スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本VS大猿民国 川島永嗣の逆襲

日本VS大猿民国 川島永嗣の逆襲 

 サッカーアジアカップで韓国を降し決勝へと進んだ日本。試合前は
ディフェンス面が心配され、取り分けGKの川島永嗣選手は不振で、
一部には彼の先発を否定する声も聞かれたところて゜したが、しかし、
その彼がスーパーセーブ連発で決着をつけるというドラマのような
エンディング。泣かせる展開でした。

 「彼 (川島) は私の信頼を感じているし、信頼していると本人に伝え
た」ザッケロー二監督はそう言って、周囲の声にもぶれることなく川島
先発を指名。いいGKはミスが少ないGKだという監督の信念は揺らぐ
ことなく、選手を信頼し、やる気と自信を持たせる。勿論、ミスに対す
る指導も忘れることなく…。指揮官としてのあるべき姿、要諦を見る
おもいがします。責任を検察になすり付け、下の者には当り散らすブレ
ブレの居眠りソウリとは大違いです。

 ところで、この試合で先制点を決めた直後の韓国のキ・ソンヨン選手
のサルマネパフォーマンスが大きな問題となっていますが、本人曰く、
観客席の旭日旗を見て興奮したのだとか。明らかに、日本人をサルと
して侮蔑した行為で、スポーツ、それも国際試合という場でのモラルを
欠いた行為に憤りを覚えます。( 旭日旗で興奮する彼には、朝日新聞
の社旗なども危険で、見せないほうがよいでしょう。日韓戦での試合場
の公告など危険ですから、この際スポンサーも降りた方がよろしいの
ではないでしょうか )

 思い起こせば、WBCでイチロー選手をサルに見立てて嘲笑していた
韓国ですから、今回のモンキー・ソンヨンの行為も自然と湧き出たもの
だったのでしょう。民度の低さを露呈した韓国です。

 先の大戦を実体験した世代ならいざ知らず、その欠片もない20代ソコ
ソコの人間が旭日旗を見て興奮するという精神構造がどうかしているの
です。まさに反日教育の賜物でしょう。

 韓国の民度というものを考えたとき、昨年末から今現在、韓国国内で
猛威を振るう口蹄疫問題にもそれは頭をもたげます。

 今月23日時点で、国内の家畜の約17%にあたる、牛、豚の230万頭
が殺処分という韓国史上最悪の被害をもたらしいてる韓国の口蹄疫
すが、問題なのは、その殺処分の方法。生きたままの豚をショベルカー
て゜穴に突き落とし、そのまま土を被せるという残虐な方法で140万匹を
処分したとか。韓国政府は安楽死させる薬品が不足しているためと言い
訳しているようですが、不足なのか節約なのか…。

 また、埋設の処置が不十分なため、家畜の血液が土中に染み出して
地下水を汚染するという被害も報告されているようで、いかにも韓国ら
しい民度の低さを曝しています。

 日本としては、感染など万全の防疫体制を怠ってはならないところで、
宮崎の悪夢再びなど、あってはなりません。人を通じた感染がいわれる
口蹄疫、サッカーの日本代表が変な菌に感染していなければと心配す
るものです。

                                     ~鳥

ブログランキングに参加しています  
  クリックが次作へのエネルギーとなります      
     よろしければクリックお願いします。

 

   はんべさんコメントありがとうございます。
   KIRAさん拍手コメントありがとうございます。ヨソノ大臣は小泉議員からも体調を
   心配され、すでに半死の状態?の彼は、死神は死神でも生き神様といったところで
   しようか。                                   ~鳥
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 口蹄疫

菅の神頼み

菅の神頼み 

 国会の居眠り王、政界の不動産王、平成の脱税王とキングメーカー
が顔を揃える民主党ですが、そこに与謝野馨という「神」が降臨しまし
た。

 裏切り者、永田町のユダと罵られる彼は、過去、入閣した内閣が短
命に終わることから「死神伝説」なるものが囁かれているとか。自民党
議員によれば、「内閣改造で与謝野さんを入れると、その内閣は短命
必死。政権発足当初から閣僚に起用しただけでもロクな結果になって
いない」とか…。特に内閣改造での入閣は不吉なのだそうです。(ネタ
的には、さすがに死神は気が引け自己規制)

 「平成の脱税王」と民主党の鳩山オーナーを厳しく糾弾したその言葉
は、今では、平成の議席ドロボー、平成の変節王と木霊し、跳ね返っ
てくることに…。民主党内で、どの顔でルーピーと向き合うのか見もの
ではあります。

 彼の起用が、不吉なことを空菅ソウリは知っていたのか知らなかっ
たのか。起用の目的は消費税増税シフトとの見方が一般的なようで
すが、私には、経済政策でまともな人材がいない党内にあって、国会
での野党からの論戦の防波堤役を求めたぐらいにしか思えません。

 与謝野起用の波紋は大きく、世間の風当たりも厳しいようで、明日
から始まる通常国会でも、この人事を巡って波乱必死の様相。これも
また見ものではあります。

 国会閉会中、ねじれ状態を克服するための野党対応そっちのけで、
小沢政倫審出席問題で内紛に明け暮れた民主。政策の議論などどこ
吹く風。官僚は大バカだと言って、脱官僚、政治主導を声だかに叫ん
でいたのに、本当にバカで無能なのは空菅直人自身。

 21日には官邸に各府省の事務次官を集め、政治主導について「行
きすぎがあった」と反省の弁を述べたとのこと。行政改革の実績も無く、
国会の質問にも答えられず、今では官僚のペーパーが命の白旗状態。
明日からは頼みの仙谷健忘症患の姿も無く、さらに官僚頼みは強まっ
ていくのでしょう。「質問主意書の提出は24時間前までに…」と野党時
代の自分のことは棚に上げ、臆面も無く野党に要求するという念の入
れようです。

 国会閉会中は何かと威勢の良かった空菅ソウリですが、官僚と死神
を楯に政策オンチをカバーできるのか、もしかすると、これが内閣最後
の国会となることも可能性としてあり、不安一杯の国会開幕前夜かと思
われます。
                                    ~鳥

ブログランキングに参加しています   
クリックが次作へのエネルギーとなります     
     よろしければクリックお願いします。

 

 薩摩の昔船乗りさんコメントありがとうございました。そういう視点もありだと思います。
それが事実とすれば人の善意をもてあそぶ不愉快なブームということになりますが、
やはり、それ以上に不愉快なのは、財源も効果もない民主党のバラマキ子供手当自体
でしょうか。政府は11年度の子供手当て法案で、児童養護施設入所の子供たちも支給
対象と明記しているようで、タイガーマスク運動も幾許かの影響を及ぼしたことかと思わ
れます。人気取りに余念のない民主党のことですから、そのうちタイガーマスク手当など
と言い出すのではと危惧するものです。  ~鳥

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 菅直人 民主党 与謝野馨

タイガーマスクとタイガー仮面

タイガーマスクとタイガー仮面 

 全国的なブームとなっているタイガーマスク運動。一部には「自己満足
で一過性のもの」と冷めた見方もあるようですが、そこには、相互扶助と
いう日本人の持つ精神文化の高さを感じとることが出来ます。震災の
混乱の中でも火事場ドロボーのような略奪、強盗が起こらない日本、
そんな清廉さと同種の精神を感じます。

 今回のブームの面白いところは、アニメの主人公が伊達直人で菅直人
と「直人」つながりであるということ。なんとも、うまくできた皮肉です。

 空菅直人の子供手当ては、所得制限なしのバラマキ手当て。親に支給
された金はギャンブルに消えようが関係なし。必ず子供の為に使われる
という保証が全く無いフザケタ制度。その魂胆は、恩着せがましく民主党
という党名を前面に出し、支持率、支持票を買うということで、子育て、少
子化対策という制度の建て前など笑えない冗談です。

 対して、伊達直人の子供手当ては、社会的、経済的弱者である福祉施
設の子供達へ直接、それも匿名で行っており、民主党のそれと、まさに対
極です。

 元々、親がいなかったり、強制入所の施設の子供達には民主党の子供
手当ては適用されず、それをフォローするため10年度は「安心こども基
金」から相当額を財源として捻出というツギハギ対策を施したのですが、
親に代わって施設がその金を受け取ることになったものの、基金の特性
から、支給された手当は貯蓄には回せず、年度中に使い切ることが求め
られ、使わなければ返還義務が生じるとのこと。

 本来の子供手当さえ、受給世帯の約5割が、貯蓄に回すといっているこ
とを思えば、本当に貯蓄が必要で、それを望んでいるのは施設の子供達
の方でしょう。

 政府は通常国会に子供手当て関連法案を提出する予定で、児童養護
施設の子供を支給対象に加え、貯蓄に回す制限をなくす方針なのだと
か。

 まともな審議もせず、参院選対策で選挙前の支給を決めるから、この
ような不条理な問題を生んだのです。年頭所感で自身の目指す国の
あり方、その理念の一つとして「不条理を正す政治」と語った空菅ソウリ。
「政治と金」の問題以上に、子供手当ての不条理こそ国民を愚弄した
ものでしょう。

 ところで、その空菅民主党は、野党の問責に抗しきれず内閣を改造。
様々な批判が噴出していますが、改造の目的は単に、「仙谷更迭」を避
けんがためのもの。更迭ではなく、あくまで改造なのだと…。新内閣の
主要ポストの顔ぶれのほとんどが、相変わらずの顔。出し物が変わっ
ても、役者は変わらない田舎芝居の空菅内閣です。

 小沢切りでウケ狙い、小沢を踏み台に政権延命、浮揚を目論む新
内閣。空菅直人の政治の師である市川房枝氏は、自分の後輩に対
して、「菅だけには気をつけるように」と忠告したとか。彼女は、現在の
菅直人の姿を見切っていたのでしょう。

 空菅直人ソウリは、組閣の記者会見で、「この内閣に名前をつける
なら」と問われて、「有言実行内閣の実を示すときがきた。有言実行
内閣を推し進める」と述べたとか。今頃になって実を示すところまで
きたそうで、いったい半年間は、どこで居眠りをしていたのか。国の
あり方など取って付けたもので、政治をやりたいのではなく、総理を
やっていたいだけのことなのでしょう。

 このままいくと、「有言実行を、いよいよ行うときだ」とか言うのは第
3次内閣改造のときでしょうか。…まあ、空菅ソウリに3度目はないで
しょうが、その時は、また、お馴染みの顔が首相のイスに座っている
ことでしょう。

                                        ~鳥

ブログランキングに参加しています
    クリックが次作へのエネルギーとなります      
   よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 菅直人 民主党 タイガーマスク

パクリステルスとアルアル捏造隊

パクリステルスとアルアル捏造隊 

 膨大な国家予算を投じ続け、軍事力の増強に余念のない中国。その
異様さは他国の追随を許しません。

 対艦弾道ミサイルや国産空母の開発など、軍事バランスを大きく変
えるそれらの案件は、日本のみならず国際社会の懸念するところです。
そして、さらにその中に、ステルス戦闘機という新たな懸念が加わった
ようです。

 5日、香港メディアが中国のステルス機「殲ー20」の試作機が滑走テ
ストに成功したと、写真付きで報道。中国のステルス機開発は云われ
ていたところで、昨年暮れあたりから、それとみられる写真が伝えられ
その真偽が話題となっていましたが、いよいよベールを脱いだといった
ところでしょうか。その姿は案の定、アメリカのF-22のコピー版、パク
リステルスで中国らしさを発揮しています。

 ステルス機の代名詞といえるアメリカのF-22は、その高いステルス
性もさることながら、圧倒的な戦闘能力を誇る世界最強の戦闘機です。
日本の自衛隊もFXでF-22の導入を強く希望していたところでしたが、
その価格と維持管理のコストが高額なこと、さらには、軍事機密の塊と
もいえる戦闘機の輸出が技術漏洩につながるというアメリカの懸念が
障害となって断念せざるをえませんでした。

 中国のステルス機開発について、8日、中国訪問途中のゲーツ米国
防長官は「少なくとも2020年までは米軍が配備機数で優位に立つ」と
しながらも「予測より(中国の開発は)早く進んでいるかもしれない、懸念
を持っている」と述べ、国防予算を大幅に削減する環境下でも太平洋
地域における米軍の展開能力を確保するため必要装備への支出
を優先させる方針を示したとのこと。

 アメリカ自体も、高額ゆえに生産中止となっているF-22ですが、中
国のステルス機で再び存在価値が認められ、生産再開、次世代機の
開発の声も聞かれるようで、そうなれば、量産でコストが下がり、軍事
技術のハードルもいくらか下がり、日本も導入の可能性が生まれて
くるというものでしょう。

 因みに、日本も2009年から本格的にステルス機の開発に着手、計
画では2011年度中の初飛行を目指し、2016年頃の開発完了を目標
としているとか。その名称も「心神」とされ、開発が待たれるところです。

 ところで、この名称ですが、

 中国のパクリステルス、「殲ー20」ですが、この「殲」は殲滅の殲で、
その意味は「皆殺し」。言い換えれば、「皆殺しー20」というのが解り
やすい言い方でしょう。

 それに比べ、かつて、日本海軍が開発した航空機の名称を列挙す
れば、

 陸上攻撃機「深山」「連山」「富嶽」
 陸上戦闘機「月光」「雷電」「天雷」「陣風」「秋水」「紫電」
 特殊攻撃機「晴嵐」「桜花」「橘花」「藤花」…等々

 戦争を美化したいものではありませんが、これらのネーミングを振り
返ると、自然を畏怖し、敬い、愛でる日本人の精神性が感じられます。

アメリカのF-22は通称ラプター、猛禽類の意味。中国が皆殺しー20。

 高が名称ごときではありますが、ここに、アル中狂和国の方達の精
神構造を見るおもいがします。それは、日本人とは相容れないもので
あることに間違いないようです。

                                    ~鳥


 
ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります          

        よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 中国 殲ー20

スカスカおせちとスカスカマニフェスト 岡崎トミ子

スカスカおせちとスカスカマニフェスト 岡崎トミ子 

 年明けから話題となっていたグルーポンのスカスカおせち問題は、
新たに具材の産地偽装疑惑まで飛び出し、なかなかの賑わいを見
せているようです。

 見本と大きく異なり、中身はスカスカ、腐臭を放つものまであったと
非難を浴びた「おせち」ですが、対面販売では起こりえない問題で、
通販の持つ危うい特性が如実に出た事件といったところでしょうか。

 通販の持つ脆弱性、リスクを前提とすれば、見本との差異はブラス
の差異であれこそすれ、1ミリもマイナスの差異などあっては成り立た
ない話。スカスカおせちなど言語同断で、弁明など見苦しいだけです。

 事件の反響は大きく、横浜市は商品を提供した外食文化研究所を
立ち入り調査とのこと。5日には、岡崎トミ子反日国家公安委員長ま
で、「事実なら景品表示法違反になる」と述べ、厳正に対処する意向
を示したとか。(…それ以前に何でこのオバサンが国家公安委員長
なのか理解できません。泥棒に警察所長をやらせるようなもので、
これだけでも任命したカンチョクトは問責もののはずなんですが…)
 
 いかにも割安でおいしそうな公告見本で客を引き寄せておいて、
実際、蓋を開けてみたらデタラメな紛い物だったというこの事件を
俯瞰して見れば、何とも民主党の詐欺マニフェストとダブってしかた
ありません。

 予算のムダの洗い出しや組み替えで20兆円は捻出できるから財源
の心配は不要なのだといって、各種バラマキ手当をテンコ盛り。いか
にも割安で美味そうに見えるマニフェストで国民を騙し300を超える
衆議院議員数をせしめた民主党

 実際の予算運営は、財源スカスカで歳入不足。ムダや組み替えも
程度が知れたもので、20兆円の捻出など夢のまた夢。にも関わらず、
議員定数の削減、国家公務員の削減などメスを入れるでもなく、逆に
外国人にまでバラマキ手当ての大盤振る舞い。結果、2010年度の
国債発行は44兆3千億と過去最大。2011年度も同規模の国債発行
額の予算案提出予定の異常事態。

 グルーポンは、一応、購入者に謝罪し代金を返済すると言っていた
ようですが、空菅政権は、「財源が無いので、野党の皆さん消費税増
税を一緒に検討しましょう」とふざけたことを言うありさま。

 カンチョクト( ナイスなジミーちゃんのネーミングでした)  政権というの
はグルーポン以下と思われます。
                                     ~鳥

ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります     

             よろしければクリックお願いします。

 

 KIRAさん、勇気とやる気をいただく拍手コメントありがとうございました。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 岡崎トミ子

地球小市民、仙谷由人

地球小市民、仙谷由人 

 遅ればせながら、新年の1回目をアップさせていただきます。今年も
よろしくお願いします。稚拙なブログながら、何とかここまで続けてこら
れたのは、訪問いただいた皆様、共感いただいた皆様のおかげです。
あらためて、感謝申し上げます。

 さて、亡国の民主党政権は、年始早々から小沢VS菅の醜い新年会
バトルを展開。その結果は空菅ソウリの完敗ということで、国民のみな
らず民主党の議員にも人気がないようで、その人望のなさを露呈して
います。

 鳩山政権に勝るとも劣らない、その無能な菅政権を支える仙谷由人
問責長官の存在が、皮肉にも連立の障害の一つとなっているわけで
すが、空菅ソウリは今月の内閣改造で、彼を更迭の見込みなのだとか。
影のソウリとして内閣を切り盛りしてきた人間を失うこととなれば、菅
政権の弱体化は一層進み、その寿命は長くないのかも知れません。
何にせよ、無能な売国内閣など早々と退陣してもらうに越したことは
ありません。

 伝えられるところでは、今年の春に、空菅ソウリは初訪中を検討中
なのだとか。恥を曝し、日本の国益を毀損される前に、尚更早期退陣
が望まれるところです。

 ところで、先月30日の古森義久氏のブログで紹介された筑波大、
古田博司教授の仙谷評について、共感するものがありました。その
冒頭、仙谷問責長官のホームページについて触れられているので
すが、改めて彼のホームページを覗いてみて、その恐るべき平和
主義には呆れるばかりでした。

 彼の政治理念として、「地球市民として自由で平和で健全な世界を
創ろう」と呼びかけ、その取り組みとして、その一つに「戦後の反省の
中で、日本はアジアから目を背けてしまっていましたが、戦後50年た
った今、まず日本、中国、台湾、韓国、北朝鮮などの近隣諸国とは折
り合いをつけ、仲良くやっていくべきです」と主張。

 自分を日本国民と云わず、地球市民なのだと。戦後日本はアジア
から目を背けていたと勝手に思い込み、日本は譲歩すべきなのだと。
なるほど、中国様に対する面妖な言葉遣いや、日韓基本条約を無視
した賠償発言など、土下座、売国外交の根幹をなす思想がここにある
のかと、そして、この延長線上には民主党の東アジア共同体という
御目出度いマニフェストがあるのだと気づかされます。

 自国の最大利益を追求する国際社会の中で、地球市民による最小
不幸社会を目指す市民運動内閣の外交が、如何に危ういものである
かを、日本は尖閣で学習する破目になってしまったのです。

 民主党自体、それを理解できたのかどうか。そんな折、今度は、お調
子者の前原外相が、韓国と安全保障分野でも同盟関係を結ぶべきだ
と提案したのだとか。…まるで民主党というのは、右へ左へブレーキの
効かない壊れた車で、アクセルしか踏まない仮免許の暴走集団のよう
です。

                                     ~鳥

ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります         

         よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 仙谷由人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。