スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山的普天間移設の解決方法

鳩山的普天間移設の解決方法 

 千載一遇のチャンスだった普天間の辺野古沿岸部への移設を

選挙利用したツケに苦しむ鳩山民主党ですが、地元沖縄、米国、

公約の壁でふさがれ、どちらに掘り進んでも明るい出口は見出せ

そうにありません。

 今月末までに政府案をまとめるそうですが、伝えられるのは、キャ

ンプシュワブの陸上案、ホワイトビーチの埋め立て、訓練の一部

県外移転などで、金看板であったはずの「国外、最低でも県外」から

は見る影もない有様。挙句に、従来のキャンプシュワブ沿岸案もアリ

だと予防線をはるとは…。混迷の極みここに至れりです。

 別に青写真があるわけでもなく、単にウケ狙いで県外移設と甘い

言葉で有権者の票目当てに安全保障を選挙利用した構図は、財源

もないのに、こども手当てなどのばら撒きマニフェストで票を買った

やり方と一緒。本当にクズ政党、眠主党です。

 しかし、この問題で気になるのは、沖縄の負担軽減という言葉ばか

が前面に出ていること。

 沖縄には在日米軍専用施設の74%が集中するとマスコミは声高に

言うわけですが、軍事評論家の佐藤守氏の言を借りれば「専用の純

然たる米軍基地に限ればそうかもしれないが、本土全体に展開して

いる日米の共同基地は除外されているのだから沖縄の実質占有率

は24%程度」とのこと。

 また、「青森の三沢基地など、三沢市の8分の1を占める広さを有し

ていながら、そこに同居する自衛隊が自由に使える部分は2%に過

ぎない。基地の大部分は米軍が地主で共用部分は30%程という実

態でも米軍基地にはカウントされない」とも。

  民主党に言わせれば、そういう都合の悪いことには目を向けず、

それでも日本の国土面積の0.6%の沖縄にしては多いということに

なるのでしょうが…。

 そんなこと以上に、この移設問題で最も気になるのは、沖縄の地政

学的な意味合い、安全保障の観点が後回しにされていることです。

 日本のシーレーン防衛や東アジアの安定にとって沖縄は軍事的要

であるのは疑いようのないところ。この地理的な条件は沖縄の持っ

て生まれた運命で、米軍であろうと、自衛隊であろうと重要性は変わ

らず、一定規模の軍事施設は存在し続けることになるのでしょう。

 日米地位協定の問題など早急に改定すべきなのは論を待ちませ

んが、本質を外れた対応は中国や北朝鮮を喜ばせるだけです。

                                   ~鳥

 トリノのフィギュア世界選手権で浅田真央選手が優勝しました。

バンクーバーからモチベーションを保っての強い精神力に感嘆

です。しかし、やる気のないキムヨナのFPがどうしてトップなのか?

どうしようもないジャッジ。全く理解不能です。

 

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党

民主、自民のトップの資格

民主、自民のトップの資格

 威勢よく飛び出してはみたものの、振り返れば誰もついてくる者は

なく 、一人意気消沈。事前に与謝野、舛添両氏と会談し感触を得て

の離党かとも見られているようですが、拙速で思慮が足りなかった

のは、いかにも鳩山邦夫元総務相らしいところ。自身を坂本竜馬に

なぞらえるなど、空気の読めなさ感が追い討ちをかけています。

 しかし、支持率の下落に歯止めがかからない鳩山内閣に対して、

谷垣自民の相変わらずの不人気、それに危機感を覚えるのは正常

な感覚でしょう。

 18日の記者会見で谷垣総裁は「今の政治状況で求める歴史史上

の人物は」と問われ、「尊敬しているのは聖徳太子」と答えたとか。

 昨年の自民党大敗からの党建てなおしには、病原を認識しその

治療に荒療治が必要なことは分かっていたはず。それを避けて民主

党の2軍のような党首を戴いたところから、結果は見えていたのに…。

 今の沈没寸前の自民党トップに求められるのは、劇薬であっても

強いリーダーシップ、また強固な理念を持ったリーダーでしょう。とて

も公家のようなおっとり総裁に務まるものではないはす゜です。

 この自民党に対して、またまた小沢民主党の独裁振りが際立って

います。執行部批判した生方副幹事長を解任するという北朝鮮まが

いの言論封殺。勿論、本当に北朝鮮であれば銃殺といったところで

すが。内輪の会談内容を録音テープにとって公表とは、お互いの信

頼感のなさが明らかで、深刻な党内情勢の様子を物語っています。

 小沢司令官も自らの存在が党に逆風を招いていることは理解しな

がら、かといって検察からの仕掛けが気になり、簡単には幹事長職

を降りられないし、握っている金と権限も手放したくない。

 党勢回復には、普天間問題で県内移設の責任を取って鳩山辞任、

代表の首を付け替えるというのが自然なシナリオでしょうか。

 現在、知事選、市長選など自民党系の候補が勝ちを重ねています

この流れも民主のトップが代われば一気に逆転ということもありえ、

そのことからも自民党は早く先手を打つ必要があると思うのですが…。

 ところで、売国民主党による子供手当て、学校無償化法案の成立が

秒読みとなってきましたが、これらが理念もなく、財源もなく、所得制限

もない、国益でなく党益優先で選挙目当てのばら撒き手当てである

ことは明らかなところ。

 子供手当ての22年度予算は2兆3千億、満額支給の23年度には

5兆5千億の財源が必要とのことで、気が付けば22年度防衛予算

4兆7千億を上回る状態にります。

 防衛予算を削って福祉へという共産党、社民党の主張が現実の

ものとなりつつあり、小沢人民解放軍野戦軍司令官の日本解放、

日本民主主義人民共和国の実現にまた1歩近づいたようです。

                                   

                                    ~鳥

 

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党

とほほ民主の止まらない売国政策

とほほ民主の止まらない売国政策 

 専守防衛という中途半端な軍隊で、徴兵制もなければ核もない、

それどころか核保有の議論さえはばかられる、そんな日本が戦後

安穏としていられたのは同盟国の傘があってのこと。

 メディアを賑わせた密約認定でしたが、政権交代の賜物とご満悦

民主党。誰もが、今さらそんな分かりきったことを言われてもと

さほどのことも感じなかったようで、熱くなったのは左巻きメディアや

日本を標的に核弾頭を配置する中国や北朝鮮ぐらいのところでしょ

うか。

 民主党はそのうえ、非核三原則は堅持すると語っているのですが、

今、この瞬間でも核弾頭を搭載した中国、ロシアの弾道ミサイル原潜

が日本領海内を潜行しているという可能性もあるわけで、その場合、

広義の核持込ということになります。非核三原則など意味のない、気

休めの念仏ぐらいのものでしかありません。

 被爆国である日本こそ、核保有を許される世界で唯一の国という

論理こそ正論で、核保有こそ最大の抑止力として日本安全保障を担

するものであることを自覚すべきでしょう。密約を認め、核の傘を

認めながら、あらためて非核三原則で自分の手足を縛る。喜んでい

るのは他人の土地に対して領有権を主張したり、他人の土地の資

源を吸い取る泥棒国家だけです。売国行為に等しい密約認定でし

た。

 民主党の売国政策はさらに、高校無償化、子供手当てへと続きま

す。朝鮮学校の取り扱いについて二転三転と、相変わらず支点の

定まらないハトヤマソ~リですが結局、4月以降に判断を持ち越した

とのこと。

 日本政府にとって、日本国民ではない彼ら外国人に、均等の教育を

授ける義務など、どこにもないはず。にもかかわらず国内の朝鮮学校

は自治体から既に、教育費助成という名目で補助金を得ているよう

で、これだけでも十分のはず。加えて本国、北朝鮮からも教育援助

金ということで多額の資金提供を受けているとのこと。ほっとけば

いいのです。

 問題なのは「日本国民」である海外の日本人学校の生徒が、この

象から外れているということ。

 また、子供手当てについても構図は一緒で、外国人には厚く、日

本人には冷たくと、歪んだ不可思議な状態が残ったまま。これをそ

のままスルーしようとする民主党は一体どこの国の政党なのか?

 さらに深刻なことは、これらはその財源がなく、赤字国債の増刷

で賄れることになる亡国の政策であるということで、そしてそれ

を7月の選挙前にばら撒き、票を金で買おうとしていることです。

 ほんとうに国民を舐めきっています。

  

                                     ~鳥

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党

とほほ民主の迷走運転とリコール

とほほ民主の迷走運転とリコール 

 米国政府によるトヨタ叩きは一向に収まる気配を見せず、当初の

フロアマットからブレーキペダル、電気制御システムへと欠陥の指

摘をエスカレートさせ、技術の核心部分へと迫りつつあるようです。

 不具合の真偽については、素人にとって分かるはずもなく、コメント

のしようがありません。

 しかし、このリコール問題についてはオバマ政権が中間選挙を控

えて、その支持率アップのため仕掛けたとか、税金で救済したGM

再建のため、シェアを取り戻すためのトヨタバッシングとの見方もさ

れています。

 米国車がエコカー減税対象車になっていないことに米国がクレーム

を付け始めた頃から、かつての日米自動車摩擦のような雰囲気を

感じていたと指摘するキャリア官僚もいるとのこと。

 これが問題の深層にあるならば、ことさら日本政府は知らん振り

せず、エンジン電気制御システムの検証を行い、安全性を証明し、

積極的に問題解決、摩擦解消に動くべきで、これまで雇用、税収と

いった面で日本経済を下支えしてきたメーカーに対してということに

おいても、その責任があるはずです。勿論、電気制御システムが車

の重要機関部分ということで、消費者、ユーザーにとってもその検証

が必要なことは言うまでもありません。

 ハトヤマソ~リは、豊田章男社長の公聴会が開かれた前日、「真摯

に誠実に対応すべきだ。真摯に対応すれば大きな日米の経済問題に

は発展しない。トヨタの信頼が徐徐に回復することを期待している」と

ノホホンなコメントをしています。

 今や、日本企業の代名詞となったトヨタの衰退は、単に1メーカーの

衰退に止まらず、日本製品全体に対する信頼、信用を貶め、売上げ

減少、税収の減少、やがては雇用に影響を及ぼすことにもなりか

ねない危険性をはらんでいます。

 そんな、危機感のカケラも見せないハトヤマソ~リ。脱税王のぼっち

ゃん総理として、いかにもといったコメントです。

 車の欠陥はリコールで修理、修復して品質を取り戻すことができる

ですが、残念なのは、それが政治の世界にはないということ。

 委員会を遅刻したり、居眠りをしていたり、はたまたゼネコン、労働

組合からの違法献金にもほお被り。こんな欠陥だらけの民主党の政

治家達こそ野放しにせずリコールされなければならないはずです。

                                   ~鳥

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

雪ウサギさま、コメントありがとうございました。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党

似顔絵ギャラリー浅田真央2クィーン・オブ・トリプルアクセル

似顔絵ギャラリー浅田真央2クィーン・オブ・トリプルアクセル 

「真央のトリプルアクセルが評価されないのはおかしい」

            マリア・ブッテルスカヤ(1999世界フィギュア優勝)

「彼女(キム・ヨナ)がどれほど簡単に加点を得るかは驚嘆するほど。

彼女は氷上にいる全ての瞬間に加点がなされている。ボクが思う

に、彼女は息をするたびに点をもらっていると思う」…すごい皮肉…

             スコット・ハミルトン(サラエボ金メダル)

 「真央のほうが難しい技をしているのにどうしてこうなるのか」

          フィリップ・キャンデロロ(リレハメル、長野銅メダル)

 「ヨナは速くて、とてもパワフルなスケーターだけど、真央ほど難しい

 プログラムをやっていない。真央は美しいトリプルアクセルだった」

             サーシャ・コーエン(トリノ銀メダル)

 「(SPの演技は)ほとんど差がないと思ったけど、この大差は悪い

 冗談。得点が異常に高い」「真央は天真爛漫で気品がある。ヨナは

 セックスアピール」「女性選手がショートプログラムでトリプルアクセ

 ルを成功させるなんてとても興奮する」

             エルビス・ストイコ(リレハメル、長野銀メダル)

 「ボクだったら真央にもっと加点していた」「真央は地球上で初めて

 (FPで)2回もトリプルアクセルをやり遂げた。2回もだ」

             プルシェンコ

  期待ほどの結果が残せなかったバンクーバーオリンピックが終わ

ました。そんな大会で、女性フィギュアの浅田真央選手の流した涙

が最も印象的なものでした。あれほどはっきり金メダルが欲しいと

公言し、そして敗れ、あれほど悔しがった選手が日本選手のなかに

いたのか。彼女のスケートにかけた情熱がどれ程のものだったか、

その深さを間見たおもいでした。きっとあの涙は、彼女をさらなる

高みへと導いてくれることでしょう。

   ところで、屈辱的とも思えるキムヨナとの点差でしたが、素人目

見てもクビを傾げたくなるものでした。冒頭に現役選手を含めたメ

ダリスト達の発言を並べてみましたが、やはり今回の採点が異常で

あったことを感じているようです。キムヨナのジャンプが回転不足と

指摘する動画もアップされ、その裏づけとなっています。しかし減点

はなし。演技自体スピード感、躍動感も、とてもシーズン最高の出来

とは見えませんて゛したが、それでも史上最高の得点。見栄えが評

価され大きな加点につながったようですが、それにしても無理の

る得点に思え、ジャッジが買収されているのではないかと勘ぐりたく

るところです。見栄えといっても、セックスアピールで媚びた下品

な演技には、もっと相応しい評価があるはず。

  アスリートとして高みを目指し、挑戦する姿こそ美しいし、感銘を

受けもの。女子モーグルで一発逆転を狙って弾丸のようにコブ斜

面に挑んでいった里谷選手の鬼気迫る滑りは、転倒失敗に終わる

ものの、強く印象に残ったシーンでした。高橋大輔選手も失敗する

ものの、逃げずに4回転に挑戦したのも立派。 対して、逃げた演

技で金メダルを取ったライサチェクなど、いかにも花がないし、技術

の向上もなくセックスアピールだけで世界最高得点など話になりま

せん。納得のいかないフィギュアでしたが、誰からも賞賛されるよう

採点基準や審判の人選方法など、見直してもらいたいものです。

  次回ソチオリンピックに向けて挑戦を表明した浅田選手ですが

タラソワコーチとの関係も維持したようですし、同じ悲哀を味わった

プルシェンコからも「自分から4回転を教えても良い」と暖かい言葉

をもらったりで、流れとしては悪くありません。彼女が4年後どんな

進化を遂げているのか楽しみに待ちたいところです。

   

                                 ~鳥

※今回のエントリーは南元彦さんのNereide Design Blogを

参照させていただきました。  

         

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。