スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

似顔絵ギャラリー北沢俊美防衛相

似顔絵ギャラリー北沢俊美防衛相 

  とにかく謝りたがる民主党です。恒久平和調査局なるものの設

置を夢見る民主党としては、当然といえば当然のことですが…。

  昨日の、自衛隊の護衛艦くらまと韓国籍タンカーの衝突事故で

「国民に心配とご迷惑をかけたことは極めて遺憾」と陳謝した北沢

俊美防衛相です。

  事故の詳しい調査も済んでいない、原因が明らかにされていな

い段階で、なぜ謝罪するのか。主語が自衛隊でいいのでしょうか?

事故原因が韓国籍タンカーにあった場合、国民としては心配するこ

とがあっても、迷惑をかけられたのは韓国籍タンカーであって、自衛

隊に謝罪される筋合いはありません。謝罪すべきはタンカー側のは

ずです。

  案の定、タンカー側が前を進む別の船に追い越しをかけたことが

伝わってきました。タンカーの船長は「前から自衛艦が来ているのは

分かっていた。早めに舵を切ったがぶつかった」と証言しているよう

です。片道1車線の狭い海峡での無理な追い越しが事故原因である

ことを容易に想像させてくれます。

  となれば、韓国籍タンカーには謝罪は勿論、護衛艦の損害賠償を

請求しなければなりません。

  振り返って、鳩山総理、北沢防衛相の謝罪発言は、いかに自衛隊

信用、信頼していないかの腹の内がにじみ出てしまったものである

が窺われる発言です。こんなトップの下では、日夜任務に励む自

衛官の苦労は報われません。

  自衛隊を必要以上に虐げる内閣ですが、それに油を注ぐのがテレ

ビ、新聞のメディアです。

  昨日、たまたま見たニュースJAPANの事故現場からの記者レポ

ートにはあんぐりしました。事故を伝えた後「護衛艦くらまは、観艦式

に参加し、その任を終えて母港へ帰航中でした。仮に今回の事故が、

観艦式参加の緊張感から開放され、気の緩みから起こったものであ

るとすななら問題である」という趣旨のコメントで締めくくっていました。

  テレビに限らず新聞でも、以前の「なだしお」「あたご」の自衛艦事

故を引き合いに出し、今回も自衛艦側に問題があるかを示唆するよ

うな報道姿勢です。そんなに、事故原因を自衛隊に置きたいのでしょ

うか。そんなに自衛隊を叩きたいのでしょうか。

  その方が記事の価値が上がるとの汚い計算もあるのでしょうが、

そんなメディアも含めて、国民の命と財産を守るという安全保障を支

えているのが自衛隊です。もっと、彼らに感謝と尊敬の念を持つべき

で、追求すべきは自衛隊を守ろうとしない鳩山、北沢内閣のはずです。

                                   ~鳥

 

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

Tag : 民主党 北沢俊美

トホホ中国の不満表明

トホホ中国の不満表明 

  今月19日、自民党谷垣総裁が靖国神社を参拝しました。閣僚に

まで参拝を控えさせる鳩山民主党と比べれば、それなりに評価されて

良いことなのでしょうが、元々この人も首相になれば参拝自粛の考え

方の人だったはず。慰霊のための参拝といいながら、体重は保守層

へのウケ狙いのほうに寄りかかっているようにしか見えません。政治

利用の参拝が主であれば英霊も浮かばれないでしょう。

  さて、現在、世界ウイグル会議のラビアカーディル議長が来日中

すが、これについて中国は「ラビアが日本を訪問して、中国を分裂

する活動に従事することに拒否するよう日本に交渉したが、日本側は

中国の反対を顧みず訪日を許可した。中国は強烈な不満を持ってい

る。」と外交部報道官に非難させています。

  民主党が議長の来日にビザを発給した事実は評価しますが、ただ

その発給決定についての政府関係者の発言として「ラビア氏に入国

ビザを発給したのは、麻生政権の立場を貫いたもので、日本の法律

基づいて出された決定であり、批判される理由が見当たらない」と

述べているとの話も伝わっています。民主党は決定の判断を、麻生

政権のそれを引き継いだだけと言いたいのでしょうか。自分たちが

積極的に判断したと言わないところが、いかにも腰が引けているよう

にしか見えません。

  ラビア議長は「経済的利害を背景に圧力をかける中国に対し、民

主主義国家として毅然と対応されている」として、日本政府が自身を

受け入れてくれたことに対し謝意を示しています。また、ウイグル暴動

について調査団の現地派遣や人権問題担当官任命などを鳩山政権

に望んでいるとのこと。

  ぜひとも彼女の願いを聞くよう、友愛を声高に主張する鳩山由紀夫

総理、政府関係者は彼女と面会してもらいたいものです。

  ラビア議長は現在も続く中国政府のウイグル人弾圧に対し、あまり

の国際社会の関心の低さに不満を表明しています。7月5日のウルム

チ大虐殺事件の後、様々な当事者達の証言がウイグル会議によって

紹介されています。以下、いくつか、そのショッキングな事例です。

 ◎ ウルムチ市内に勤務するウイグル人警察官の証言では5日に

デモあるということは、警察当局は把握済みで、当日ウイグル

警察官らを私服姿でデモ隊の中に送りこみ、混乱を扇動するよう当

局から命令があったとのこと。

 ◎ その後に起こった漢人による報復暴動では、多くのウイグル人

鉄パプ、刃物で武装した漢人集団に襲われていますが、その被

者の中には3歳の男の子も含まれ、首をハサミで刺され死亡。勿

論犯人は捕まっていない。

 ◎ カシュガル、ウイグル人女性の証言では、多くの若者が当局に

よって拘束され、その後一部は釈放されたのですが、その中には拘

束時は元気だったのに、牢屋から出てきたときには頭の様子がおか

しくなったり、数週間もしないうちに急死するケースが多いとのこと。

拘束中に毒性のクスリや注射を使用されたと見られ、親に死体で引

渡したら問題になるので、一ヶ月ほどで効く薬を使用してから釈放さ

れていると思われる…。

 ◎当局に殺された若者たちの死体処理の例…、8月のはじめ武装

警察に殺されたウイグル人の死体か゜湖に捨てられたという情報が

住民の間に広がったのですが、その直後にテレビで、17人のウイグ

人が泳ぎに行った先で事故死、遺族と思われる者は死体を確認

してほしい。というニュースが流れた。

  ウイグルで何が起こっているのか、国際社会は検証する必要が

あるはずで、のほほんと東アジア共同体など語っている場合ではな

いはずです。政治的な体制も、人命、人権に対する価値観も未成熟

なこんな国を相手に共同体など理解できません。鳩山総理はゆーあ

い、ゆーあいと寝ぼけた頭をさます為にもラビア議長から現状を聞く

べきでしょう。

 

  それにしても、彼女の来日の扱いがメディアで低いのが気になります。

                                   ~鳥

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : ウイグル ラビアカーディル 鳩山由紀夫

似顔絵ギャラリー浅田真央選手

似顔絵ギャラリー浅田真央選手 

  バンクーバーオリンピックを約4ヵ月後に控えたフィギュアスケート

の第1戦がフランスで開かれましたが、浅田真央選手はキムヨナ選手

に大差をつけられてのスタートとなってしまいました。

  素人である私には、詳しい技術的なことを論評する資格などない

わけですが、そんな目で見ても二人の差は歴然のように見えました。

  キムヨナの高い表現力と評価される顔の表情など、私には下品な

ものとしか映りませんが、腕から手、指先までの動きなど見ていると、

キムヨナのそれは、飛ぶ鳥の羽がしなるような柔らかさをかんじます

が、浅田選手にはそこまでのものは…。

  この大敗に、演目の選曲が悪いとか、振り付けに新鮮味がない

とか様々指摘されていますが、彼女がパーフェクトの演技をしてもト

ップに立てるかどうかも疑問です。こうなってくると、コーチの戦略が

正しかったのかどうか…。

  しかし、これから立て直すにしても、オリンピックまでのタイムリミ

ットを考えると大幅な変更というのも無理な話でしょうし…。

  ここからは、彼女には強い心で、失敗を恐れず、笑顔で攻める

スケートを見せてほしいものです。きっと、その姿に多くの人が共感

する筈で、また、望んでいいる筈です。

  ところで、この大勝に沸く韓国では、メディアが浅田選手を、も

はやキムヨナのライバルではないと書き立てています。さらには、

キムヨナがフリーでトリプルフリップを飛べなかったのは、浅田選手

のファンが投げ入れたヒマワリの種が落ちていたことが原因だとか

言い出す有様。

  まさに、何でも日本より上に立ちたがる、インネンを付けたがる、

そして溺れる犬は棒で叩くという習性丸出しの韓国です。

  困ったものです。                

                               ~鳥

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

Tag : 韓国 浅田真央

予算と国会と民主党

予算と国会と民主党 

  臨時国会の会期が10月26日~11月30日までと決まりました

野党が早期召集と十分な会期の確保を求めたようですが、短期間

国会となるようです。

  招集日は、神奈川、静岡の参院補選に影響を与えたくないとい

ことを理由に決められたと見られていますが、鳩山由紀夫総理

自身は、23日から始まるASEANの会合出席に支障がないように

たいとのことで、外交日程を優先させるよう要望したとか。やたら

とハイテンションな婦人と手をつなぎ、友愛教の布教に、また出かけ

るというのでしょうか。

  難問山積みの内政を横にやり、外交に勤しむ鳩山総理ですが

確か、民主党のマニフェストでは外交、安保というのは一番最後に

付け足し程度に書かれていたはずでした。だれも期待していない

外交にのめり込んでいるとは皮肉なものです。

  そのくせ、インド洋での給油法案や北朝鮮船舶の貨物検査法案

は国会日程を理由に見送りを決め込んでいます。自分達で短い会

期を設定しておきながら…。

  11月末でサッサと仕事納めという、何とものんびりした民主党

は過去最悪の失業率に見まわれている現状が、どう見えているので

しょうか?国民の生活第一というコピーをマニフェストの頭に掲げて

いたのは、いったいどこの党だったのか。

  その民主党のマニフェストのトップは「税金のムダ使いを根絶し

税金を国民の手に取り戻す」という項目でした。しかし、現実はその

目標も消し飛び、次年度予算要求が過去最大の90兆円を超える

とのこと。

  また、今年度の補正予算見直しでも、3兆円を捻り出すのに四苦

八苦ですが、例のマニフェストでは「こんなにある無駄遣いの恐れ」と

して、官公庁の施設整備費2兆9千億他、計4兆円を指摘していまし

た。 余裕の見直しだったはずなのでは…?

  ムダをなくすための方策としていた、公務員の人件費削減など、

どこからも聞こえてきませんし、歳出の削減など、どこまでやる気が

あるのか。一方、ばら撒きマニフェストだけは、選挙目当てで優先

確保。やる順番が狂っています。

  歳入についても、不景気で税収が大幅に減少することが予想さ

れています。そんな中、国内の産業構造が輸出型であるにもかか

わらず、円高容認発言で自ら円高を招き、自分の首を絞めるバカな

財務大臣。そういうことは、輸入型の産業構造にしてから言うべきで

今の円高により、ますます企業収益は落ち込み、さらなる減収、歳入

不足に陥ることでしょう。

  結果、最期は赤字国債増発もやむなし、それが認められなけれ

ばマニフェストも断念と白旗を揚げる始末。さすが、民主党です。

                                 

                                   ~鳥

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 鳩山由紀夫

似顔絵ギャラリー、バラクオバマ米国大統領

似顔絵ギャラリー、バラクオバマ米国大統領 

  バラクオバマ米国大統領のノーベル平和賞受賞に批判が噴出

しています。「核のない世界」宣言が受賞の大きな決め手になったよ

うですが、ただ宣言しただけで何も成し遂げていない受賞に「賞の権

威を下げた」とも…。

  確かに彼が受賞できるなら、もっと以前からそれを謳い、地道に

活動してきた広島、長崎の反核活動家達のほうが、いくらか受賞の

資格が高いはずです。かつて、「カネで買った南北会談」といわれな

がらも受賞した金大中韓国大統領の平和賞といい、ど~もこの賞に

は胡散臭さが漂います。ちなみに、このとき金正日は「なせ゜あいつ

だけで自は受賞者ではないのか」と激怒したとか…。

  オバマ大統領の掲げる「核のない世界」がそんなに平和な世界

なのでしょうか?現代の安全保障は核をペースとしています。その

中心理論は、一度核攻撃を行っても相手方の反撃能力を完全に断

つことは不可能で、必ず核による反撃を受ける。そうなった場合お

いが破滅するという相互確証破壊理論で、核の恐怖が核戦争を抑止

するといったものです。

  広島、長崎の戦術核使用後の戦争は、朝鮮、ベトナム、湾岸、イ

ラクなど何れも、核のない地域でのもので、核も使用されていません。

従来から紛争の絶えなかったインド、パキスタンなどは、核を持った

とたんに形式的には静かになり、北朝鮮も経済制裁などあるものの

イラクの2の舞になる状況は回避でき、自国防衛につながっています。

  この状況を逆に見ると、核のない世界では、武力による実力行使

躊躇しなくなり紛争が多発する可能性すらあることを考えさせられま

す。

  さて、もう一つ、この「核のない世界」と並んで、平和賞の理由と

見られるのが対話外交ですが、これも噴飯ものです。

  先週、オバマ大統領は、訪米中のダライラマ法王に面会しない

ことをメディアなど米国国内から批判を集めていました。1991年以

来、ダライラマ法王がワシントンを訪れた際、米国大統領は必ず

彼と面会してきましたが、オバマ大統領は年末にまた来いと今回の

面会をキャンセルしています。11月に予定されているアジア歴訪で、

なかでも重要視されている中国訪問に悪影響を与えたくないためと

見られていますが、交渉前から中国の顔色を伺うようでは、すで

中国ペースにはまってしまっています。

  それより何より、対話外交をカンバンに掲げながら、米国の自由

と人権という理念を顧みず、目先の都合と利害だけを優先し同じノ

ーベル平和賞の受賞者とは対話せず、加害者との対話を優先させる

という姿勢に落胆させられ、軽蔑すら覚えます。

  チベット代表は今回の面会延期について、「米国が圧力に負け

ら、これから他の国家リーダーとの面会はもっと難しくなる。中国

共産党はもっと傲慢になり、国内のチベット人にウソをどんどん付く

ことができる」と話しているとか。

  オバマ大統領は9日、ノーベル平和賞受賞決定を受けた声明で

「核による虐殺に人々がさらされる世界を受け入れることはできない」

と述べたようですが、中国共産党から民族を虐殺され、弾圧され続

けている指導者との面会を避ける彼の、どの口が言うのか。全く

お笑い種です。まさか、核以外の虐殺は興味がないとでも言うので

しょうか?

  それにしても、立派なノーベル平和賞受賞です。

                                   ~鳥

 

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

Tag : バラクオバマ 米国大統領 中国 チベット ダライラマ

ミッキムマウスと温家宝(1コマ)

ミッキムマウスと温家宝(1コマ) 

   訪朝中の温家宝首相と会談した金正日総書記は、米朝2国間の

会談の進展を条件に6カ国協議復帰の可能性に言及したとのこと。

  二度と6カ国協議には戻らないと力強く宣言していたはずが、あっ

さり撤回。これだから北朝鮮は信用できません。交渉で取り交わした

約束も守らない嘘つき国家。ウソで塗り固められるのは、国の成り

立ちからしてのものなので、性分なのでしょう。国名からして民主主

義人民共和国というウソのカンバンを背負っていますし…。

  先月22日、韓国政府が船舶検査でパナマ船籍の貨物船から北

鮮のコンテナを押収、防護服を確認するということがありましたが、

北朝鮮は、韓国が大量破壊兵器拡散防止構想(PSI)に参加すれば

重大な挑発と見なすと威嚇し、武力による報復も匂わせていましたが

結局、今回のこの韓国の措置に対しても何の反応も示していません。

ここでも、でまかせ北朝鮮です。

  その北朝鮮は、国連安保理決議による制裁や、今年の収穫高が

昨年の半分程度とも伝えられる、相変わらずの食糧事情の悪さなど

苦しい状況に陥っているようです。そんな彼らがすがる相手は、やは

中国です。

  中国外務省は先月末、対北援助の再開に言及。また、今回の訪

朝では経済発展と民生改善への支援を目的とした協力文書に調印、

国境線を挟んだ交易拡大を後押しするといっています。

  一応、国連安保理の制裁決議を気にして、輸出入管理を厳格化

するとしていますが、決議の趣旨からはずれ制裁が骨抜きになること

は明白です。

  中国にすれば、支援を餌に6カ国協議に連れ戻し、面子と存在感

を国際社会にアピールすることになったのでしょうが、北朝鮮にして

みれば高だか協議に復帰するとの宣言がその手間賃ですから、おい

しい話です。

  ウラン型の核開発まで公言する現状では、不毛な6カ国協議など

無意味で、むしろ核開発のための経済的、時間的猶予を与えるだけ

の弊害でしかありません。あくまでも制裁強化による内部崩壊、北朝

鮮のレジームチェンジ、このことこそ正しい唯一の解決手段のはず

です。

                                   ~鳥

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

Tag : 北朝鮮 中国 金正日

似顔絵ギャラリー前原誠司国土交通相

似顔絵ギャラリー前原誠司国土交通相 

  八ッ場ダムの建設中止で物議をかもす前原誠司国交相ですが、

今度は沖縄で米軍普天間飛行場の移設問題で、辺野古への移設を

中止し、新たな移転先を検討すべきと積極発言とのこと。

  初の大臣就任で、はしゃいでいるのか功名心からなのか、ど~も

この人は物事を性急に判断するきらいがあります。ゆっくり考え、慎重

に判断したほうが良いと思うのですが…。

  思い起こせば、かつて民主党代表の座を追われることとなったの

偽メール問題でも、よく吟味せず性急な判断から墓穴を掘ることにな

ったのが原因でした。

  八ッ場ダムの建設中止の理由について、どこが無駄なのか丁寧に

詳しく説明することが最初の言葉であるべきなのに、党のマニフェスト

で国民に約束したからというのでは、当事者達から理解を得られよう

はずもありません。住民の話を聞くといって現地に赴いてみても、ただ

のアリバイ作りにしか見えず、相手にされないのも当然といえば当然

です。

  そして今度は普天間ですが、具体的な代替地を言わず、先に中止

先持ってくる。ここでもマニフェストというのが第一の理由なのでしょ

うか?そこまで言うのなら、中国の調査船や潜水艦がばっこする

東シナ海の現状をどう見て、その国防をどうするのかということまで

踏み込んだ意見を述べてもらいたいものです。なにしろ、外交、安全

保障が得意分野と自認する前原大臣ですから。

  民主党の、まるでやる気のない安全保障はマニフェストを見ても

明らかですが、自衛隊誘致に手を上げた与那国島に対して中国など

の周辺国に刺激を与えたくないとして、その意志がないことを表明

する防衛大臣を見るに付け、その想いを強くします。

  ところで、党内でも保守派と目される前原大臣ですが、野党時の

今年6月、訪米先での「日本の拉致問題が、北朝鮮の核問題解消の

障害になっている」発言が話題になりました。同種の発言をしたとさ

れる岡田克也外相は、このことについて拉致家族会や救う会と面談し

説明。その責任にケジメをつけていますが、一方の前原大臣は無視

決め込んでいます。

  元々、北朝鮮への支援について肯定的な意見を持つ彼ですから

いかにも「らしい」対応です。ノムヒョンやクリストファー・ヒルなどと

何ら変わらない、このような考え方の人物が党内きっての防衛、

通というのですから、底の見えたマニフェストも、いかにも民主党

らしいものなのは当然といえば当然でしょうか…。

.

.

 

  ところで本日、中川昭一元財務大臣死亡のニュースが伝えられて

います。突然の悲報に愕然とするばかりです。死因は分かりませんが

父、一郎氏の自殺といい、今回の彼の早世といい悲劇の親子となって

しまいました。真正保守として存在感のある彼の言動に、日本の保守

派はどれだけ励まされたことか。東シナ海の問題など、中国に対し毅

然とした態度で交渉にあたった姿が思い出されます。希代の憂国の

士の早世を悼むばかりです。ご冥福をお祈りします。  合掌

                                   ~鳥

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 前原誠司

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。