スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君、国売りたまふことなかれ 与謝野馨たちあがれ共同代表

君、国売りたまふことなかれ 与謝野馨たちあがれ共同代表 

 空菅ソウリのお膝元、西東京市の市議選でも大敗を喫した民主党
ここのところ、派手な負け方を立て続けにくらって、いかに国民、有権者
が空菅政権を嫌悪しているか、絶望を通り越して憎しみの対象にさえな
っているのではと感じるほどです。

 しかし、支持率が1%になっても辞めないと豪語する空菅ソウリ。今さら
市議選ごときの結果に動じるはずもなく、責任という言葉とは無縁な佇ま
いで、28日、首相就任半年の感想を記者から聞かれ、「いろいろあった
が、全力を尽くして乗り切れた」と宜はれたとか。何に全力を尽くしたのか
は不明ですが、さしあたるところ、党首討論を逃げ回り、回避、乗り切れ
たということを言っておられるのでしょうか。

 国民からはレッドカードを突きつけられ、ねじれた国会では問責決議で
責め立てられ、外国からは疎んじられる。政治的に「死に体」となった空
菅ソウリは、それでも政権維持に、ムダな工作で悪あがきの醜態を曝し
ます。

 社民党に擦り寄ったのもつかの間、今度は、たちあがれ日本に連立話
を持ちかけるという離れ業。よりによって、たちあがれとは…。右も左も関
係なく、只々、数の寄せ集めで、無節操極まりないやり方には呆れるばか
りです。

 連立を持ちかけられたたちあがれは、議員総会で拒否の方針を確認す
るも与謝野馨共同代表は一人乗り気だったとか。真正保守の受け皿と
なるべく、反民主を掲げて立党し、参院選を闘った立場であることを思え
ば、民主との連立など一顧だに値するものでなく、議員総会を開くまでも
ないこと。売国民主に手を貸すなど、それこそ売国です。

 議員総会で孤立した与謝野氏ですが、立党の時から彼の参加に違和感
を感じていましたが、今回の件で、それが正しかったということを証明する
ことになったようです。彼に対して特別な思い入れがあるわけでもなく、
ただ残念で失望するものです。

 「君死にたまふことなかれ」と日露戦争の旅順攻略戦に従軍した弟を嘆
いて詠んだ与謝野晶子を祖母にもつ氏ですが、たちあがれの支持者、保
守層から見れば、彼の行動は「国売りたまふことなかれ」と嘆きたくなる
ところでしょうか。

 29日午前、与謝野氏は鳩山邦夫元総務相と会談し連立拒否の経緯を
説明したとのこと。そのなかで、たちあがれが連立することで民主党政権
の体質を変える端緒にしようという考えだったと鳩山氏に述べたとか。
労組バックの社会党政権が本質の民主党の体質を変えられるなど、本気
で言っているとは、とても思えません…。

 ところで、空菅ソウリの悪あがきは続き、脱小沢を政権浮揚の切り札に
政倫審出席を働きかけていましたが、離党勧告をチラつかせて了解を取
り付け。しかし、通常国会の前、通常国会冒頭などと、その時期や、国会
運営などの条件を提示し駆け引きを繰り広げています。政治的に「死に
体」となっているゾンビ同士の暗闘など、アホらしくてシラケルばかりです。

 政治家の倫理を審査するために設けられる政倫審。無節操に連立を持
ちかける空菅ソウリは、明らかに政治的倫理観が欠如していると思われ、
二人のやり取りは倫理観の欠如した者同士の目糞、鼻糞の世界です。 

証人喚問や参考人招致ならまだしも、お茶を濁す程度の政倫審で大騒ぎ
の空菅民主党。仙谷、小沢を切って大連立というのが究極の延命策なの
でしょうが、それも解散総選挙を踏まなければ認められものではなく、
また、それを望むものです。
                                       ~鳥

 
ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります   
  
           よろしければクリックお願いします。

 
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 与謝野馨

辞める人、辞めない人、病める人

辞める人、辞めない人、病める人 

 尖閣での中国船当て逃げビデオを公表したセンゴク38氏の、海上保
安庁の処分は停職。警視庁は彼を、書類送検の見込みで、それを受
ける東京地検は起訴猶予の公算なのだとか。

 免職、起訴といった最悪の処分は避けられる見込みではあるものの、
国益を守った彼の行動に対して、理不尽な処罰であることに変わりは
ありません。しかし38氏は、すでに自身の責任に対してケジメをつける
ように辞職届けを提出しているとのこと。その潔さに頭が下がる思いで
す。

 比べて、問責決議が出ても平然と職に留まる仙谷、馬渕の鉄面皮ぶり
が際立ちます。隠す必要のない、むしろ公開すべきビデオを、国家機密
とした阿呆な判断が無ければ、停職、辞職といった不当な処罰を受ける
ことはなかったはず。

 さらに、海上保安庁では、彼を含む上司、関係者50人以上の職員の
内部処分をほ検討しているのだとか。政府の意向も働いているのでしょ
うか、責任は全て下に追いやる売国内閣です。

 尖閣ビデオの件については、粛々と行政、司法処理が進められていま
すが、中国船の停船、逮捕のシーンは表に出ていず、事件の全容は明
らかになっていません。

 中国漁船の船長は処分保留のままで、起訴、不起訴の判断もされず
宙に浮いたまま。おかげで、検察審査会への申し立ても行うことが出来
ない状態。巡視船の修理代など損害賠償さえ確定されず、中国に正式
に請求できず放置状態。中国に気兼ねしてか、尖閣事件は、何のケジメ
もついていません。中国には甘く、自国民には厳しい、加えて自らは何の
責任も取ろうとしない、自分に甘い左巻き民主党です。

 辞めるべき人が辞めず、辞める必要のない人が辞める。何ともやるせ
ない現実ですが、さらにそこに加わるルーピー鳩山。

 18日、地元北海道で開かれた後援会の会合で「国益に資する政治を
行うために、皆様方のご期待をもらえるなら、次の衆院選で行動を共に
させてほしい」と述べ、首相辞任時に表明していた引退を撤回、次期衆
院選に出馬の意思表示。また、「様々なグループがいがみ合うののでは
なく、協力しあって一体感を作ってきた。民主党の友愛の政策、友愛の
体質が今、壊れ始めている」と強調したのだとか。

 友愛のために立ち上がるのだと言わんばかりですが、人としてのプラ
イドより友愛を優先する、政治的羞恥心さえ超越する友愛教の教祖の
姿は病的で、ほとほと呆れます。辞めない病める鳩山…

                                     ~鳥

ブログランキングに参加しています 
クリックが次作へのエネルギーとなります       

        よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党

ドライバー菅の悪質運転

ドライバー菅の悪質運転 

 仮免許発言が、思いのほか反響を呼び、「仮免許ではなく無免許だ」
「資格が無い事を自白した」「慣らし運転で国民に被害」…等々、野党
から批判の的で集中砲火を浴びた空菅ソウリです。

 仮免許で公道を走る場合、一定条件を満たした運転免許保持者が、
指導者として同乗することが条件ですが、この場合、やはり仙谷問責
長官が指導者ということになるのでしょう。

 また、走行時には車両に「仮免許練習中」の表示をしなければなら
ず、であれば、先の臨時国会会期中は、首からソウリ練習中のプレ
ートでもぶら下げて臨むべきでした。資格がない、能力がないことを自
覚しながらの執政…失政ですから、極めて罪の重い悪質運転です。

 失政もさることながら失言も多く、支持率低迷で国民から相手にされ
ない空菅民主ですが、最近は、その回復を狙ってかパフォーマンスが
目立っています。

 今月14日、空菅ソウリは、突然、硫黄島の遺骨収集を視察。靖国
にさえ参拝しない人間が、何に向き合っての視察なのか。何の拘りも
知識もないくせに、売名行為ミエミエのパフォーマンス。

 また、今日現在は懸案の沖縄を、アリバイ作りの訪問。仲井間知事と
会談し「前政権が迷惑をかけた」と謝罪したようですが、自分が前政権
で副総理だったことを、居眠りばかりしていた為か、すっかり記憶から
抜けているようです。

 空菅ソウリは、親しい議員から「いま沖縄を訪問して何か勝算がある
のか」と問われ、「今回は謝りに行くだけだ」と答えたとのこと。それにし
ては、地元住民どころか、宜野湾、名護の関係市長との会談すら設定
せず。

 昨日沖縄に到着した空菅ソウリを迎えたのは、地元住民の、文字通
り空き缶を鳴らしての帰れコールだったとか。謝罪するには打ってつけ
のシチュエーションで、ここで、厚生大臣時代に土下座をして見せたよう
に、頭の一つも下げるパフォーマンスでも見せれば、一票ぐらい支持票
が増えたものを、公用車で足早に素通り…。次回沖縄訪問の時には、
ルーピー鳩山も同行させ、二人揃って頭を下げれば効果は高まるかも
しれません。

 そして、空菅民主のパフォーマンス最大の目玉は産業廃棄物小沢の
再利用。留め置くも廃棄するも手に余る小沢を、今頃になって政倫審
に引き出そうとする執行部。落ちに落ちた支持率回復の、頼みの綱と
しての「脱小沢」再利用でしたが、執行部退陣を求める両議員総会開
催をチラつかせる小沢の逆襲に遭って混迷。

 党内抗争でヒマを持て余す民主党ですが、どうせ国民の歓心を買い
たいなら、小沢だけでなく鳩山も引っ張りだしてもらいたいものです。
裁判を出席拒否の理由に挙げる小沢より、終わっている鳩山の方が
問題ないはずです。

 どちらにしても、離党でも何でもして、さっさと分裂、崩壊していただ
きたい民主党です。

                                     ~鳥

ブログランキングに参加しています 
クリックが次作へのエネルギーとなります
    
         よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党

スナック左マキに集う人々



スナック左マキ集う人々
 
 マニフェストで通年国会を掲げていた民主党ですが、これもカンバン
倒れで、題目だけが空疎に響くばかり。他のマニフェストと違って財源
などという問題に頭を煩わすことなく、ハードルの低いマニフェストにも
かかわらず…。

 12月3日で臨時国会を閉会してしまった民主党でしたが、この国会で
成立した政府提出法案は、ここ10年で最低の38%なのだとか。やるべ
きことは山積みで、早々と冬休みに入っている場合ではないはずなの
です。

 国会の1日も早い閉会を一番待ち望んでいたのは、やはり空菅直人
ソウリだったのかも知れません。相手をなじることは得意でも、なじられ
ることには滅法弱く、そのうえ、ねじれ国会で野党に対し低姿勢を強い
られるという、さぞストレスの溜まる日々だったことでしょう。

 そのストレスからか、周囲には当り散らし、公邸では深夜に囲碁のネ
ットゲームに浸る奇行が伝えられたりで、とても一国のリーダー足りうる
人格、資質を備えている人物とは思えません。一説には鬱状態とも言
われていたようですが、最近は記者の前に立つ顔にも笑顔が目立ち、
やはり、国会が閉じてストレスから開放された影響でしょうか。

 今までの鬱状態から、その反動で一気に躁状態になったのか、国会
閉会後は積極的な動きが目立つようになり、6日には社民党と党首会談。
衆院での三分の二確保の為、平身低頭でよりを戻すという反則技に出て
きました。普天間のことなど、端からやる気がないのでしょう。

 政策そっちのけで、どちらが多数党か分からない、立場が逆転したよう
な姿をさらしてまで国会対策、政権維持に固執する様は見苦しいぱかり
ですが、元々が、自身、旧社会党の出自なので、故郷の川に戻る鮭の
俎上のようなもので、社民党との連携は落ちつきがいいのでしょう。

 国民の多くは、この連携に唖然とさせられましたが、社民党を離党した
辻本清美はどのような思いでみていたのでしょう。8月に社民党を離党し
9月末には民主党無所属クラブへ入会届けを出し民主会派入り。ほとぼ
りが冷めた頃、民主党入りし、やがては大臣ポストへという青写真だった
のでしょうが、これでは離党が良かったのかどうか。社民党の連立離脱
が、未練タップリだった国交副大臣、辞任の原因となり、離党の決断へと
つながっていったことを振り返ると、何とも複雑な心境で福島党首への恨
みは増すばかりといったところでしょうか。

 閉会後の国会はストーブリーグよろしく、キナ臭さが漂っています。それ
まで、小沢擁護の姿勢だった空菅政権は国会招致に動き、小沢系議員
の集団離党も囁かれ、さらには、小沢抜きの自民民主の大連立まで聞こ
えてくる有様。

 政権にしがみつきたいという執着心のなせるところか、攻勢に見える空
菅政権ですが、状況によっては「菅降ろし」につながると危惧されていた、
茨城県議選の結果は惨敗状態。公認23人、推薦1人の擁立で、悪くても
半数の当選を目論むも、二桁にも届かない結果で、相変わらず選挙に弱
い菅を証明することとなってしまったようです。これで菅降ろしに拍車が
かかるのでしょうか。

 そんな開票状況のなか空菅ソウリは、都内で開かれた自身の後援会の
会合で「(首相就任から)半年たった。これまでは「仮免」だったがこれから
が本番で自分の色を出していきたい」と挨拶とのこと。確か政権発足の時
も、いよいよ本格政権スタート云々と言っていたと思いますが、どこまで
いったら本番になるのやら…。

 …というより、臨時国会を本番ではなく練習程度で臨んでいたということ
を言っているに等しく、国会質疑を侮辱し国会を愚弄する発言です。
「国会の答弁は2つだけでいいのだ」と言って国会を愚弄し、辞任させられ
たバカボン柳田という前法相と何ら変わらない同質の発言で、民主党には
バカボンがもう一人いたようです。

                                       ~鳥


ブログランキングに参加しています      
        よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 菅直人 民主党

民主雑感 党首討論とペット税

民主雑感 党首討論とペット税 

 6月の空菅政権発足以降、党首討論が一度も開かれること無く臨時
国会は幕を閉じました。野党側が12月1日に開催を求めていた党首討
論を、問責決議を受けた仙谷赤房長官の同席という、野党が飲めそう
にない条件を付けて、受け入れのポーズだけをとった姑息なやり口で
した。無責任で卑怯者、逃げ菅直人民主党らしい国会運営です。

 さらにその後、この男の本性がよく現れていたのが、党首討論が開か
れなかったことを記者から問われた時のやり取り。「自分はやりたかった
のに残念だ」とヌケヌケと満面の笑顔で言い放ったものでした。政治家と
いうより、人間として底の浅さ、卑しさが垣間見えた瞬間でした。

 国会で党首討論という制度が導入されて以来、首相就任から初開催
まで要した時間の記録保持者であったルーピー鳩山を抜いて、最長記
録を更新中とか。もしかすれば、このまま首相のイスから降ろされ、一
度も党首討論を開かせなかったソウリとして記録される可能性もアリで
しょうか。

 本来、受けて立つ立場の与党、党首でありながら、そのことに何の
責任も自覚なく、党首討論から逃げ回る。それを恥じるどころか笑顔
でやり過ごす姿には、呆れるばかりです。

 ところで、民主党の戯けた政策には枚挙にいとまがないわけですが、
犬猫などの飼い主に税金をかける「ペット税」構想を検討というニュース
には、少々、驚かされました。

 予算のムダ、組み替えなどから財源不足を補うというマニフェストは
破綻し、経済無策で上向かない景気のため税収は大きく落ち込みなが
らもバラマキは止めず、財政赤字は悪化の一途。その穴埋めとして、
なりふり構わぬ場当たり税制で、そんな民主党のケツを舐めさせられ、
尻拭いをさせられる犬猫にとってはいい迷惑でしょう。

 国会議員、国家公務員にメスを入れず、税制改正プロジェクトチーム
などというもので枝葉末節の税制議論など、お笑い種です。

 さらに、お笑いなのは、12月2日、このペット税の呼応するように民主
党有志議員で「動物愛護管理法改正を検討する議員連盟」を設立、そ
の顧問に小沢、鳩山が就任したとかで、これも犬猫にしてみれば「脱税」
が服を着て歩いているような二人から愛護されるというのは、何とも皮肉
なことです。

                                    ~ 鳥


ブログランキングに参加しています       
       よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 菅直人

ツイッター中井洽 大きな声でつぶやいてます

ツイッター中井洽 大きな声でつぶやいてます 

 他人に聞き取れる声でつぶやいた「早く座れよ、こっちも座れないじゃ
ないか」というヤジが暴露された民主党、中井洽前国家公安委員長。

 11月29日、天皇、皇后両陛下をお迎えして開催された議会開設120
年記念式典で、来賓の秋篠宮ご夫妻が、両陛下ご入場まで起立されて
いたことで、自分達が着席できないことに不平をぶつけたのだとか。

 それほど大きな声ではなかったものの、静かな議場に響き渡るには
十分な大きさだったようなのですが、「秋篠宮様に向けて言うはずがな
い」、「聞こえないように言った。つぶやいただけだ」と苦しい釈明をする
ツイッター中井、つぶやきヒロシです。

 この式典では、自民党の逢沢一郎国会対策委員長のケイタイの着
信音が鳴り、そのことについて自民党は陳謝。議場への持込禁止が
申し合わせになっている携帯電話を持ち込んでの失態は、ひんしゅく
もののマナー違反。それに比べ、皇族に対してヤジを飛ばすなど不敬
の極みで、言語道断。さすが、国旗を切り刻んで党旗にし、国歌を疎ん
じる売国民主党らしい行為です。

 ナショナリズムという言葉にアレルギー反応する売国、少市民政党、
民主党にあっては、皇室に対し、敬意の念など持ち合わせようはずが
ありません。日本の伝統、文化を体現されている存在でもある皇室を
ないがしろにする民主党ですが、例の朝鮮王朝儀軌の引渡し問題でも、
それと同根のものを感じます。

 「野党のせいで手続きが遅れてしまった」と韓国に釈明する空菅ソウ
リは、古文書を「お返しする」と表現。盗んできたワケでもなく、借りて
きたワケでもないものを、返す理由など何処にもないにもかかわらず。
さらに、それ以上に問題なのは、韓国にも日本統治時代に日本から
搬入された数万点の古文書がありながら、それを返せとは言わず、
片務的な日韓図書協定に合意したこと。日本の伝統、文化に何の拘り
も見せない売国政権です。

 話を元に戻して、つぶやきヒロシの発言を巡って、国会では逢沢氏
まで巻き込んで与野党の懲罰動議合戦に発展。ツイッター中井の動議
提出理由は「皇室に非礼で、院の品位を著しく汚した」というもの。国会
で居眠りの常習犯である某ソウリや、遅刻の某幹事長なども院の品位
を汚しており、ついでにこの際、懲罰にかけてもらいたいものです。

 ところで、この記念式典に参加したのは、衆参両院国会議員721名の
うち370名だけで、半数近い議員が欠席だったとか。両陛下のご臨席
を賜りながら、式典の当事者であるはずの国会議員が欠席とは…。
地元の陳情を受けたり、統一地方選の地元会合を優先しての欠席なの
だとか。「皇室に非礼で、院の品位を汚した」ことにおいては、これら欠席
した議員の多くも懲罰に値するものでしょう。全く、ふざけた話です。

                                    ~鳥


  
ブログランキングに参加しています        
     よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。