだとか。その起用に、選挙で国民の信託を受けていない
民間人が政治的な責任を負えるのかと批判の声もあるようですが、何
しろ今の野田政権自体、選挙の信認を受けていない「たらい回し」内閣
なのですから、森本氏の責任がどうとか言っているのはナンセンスな話。
野田内閣こそ無責任内閣なのです。

 まあ、無能な売国政党に国防を担える人材がいなかったということを
証明した人事でもあったわけで、シロートやドシロートの前大臣に比べて
とりあえず胸を撫で下ろした人も多かった森本防衛大臣の就任といった
ところでしょうか。

 それにしても呆れてしまうのは、今回の改造にあたって野田ソウリは
森本氏の前に、あの左巻の五百旗頭前防衛大学校長に防衛相就任
を打診して断られていたのだとか。野田という人間の安全保障、防衛
に対する考え方、スタンスが如何なるものか、改めて思い知らされる話
です。

 民間人登用に批判が上がるなか、当の野田ソウリは「政権として全
面的にしっかりサポートします」と、森本防衛相を励ましたとのこと。森
本氏がどのような面持ちでこのシロート集団の言葉を受けとったことか。
頭の中から国境線が消えてしまっている方々から協力なサポートを受
けた森本氏は、何と、自論であった集団的自衛権の行使を封印して
「行使はしない」とテレビで発言。

 また、中国について「中国そのものが脅威だと考えるのは適当では
ない。地域の安定や国際経済に中国が果たす役割はそれなりにある」
とも述べられたようですが、一方、自身のホームページでは「中国軍の
海、空軍力の近代化や海洋における活動、核戦力の近代化、宇宙開
発兵器は懸念材料である」と指摘しておられ、それと比べると赴きが
違うようで、何だかナ~といった感じです。 この言葉に中国も胸を撫
で下ろしていることでしょう。

  外交、防衛をガタガタにしてしまった民主党を批判してきた森本氏が、
その政権の主要閣僚で入閣したのは、大臣のイスという魅惑故だった
のか。或いは、この国難に義憤を感じての決断だったのか。願わくば
後者であってほしいものです。 

 詫びるセールスマン丹羽宇一郎中国大使の尖閣購入非難発言や
中国書記官のスパイ事件における農水大臣、副大臣の文字通りの
売国疑惑など、民主党にまつわる忌まわしいニュースは合いも変わ
らず…。

 選挙をやれば惨敗することがミエミエで、何だかんだいって民主党
政権は任期一杯やるつもりなんでしょう。それこそカンベンしてもらい
たいところですが、自民党も煮え切らない状況で、こうなったら自衛隊
にクーデターでも起こしてもらってサッサと民主党政権をぶっ潰して
もらい森本暫定政権のもとで総選挙を実施といのが、森本防衛大臣
への私の密かな期待なんですが…(笑)

                                  ~鳥

ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります        
         よろしければクリックお願いします。

                                                          

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 森本敏

番長は誰だ! 左巻高校編

番長は誰だ! 左巻高校編 

 「言うだけ番長」などと書かれたことに腹を立て、産経新聞記者の
定例会見出席を拒否した前原番長。最初は威勢が良いが、不利に
なったり壁にぶつかるとケツをまくるお気楽な性格を、見事に言い当
てられたことが、余程癪に障ったもよう。「言うだけ番長」でなければ、
尻すぼみ前原といったところでしょうか。ケツの穴の小ささは証明され
たことですし…。

 批判されることが嫌なら政治家になどなるなということなんですが。
事実と反するでたらめな記事で人格を貶められたというのなら、名誉
毀損でも何でも裁判で訴えればいいこと。定例会見の出席拒否とは
…子供でもあるまいし。

 自分の都合の悪いことを言わせないように、言論統制しようとする
なら、それは北朝鮮と変わりないこと。その北朝鮮は周辺国に対して、
いつ戦争を始めるのかというぐら、いつもオドロオドロしい言葉で威嚇
するのが常で、云わば、さらにタチの悪い「言うだけ番長」。半島にシ
ンパシイを感じている前原番長ですが、こんなところに思わずルーツ
を覗かせてしまったのか。

 有言不実行なのは前原番長に限らず民主党の体質でもありますが、
それは、政治家としての覚悟のなさに起因していること。その点、現在
注目の、名古屋市の河村市長の「南京発言」ですが政治家としての胆
力が試されているところで、折れることなく貫徹していただきたくエール
をおくるものです。

 通常の戦闘行為を、あたかもホロコーストの如き大虐殺事件に仕立
てあげた中狂の嘘を指摘したことに対して、中国どころか国内からも、
アホな外務省の役人やら、商売しか頭にない経済人などから標的にさ
れて厳しい状態ですが、あくまで発言は撤回しないと頑張っておられる
ようで、これこそ政治家としてあるべき姿。

 半島に優しく、中国にキツイ前原番長ですが、ここで気の効いた一言
でも出れば、いくらか拍手もいただけるというものですが、尖閣の当て
逃げ事件ですっかり、その正体を曝しているだけに、無理な注文でした。

                                     ~鳥

ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります          
      よろしければクリックお願いします。

  

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 前原 言うだけ番長

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。