スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮の神風砲撃と菅民主

北朝鮮の神風砲撃と菅民主 

 北朝鮮韓国が先に自国領海に砲撃したといい、韓国北朝鮮
先制砲撃を主張。反日国家のどちらに正当性があるかなど興味はなく、
勝手にやってくれといったところですが、海ではなく陸、「領土」それも、
民間居住地域を躊躇なく砲撃するあたり、あらためて北朝鮮の異質性
を感じます。ユスリ、タカリ、恫喝が生業のヤクザ国家らしいと言えば、
らしいのですが。

 3月の哨戒艦撃沈で多くの兵士を殺された韓国ですが、今度は民間
人にまで犠牲者を出すことになり、やられ放題の韓国です。半島の
米韓軍の指揮権は米軍が握り、韓国は必要以上のリアクションを勝手
にとることが出来ず、限定された反撃しかできない。それを見越した北
朝鮮の攻撃とか。

 それでも、23日の砲撃に対して自走砲で応射した韓国でしたが、その
1台3億円を超える自慢の自走砲は6門中、3門が故障などのため使用
不能。その為、交戦時の砲撃は北朝鮮の170発に対して80発しか応射
できず、さらに探知レーダーが作動せず、北の砲身に照準が合わせら
れなかったとか。国内メディアから「北朝鮮の攻撃に、またもや不十分な
備えと対応をさらした」と批判され、散々の韓国政府…。

 一方、日本の空菅内閣の対応は、案の定、初動の遅れをみせ、またも
危機管理能力のなさ、無能ぶりを露呈してしまいました。

 公邸にいた空菅ソウリに交戦の第一報が届けられたのが、発生から
1時間が過ぎた午後3時。その後、午後4時45分に官邸に入るまで公邸
で来客者と一緒にテレビのニュースを見ていたとか。
 
 最高責任者として指揮を執るべく、すぐに官邸入りしない自覚のなさ。
まともな対応が執れるはずも無く「情報収集」を繰り返すのみで、北朝鮮
への非難表明さえ世界各国から大きく遅れをとる失態。安全保障会議も
開かず、閣僚会議で済ませるやる気の無さ。官邸と公邸はつながってい
ると国家機密を明かすバカソウリ。

 さらに、「北朝鮮の砲撃は民主党にとって神風だ」という民主党の幹部
の発言も洩れ聞こえるにいたっては言葉がありません。

 また、今回の砲撃で、これまで実質的に決定されていた朝鮮学校の無
償化を止めると方針転換した政府ですが、政治的、外交的配慮はしない
といって決定した無償化を「砲撃事件という重大な事態が生じたので、
いったん停止する」という理由でどう整合性が取れるのでしょうか、辻褄の
合わない対応です。重大な事態というなら、ウラン濃縮を公表した時点で
中止すべきです。

 仙谷、馬渕の問責決議も通ってしまい、北の砲撃も神風とはならず、
空菅内閣の支持率はさらに落ち込みをみせることになるのでしょうか。
27日、ルーピー鳩山と会食した空菅ソウリは、内閣支持率が1%になっ
ても辞めないと決意を見せたとか。なぜ、この厚かましさを外交の舞台
で出さないのか。…というより、ここに至って無能とバカが日本の行く末
を語りあっていることに暗澹たる思いです。

                                       ~鳥

ブログランキングに参加しています        
     よろしければクリックお願いします。

 
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 北朝鮮 韓国

ペーパーメモ棒読み首脳懇談

ペーパーメモ棒読み首脳懇談 

 舌禍の絶えない民主党にあって、国会での空菅ソウリ自身の失言が
少ないのは、官僚の答弁書に頼るところが大きいためとも言われて
いるようですが、そのメモ頼みの姿勢は、外交の場面でさらに鮮明に
なります。
 
 元々、外交が苦手なソウリですが、相手が中国、韓国になると特別な
思い入れからなのか、萎縮、緊張でメモが手放せられないようで、みっ
ともない姿をさらしてしまいました。

 今月11日、韓国で開催されたG20で歓迎行事に出席し韓国大統
領と記念撮影に及んだ際、関連資料を持ち込んでしまい、ばつが悪そ
うにそれを後ろ手に隠した醜態を残してしまい、先日のAPECでの
日中首脳懇談でも、やはりメモを持って面談し、胡錦濤のヒンシュク
を買っていました。

 その会談のあり方も問題でしたが、みっともない姿を世界にさらし、
さらに、その後の記者会見で、懇談の中身も詳らかにすることもなく、
「日中関係は自分の首相就任時の6月レベルまで戻すことができた」
と自画自賛。コキントーどころか国民もしらけて、ドン引き状態です。

 直近の世論調査では内閣支持率も20%を切ろうかというところまで
急落してきましたが、やる事なす事、国民国益をないがしろにし、ただ
ただ責任を避け体裁だけを繕う。方針がぶれるどころか二転三転の
右往左往、無能集団に相応しい急落です。

 柳田バカボン法相の辞任にしても、罷免ではなく自ら退くという形で
任命責任を免れようとする姿は、那覇地検に責任を押し付け、尖閣
事件の中国人船長を釈放させたそれと重なります。

 空席となった法相は、仙谷左巻き長官が兼務するのだそうで、今ま
で柳の陰に隠れての売国踊りが、いよいよ剥きだしになるようで、
日本の司法行政は、その赤く染まった思想で塗り替えられることに
なるのでしょうか。
 
 闇の指揮権発動の彼こそ、最も性質の悪い悪性腫瘍で切除すべき
もの。司法行政にまで完全転移など、それこそ民主主義の死を招く事
につながります。益々、問責決議なり、切除の重要性は増してきました。

 ところで、売国民主の進める朝鮮学校の無償化問題ですが、覆面有
識者による非公開の検討委員会の検討(…デタラメにもほどがある)の
結果、実質的な決定の運びとなったとのこと。そこで支給されるお金は、
北朝鮮本国へと上納されるということは、巷間言われているところです。

 その北朝鮮は、ついにウラン濃縮を認め、米国関係者に濃縮現場を
公開し、民生用といいながら、核による揺さぶりを仕掛けてきました。
プルトニウム型と比べ表面上から認識できないウラン型の開発は、以
前から指摘されていましたが、ヌケヌケとそれを認めてきました。その
開発にあたって、北朝鮮側は「青森県六ヶ所村の遠心分離機をモデル
にした」と説明したとか。

 それがブラフなのかどうなのか分かりませんが、無償化で上納された
金が、その開発資金、研究にあてられるであろう危険性は否定できま
せん。拉致問題もあり、さらに核開発という問題に目を瞑る民主党とは、
いったい、どこの国の政権なのでしょうか。今だ20%の支持があること
が驚異です。
                                    ~鳥


  
下の写真は、先日のアジア大会で女子サッカーが北朝鮮を破り
  優勝、その国旗掲揚のセレモニーで、国旗に向くことを促され
  ながら、それを拒否して、そっぽを向く北朝鮮の図です。礼節を
  わきまえないこんな国に、くれてやる金などありません。    
3 



ブログランキングに参加しています        
     よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 北朝鮮

人災 柳田バカボン

人災 柳田バカボン

 舌禍が絶えない売国民主党ですが、まずは柳田稔法相がチェック
アウトの様子。「法と証拠に基づき適切にやっている」「個別事案への
回答は差し控えたい」この二つさえ覚えておけば…と国会を愚弄した
発言が命とりとなったようです。

 大臣就任まで、彼の名前すら知らず、ましてやその明確な人物像
など持ち合わせていませんでした。彼の国会での当初からのやり取
りを見ていて、確かに二つのフレーズが多いことに、質問者をバカに
しているのか? 或いはタダのバカなのか? そんな疑念を感じ続け
ていましたが、正解は後者だったようです。

 この20年間、法務関係は一回も触れたことが無いと、胸を張って
門外漢であることをゲロしてしまうことに唖然とさせられるわけですが、
それを思慮が足りなかったと言って、引続き職に留まろうとするその
神経に、一層唖然とさせられます。適性がないことを自覚し、それを
世間に知らしめたのであれば、恥ずかしくて職に留まろうなどという
ことは正常な人間であれば言えないはずです。

 ド素人を法務行政のトップに据えるなど、国会を愚弄したもので、
国民にとって人災に等しい人事。そんな人間に議員歳費を税金から
支払うなど無駄以外のなにものでもありません。

 元々、仙谷柳腰長官の推しで大臣のイスに座らせてもらったとも見
られており、柳腰長官にとって法務行政の素人で操りやすさを狙った
人事だったのでしょうか。とすれば、先の中国人船長釈放で行使した、
ヤミの指揮権発動など造作もないことだったのでしょう。

 空菅ソウリは柳田法相更迭の方針を固めたとのこと。任命権者と
してバカな非適格者を任命した、その責任が跳ね返ってくることにも
なるわけですが、裁く本人も「無能なソウリ」ですから、バカの連鎖で
空回りの民主党です。

 質問者を愚弄し、「国会」を根本から否定した柳田法相は、辞任ど
ころか国会議員でいる資格すら疑問ですが、他の閣僚はどうなのか。
その行政職のトップとしての基礎的な知識、見識、能力を充たしている
のか。バカでも国務大臣になれるのでは、国家国民の不幸で、事前に
適性試験、検査を受けさせる必要を感じます。

 さしずめ、菅ソウリには英語検定を受けてもらいたいものです。国際
会議などで、他国の首脳とまともに立ち話も出来ず、一人微笑を湛え
たたずむ首相など国民は必要としていません。

 ところで、柳田法相ですが、大学時代、入学した東大を自主退学し、
すし屋で4年半近く住み込み修行し、その後再入学し卒業したという
異色の経歴の方とのこと。

 その腕前が、どの程度のものなのか知るところではありませんが、
そのまま寿司職人になって、頭にねじり鉢巻で寿司を握っていた方が
どれ程国民にとって幸せなことだったか…。それが、まずい寿司だった
としても法相であることに比べれば、最小不幸であったことは間違い
ありません。

                                    ~鳥

ブログランキングに参加しています      
       よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 菅直人 仙谷

独裁政権の国家機密

独裁政権の国家機 

 その中身など関係なく、ただ体裁を整え、会談を行ったという事実だけ
がほしかった仙谷空菅内閣の願いは叶い、APECの張りぼて日中首脳
会談は実現しました。

 これについて、中国外務省は「菅首相の求めに応じて会見し、懇談を
行った」とその概要を発表。中国は、日本がどうしてもと言うので会ってや
った。でも、会談ではなく懇談なのだと…。この「日中首脳懇談」は、開催
の10分前に緊急発表され、それも20分程度のものと、相変わらず上から
目線で見下し、振り回す中国です。

 尖閣について、何をどのように言ったのか、「外交のやり取りなので」と
懇談の詳細を明らかにしない陳官房副長官。これも国家機密に確定なの
でしょうか。空菅ソウリは「日中関係を、自分の首相就任時の6月の状況
に戻すことができた」と自画自賛。尖閣の当て逃げ事件に、謝罪、賠償の
何のケジメもつけず、ネボケタことを言っている無責任な売国ソウリです。

 ところで、このAPECでは開催国の民族衣装を着て各国の首脳が記念
写真に収まるというのが慣例になっているわけですが、今回、日本は、
着物の着用を止めカジュアルな服装にしたとか。着物を着用してもらう
ことが、過剰なナショナリズムの押し付けとでも考えているのでしょうか。
中国様に気兼ねし、配慮したものと見られているようで、日本文化に対
する敬意など踏みつけに躊躇のない売国民主の体質が、ここでも現れて
います。

 日中首脳懇談への影響を排除しようと、ビデオ公開した航海士の逮捕
の可否を15日まで引き伸ばした政府。おかげで彼は、任意の事情聴取
とされながら、人権無視の軟禁状態が続いています。まるで、どこかの
軍事独裁政権の如く。

 国家機密を流出させたとして、守秘義務違反で彼の行為を糾弾する
民主党ですが、その論理が空疎であることは多くの方が指摘し、国民
の多くが気づいているところです。中国の不利になるビデオを国家機密
として扱うというスタートから間違っており、そのことに不信と不満を抱い
ているのが現状の民意。それは、福岡市長選における民主推薦の現職
候補落選、政党支持率の急落という形で現れてきています。

  国家機密= 法律に基づき、政府が公表しない事実を指す。軍の
         戦略や外交の手の内は言論の自由のある国でも国家
         機密にするが、独裁国家では、権力者が己の地位を維
         持する目的で「国家機密」指定を濫用している場合が少
         なくない。(ウィキぺディアより)

 今回の仙谷空菅政府のとった尖閣ビデオの扱いなど、まさに独裁国家
のそれでしょう。独善的で民意も国益も無視する施政が目に余る民主党
です。1日も早い民主党の政権の終わりを願うものですが、問題なのは、
その受け皿となるべき自民党です。

 14日、さいたま市で行われた講演で自民党の谷垣総裁は、2.26事件
を引き合いに出し、ビデオ流出擁護は間違いだと批判したとのこと。事
の本質からそれ、それたモノサシで事件を批評。先の、中国人船長の
送還発言といい、民主党の2軍のようなこんな人をいつまで総裁に据え
ておくつもりなのか。直近の選挙で連勝し、勘違いの恐い自民党です。
確固な受け皿となるフツーの保守政党再建のため、彼にも、早く退いて
もらいたいものです。

                                       ~鳥

  …と書いておりましたら、航海士の逮捕の可否が先延ばしとのこと。
捜査当局の判断に政府の意向も影響していることは想像に難くありま
せん。先の船長の処分保留といい、決断できない無責任内閣の18番が、
ここでも炸裂しているのでしょうか。彼の軟禁状態は続くことになるのでし
ょうか。憂慮するものです。


ブログランキングに参加しています       
     よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 中国 民主党

裁かれるべき人、突かれるべき人

裁かれるべき人、突かれるべき人 

 「本当に私がやったことが国民の倫理に反することなら、甘んじて刑に
服する」…クビを覚悟に名乗りでた海保の航海士。責任は全て自分に
あると、その、潔さと国を思う志の高さに比べて、「政治職と執行職のトッ
プの責任のあり方は違う」といって海上保安庁長官に責任を被せ、馬渕
澄夫国土交通相を不問にする仙谷由人売国長官。責任から逃げ回る
卑怯で姑息な空菅政権の姿に、頭の血管が切れそうなほど怒りを覚え
ます。

 柳腰の売国長官は、10日の記者会見で、世論は海保職員に寛大な
措置を取るよう求める声が多いとの質問に対し、「国民のうちの過半数
が、そう思っているとはまったく思っていない。いろんな事件が起これば、
ケジメのついたしかるべき措置をしてもらいたい、という健全な国民が
圧倒的多数だと信じている」と述べていました。

 様々な事件にケジメをつけるのは当たり前のことで、事件の本質は、
領海侵犯し巡視船に当て逃げした中国船長の裁きにこそあるはず。
その当て逃げを立証するビデオを隠し、船長の国外逃亡を幇助した
仙谷、空菅内閣こそケジメをつけなければなりません。

 証拠ビデオを流出させ、政府の不正を告白した海保の航海士の方に
何のケジメが必要なのか?  あの中国人船長が処分保留で凱旋帰国、
道徳模範とかで表彰されたことを考えれば、航海士の方には国民栄誉
賞でも差し上げないとバランスがとれないでしょう。

 この期に及んでもビデオの全面公開をいわない仙谷空菅内閣ですが、
証拠隠しを目論み国家機密としてきたビデオは、今日もテレビで流れて
います。国家機密が、毎日、駄々漏れ状態という不思議な国、日本です。

 ビデオが捉えた中国船の悪質性からみれば、尖閣の海上で繰り広げ
られた中国船の逮捕劇といものが、いかに過酷なものであったかという
ことは容易に想像できます。死亡の真偽はともかく、海保の職員が海に
落ちたであろうことは十分すぎるほど可能性のある話でしょう。国民の知
る権利もさることながら、国際世論に事件の全容を知らしめ、優位な対
中外交を展開するためにも、ビデオの全面公開は必要です。タイミング
など関係ありません。

 しかし、体裁を繕うことしか能のない民主党の政府、マヌケなソウリに
とっては、どこ吹く風。

 空菅直人ソウリは、10日の衆院予算委員会で、今回の尖閣事件に
ついて、「歴史に堪える対応を現在もしている」と、また米CNNから受け
たインタビューでは、「5年後、10年後に振り返ったときに、自分の内閣
が冷静に対応したことは、きちんと評価される確信している」と述べて
いるのですが、独りよがりも大概にしてもらいたいものです。まあ、評価
は確実にされているでしょう。中国から。

 自信満々のソウリですが、ところが、この人は、今現在に至るまで尖閣
ビデオについて全編を見ていないと胸を張っています。後から見ていなか
ったと逃げ道作りのつもりなのでしょうか。事件の全容を把握、分析する
ことでこそ正しい判断、対応が生まれるはず。

 かつて、日本人を拉致したシンガンスの助命嘆願書にサインしたことを、
「誰の名前が書いてあるのか、いちいち調べることもなくサインした」とマヌ
ケブリを自白していましたが、その反省はどこにいったのか。

 ビデオを詳しく見ないで対応していることは、助命嘆願サインと同じ構
図。過去の失敗から何も学んでいない…というより、マヌケで売国という
本質は、何ら変わっていないことを証明していることと一緒。

 こんなマヌケ政権の失政の尻を拭わされる、海保の心中はいかばかり
か。無能で無責任な仙谷空菅内閣に怒りは込み上げるばかりです。

                                       ~鳥

 ブログランキングに参加しています  
    よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 菅直人 仙谷由人

中華帝国の逆襲!アルアル捏造隊

中華帝国の逆襲!アルアル捏造隊 

 国家機密としてひた隠しにしていたビデオ流出のインパクトは大きく、
直近の世論調査で、仙谷、空菅内閣の支持率は30%前半へと急落を
見せてきました。多くの国民が、この内閣の外交能力に疑念を抱いて
いることを、この調査結果は浮かび上がらせてもいます。

 所詮、市民活動家に外交など手に負えるはずもなく、そんな人間が国
の最高責任者として首相のイスに座っている事自体がナンセンスなこと
なのです。市民活動家は市民活動家らしく、市井でコツコツと活動だけ
していればいいのに、おかげで国中が大迷惑です。

 首相という重責に堪えうる資質も能力もなく、権力の座にしがみつく。
何度も中国に振り回されながらも、APECで胡錦濤との会談設定に汲々
とし、ロシアにもメドベージェフとの会談設定のため、抗議のためめ帰国
させた大使を早速、ロシアへ帰任させる。何の覚悟もなく、体裁を繕うこ
としか能のない、市民活動、学生運動出身の左脳売国政権こそ日本に
とって最大不幸の何ものでもありません。

 国家機密の流出として、情報管理、犯人捜しにメディアの視線は集中
していますが、そもそも流れたビデオが国家機密というのがお笑いです。
あえて、あれを国家機密というなら、中国の国家機密でしょう。

 ビデオ流出は、海保により刑事事件として告発。仙谷赤房は8日の衆
院予算委員会で、「同種事件の取締り、捜査に重大な影響を及ぼす。
厳正に対処する」として徹底捜査の方針を表明。本末転倒な展開を見
せるビデオ問題です。有害な廃液の垂れ流しを隠す会社、工場を処罰
せず、そのことを内部告発した社員を逮捕…といった構図でしょうか。
逮捕してほしいのは、無能な外交で日本の国際的地位、信用を失墜さ
せた仙谷空菅達のほうです。

 ビデオの波紋は広がり続けています。海に落ちた海保職員が銛で突
かれたという話は、当初、「噂」のレベルで半信半疑といったところでし
たが、石原都知事の話をはじめ、専門家などがテレビでそのことに触れ
始めており、信憑性が高まりつつあるようです。

 さらに2chでは、事件で2名の殉職者が出たことを、具体的な氏名や
状況を説明した書き込みも…。
 3名が中国船に乗り込み、1名が機銃で撃たれて即死。1名は撃たれ
たものの海に飛び込み、それを銛で突こうとし、さらに船で轢き殺そうと
し船で乗り上げ、スクリューに巻き込まれ負傷。重症を負った職員は八
重山病院に搬送されるも11月4日に死亡…。
 八重山病院は、事件以来、一般外来の受け入れを休止。入院中の患
者に対する家族の面会も警察官から身分証明を求められる状況なの
だとも…。

 また、中国系のメディアでは4名の日本の隊員が海に落ちたという話も
あるようで、何が、どこまで真実なのか?

 殉職者が出ていることになれば、残虐な映像であることが想像され、さ
すがにYouTubeでもチェックが入り、アップすることは難しいのでしょう。
また殉職者の話が真実とすれば、それは「銛」どころの話ではなくなり、
中国に対して、より厳しいケジメを求めなければなりませんし、それを隠
蔽した政府は断罪に値します。

 真実がどこにあるのか、疑惑は深まるばかりです。

                                    ~鳥

ブログランキングに参加しています     
       よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 中国 尖閣

ブラックジャンキー!ドクター仙谷

ブラックジャンキー!ドクター仙谷

 尖閣での中国船の無法極まりない行為を、白日のもとに曝した投稿ビ
デオが、売国政権の背骨をギシギシと締め付けているかのようです。

 わざわざ加速し、巡視船の弱点を攻撃するというプロ的なやり口。そ
の映像は、南氷洋でエコテロ集団シーシェパードが日本の調査捕鯨船
に体当たりを食らわしていたものと一緒。テロ国家としての中国の正体
を浮かび上がらせるのに、十分なものです。ビデオには、海保の職員が
中国船に乗り込むクライマックスの部分が未公開で、続編が期待される
ところでもあります。

 それにしても、海保の方々の活動が、如何に命をはった尊いものであ
るか、察して余りある映像でした。

 この映像について、5日中国の外交部報道官は「日本側が中国の海
域で中国の漁船を妨害し、駆逐し、行く手を遮ったために衝突した。こ
れらの日本の行為は、そもそも違法である」「いわゆる映像で事実を変
更することはできず、日本の行為の違法性を覆い隠すことはできない」
とこの期に及んでも見苦しい言い訳を並べ立てています。 まあ、重要
なのは、中国がどう思うかではなく国際社会がどう見るかですから、ビ
デオ流出が大問題として、中国の発言が世界に発信されることに、一
役買っていることになるなら、願ったり叶ったりといったところでしょうか。

 激震となったビデオ流出について民主病棟の仙谷健忘症患は「由々
しき事態、流出だとすれば相当大きなメスを入れる改革が、あらゆると
ころで必要だ」と述べ、徹底した調査で流出ルートの解明を図るとの方
針を表明とのこと。

 いつのまにか、患者からメスを握る医者に早代わり。中国には柳腰な
のに、国内、国民には強気な態度。本当に、どうしようもない売国3流弁
護士です。

 新聞、テレビなどの主張のメインは、ビデオ流出を内閣の情報管理の
甘さ、そのことが国際社会の信用を失うことにつながる国家的危機と指
摘しているようですが、国民の多くは「これは流出ではなく内部告発」と
いう石原都知事の言葉のように、ビデオを流したことを評価しており、
実際、映像自体もそれを裏付けるものでした。

 主権を侵害され、自国の巡視船を傷つけられ、それを無罪放免で放
置することのほうが、どれだけ国家的危機であることか。調査すべきは
誰が流したかではなく、なぜこれを流さなかったか、止めたかでしょう。

 また、さらに仙谷健忘症患は「事実関係を調査できれば、しかるべく
説明を(中国に)申し上げることになる」と気色の悪い敬語で売国踊りを
全開。この男が、中国にしなければならないのは、ビデオ流出の説明
ではなく、巡視船への損害賠償と日本への謝罪請求のはずです。

                                      ~鳥


ブログランキングに参加しています  
    よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 中国 仙谷

菅的地動説、振り回されているのは誰?

菅的地動説、振り回されているのは誰? 

 ASEANでの首脳会議を中国からドタキャンされた空菅ソウリは「天動
説か地動説の違いだ」と訳の分からない解説を同行記者団に述べたと
のこと。あまりにバカらしいこの言葉は、民主党の外交問題に対する愚
かで幼稚な認識をそのままに表しています。この政党、政権の外交能
力の欠如、不定見には目を覆うばかりです。

 この政府の無能ぶりを見透かすようにロシアのメドベージェフは、歴代
首相として初めて北方領土を訪問し、実効支配の姿勢を鮮明にしてきま
した。尖閣での中国に対する生ぬるい対応が、かかる事態を生んでしま
ったということは論を待ちません。

 ロシア、中国とも対日外交を、自国内の選挙や党大会など、政治日程
に絡めて、軍や強硬派へのアピールに利用しているとの見方もあるよう
ですが、それにしたところで、いいように利用されている日本で、それを
許す日本です。中露とも、今の日本であれば何をやっても反撃にあうこ
とはない。どこまでが譲歩ラインなのか、そんな日本外交の限界点を探
っているかのようですらあります。

 民主党政権が続く限り、その抵抗線はズルズルと後退を続ける。そん
な不安と不満が直近の世論調査に反映されたようで、空菅内閣の支持
率は早くも、不支持が支持を逆転するという急落を見せてきました。それ
も、不支持の理由のトップになることが珍しいという外交、安全保障の問
題が首位になって…。日本人の国家観は健在のようで、安堵するところ
ですが、急落したとはいえ、この政府の体たらくにもかかわらず、今だ4
割近い支持をする国民がいるというのも驚きではありますが…。

 暗愚な民主党、仙谷、空菅内閣の支持率急落について小池百合子総
務会長は「綱領や安保政策が明確でない政党は政権を担う資格がない
と国民が自覚した」と評していますが、自国の国旗国歌にさえ、敬意を持
たず、それをナショナリズムのシンボルとしか見られない極左、社会党政
権の民主党に安保を期待するところから大間違いで、それを国民が自覚
したとしたなら喜ばしいことです。

 「冷静に冷静」「ナショナリズムを煽るべきではない」と繰り返す民主党
31日、岡田克也幹事長は訪問先の宇都宮で尖閣問題について「国会で
はナショナリズムを煽り立てるような議論を控えるべきだ」と述べたとか。
二言目にはナショナリズム…、対等な外交さえできない無能な極左政党
の言い訳にはうんざりです。

 1日、中国中央テレビではロシア大統領の北方領土訪問に関する特集
を放映。その中で「この件を通して菅政権が外交の素人であることが証
明された。民主党は政権を失う可能性がある」と論評。自国の政府には
報道規制で満足にものが言えない中国の御用メディアからも見切られる
民主党です。そこへ、件の岡田幹事長は、来月、訪中するのだとか。
足元見られているのに…。

 中国メディアからも素人外交と見切られる空菅外交が、どこをどう見れ
ば、天と地が逆転するような構図に見えてくるのか。情けなさを通り越し
て、恥ずかしささえ覚えます。

 日本を侵食するように外交攻勢を仕掛ける中露。それもこれも艶容な
柳腰で売国踊りを踊る無能民主に引き寄せられてのこと。1日も早く、
この無能な政権を終わらせなければと願うものです。

                                     ~ 鳥

ブログランキングに参加しています    
       よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 中国

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。