スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出稼ぎパンダがやって来た!

出稼ぎパンダがやって来た! 

 昨年6月、東京都議会はパンダの受け入れを決め、輸送費4900万円
を含む、関連予算1億8500万円を計上。そして、今月21日中国共産党
の様々な思惑を背負った2頭のパンダは成田に到着。高額な移動費用
もさることながら、年間7900万円のレンタル料を中国様に支払わなけ
ればならないとか…。

 17日、中国外務省の会見で報道官は、「両国の友好の使者となるこ
とを期待する」と尖閣問題で悪化した日中関係の改善に期待を示し、パ
ンダ公開で「友好感情が強まるはず、相互理解を増進するため役割を
果たしてくれる」と述べたとのこと。この数日前には、尖閣で損傷した巡
視船の損害賠償請求に対し「反省すべきは日本側で、賠償を要求する
権利はない」と突っぱねておきながら、ヌケヌケと鉄面皮の中国、そして、
それを野放図に受け入れる日本です。

 年間レンタル料金7900万円ですが、円高のピークに近い現状換算でも
十分高いのに、これから1割の円安にでも向かえば、800万円の負担増
が待ち構えているわけで、先の思いやられるところです。

 それにしても、レンタル料金の算出根拠はいったい何なのでしょうか。
先月19日、米中の両政府はアメリカワシントンの国立動物園にレンタル
されている2頭のパンダの5年間の契約延長に合意。そのレンタル料金
は年間4100万円とのこと。…つまりは、取れるところから取るということ
なのでしょうか。

 また、2008年12月に台湾海峡を渡り、台湾に贈られたパンダはレンタ
ル料金無料、タダで贈呈。台湾を独立国として見ず、中国の一地域として
扱い、取引ではなく移動という解釈で、結果、それを台湾に受け入れさせ
るという狡猾な政治利用に使われたパンダです。

 本来、絶滅に瀕する野生動物のレンタルはワシントン条約で禁止されて
おり、その為、正式には長期間の合同科学研究プロジェクトと呼ぶのだと
か。共同研究ということであれば、レンタル料金ではなく出資金というのが
正しい言い方であり、収支状況の開示などと共に『レンタル料』の算出根
拠を示させるべきでしょう。

 各国から吸い上げられたレンタル料はパンダ保護ではなく、道路やイン
フラ建設に使用されていたとの指摘もあるようで、賄賂天国の中国という
実状からしても、実態開示の必要性は強く求められるとこです。

 そもそも、パンダ保護、繁殖が主目的の研究であれば、つがいを世界中
にばら撒くなど、非合理きわまりないことで、パンダにとって負荷を強いて
いるだけのこと。適合した環境で集中管理するのが理に適ったことである
のは明らかで、その点でも問題の多いパンダ来日です。

 ところで、その中国は、中東で巻き起こっている反政府、反独裁運動の
波に影響を受け、度々、ネットで民主化集会が呼びかけられているとの
こと。中共政府はネットの検閲を強め、国内の人権活動家を多数連行す
るなど、必死で押さえ込みを図っているとか。

 また、北朝鮮にもこの流れは波及し、中国国境近くを中心に住民の抗議
活動が散発的に発生。これに危機感を抱いた中国は、13日に公安相を
北朝鮮に送り、携帯電話の盗聴技術を伝えるなど、国内の反政府運動封
じ込めの方策を協議したのだとか。

 これが、GDPで日本を抜き世界2位の経済大国となり、国際社会が世界
経済の牽引役を期待する国の実態です。今こそ、自由主義経済に受け入
れたことの誤りを認め、人権弾圧される活動家、侵略され迫害されるチベ
ット、ウイグル人に想いを巡らせることが求められるところ。パンダは本来
チベットの象徴となるべき野生動物で、そのことを理解し、問提起する
存在として観てこそ救われるのではと、徒然雑感でした。

                                         ~鳥

ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります         
          よろしければクリックお願いします。

 
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : パンダ 中国

屈辱の昼休憩 左巻高校編



屈辱の昼休憩 左巻高校編
 

 気がつけば、周りからいいように弄ばれる日本。

 南極海で行われていた調査捕鯨は、シーシェパードの執拗な攻撃に
屈する形で、今期の調査打ち切りが決定。攻撃してもやり返さない、
無抵抗の日本船は、エコテロリスト達にとって安心して追い掛け回す
ことの出来る最高のカモ。今回の打ち切りは、彼らの自信を深めさせ、
その主張の正当性を与えてしまったかの印象は否めず、残念なもの
でした。まずは、テロ船の旗国であるテロ支援国家、オーストラリアに
この不法な妨害行為に対する償いを求め、糾弾し、ケジメをつけさせ
なければなりません。

 エコテロ団体から発炎筒や発光弾を投げ込まれ、調査船の甲板が
光に包まれる映像は、尖閣での中国船の体当たりの映像を彷彿と
させるものでしたが、その尖閣の巡視船の海保は、損害賠償を中国人
船長に請求するも、中国側は拒否とか。

 中国外務省は「日本側は事件での行為を深く反省すべきで、賠償を
要求する権利はない」との談話を発表し、軽く一蹴。居直りの姿勢は
全く微動だにせず、フラフラした空菅外交と見事な対比を見せています。
サッサと船長を返してしまったツケが回ってきたことについて空菅、
仙谷はどう思っているのか。だれが修理代を払うのか? 那覇地検か?
空菅か、仙石か? いずれにしても税金で処理されることのなどカンベン
してもらいたいものです。
 
 今月16日の衆院予算委員会で「民主党代表選の渦中にあったことも
多少の影響があったかもしれない」尖閣事案について反省した空菅
ソウリは、その夜、「政府としてはしっかり対応できたと思っている」と
すぐさま発言を修正。「許し難い暴挙だ」と調子に乗って言っていたのも
数日前にもかかわらず、相変わらず、言葉の軽いカルカンソウリ。
一事が万事、こういうことだから周りの国から侮られるのです。

 空菅民主の尖閣事案の軟弱な姿勢に、ここぞとばかり、北方領土で
攻勢をかけるロシア。中国、韓国に対して北方領土開発の資本参加を
呼びかけるという、あからさまな嫌がらせを仕掛けてきました。日ソ
中立条約を破って北方領土を盗み取ったロシアの性根など、所詮こん
なもの。信用に値しないのです。

 日本としては中韓に対し、躊躇させる対抗措置が求められるところ。
韓国に対しては、経済的な圧力など、やりようはいくらもあるでしょうが、
それ以前に、朝鮮由来の図書返還協定などサッサと破棄すべきで、
態度で示すことが先決でしょう。

 中国に対しては尖閣に台湾の資本を参加を呼びかけ、日台共同開
発で対抗するのが良策でしょう。「尖閣は間違いなく日本の領土、問題
なのは漁業権の問題だけ。昔どおりそこで漁業をさせてほしいという
だけ」と言われる李登輝氏のような、善良な台湾人の想いと合致し、
中国の台湾を通しての領有権主張に楔を打ち込むことにもなるでし
ょう。

 南極海の調査船、尖閣の巡視船、北方領土の高圧ロシア、左巻き
民主ウィルスは日本の抗体反応を麻痺させ、外部から病原菌を招き
よせる、最悪最低のウイルス。

 口から方便を垂れ流す阿呆鳥。脱党せず会派離脱という意味不明
ながら、後ろから弾を撃つ16人の小沢斬りこみ隊。空菅の首を手土
産に予算成立を画策する柳腰。党首討論から逃げ回り、やっと開か
れれば幼稚なカンペを持参するカンニング直人。支離滅裂、百鬼夜行
の民主党です。

 次々と繰り出される不条理な民主党政治こそ、やはり、国民にとって
最大不幸です。

                                    ~鳥

ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります      
     よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : シーシェパード 尖閣

鈍感直人の反射神経 左巻高校編

鈍感直人の反射神経 左巻高校編 

 今月7日、東京で開かれた「北方領土返還要求全国大会」のあいさ
つで、昨年11月のメドベージェフ大統領の国後島訪問について、「許
し難い暴挙だ」と強く非難した空菅直人ソウリ。何の覚悟も信念もない
くせに、どうせ、その場しのぎのウケ狙い程度の言葉かとみていれば、
やはり、内閣府が用意したあいさつ文になかった、空菅ソウリのアドリ
ブだったとのこと。先に壇上に立った関係者の挨拶に煽られ、調子に
乗って出てしまったようで、思いつきで行動する習性は相変わらず。

 APECで言っていれば国民も拍手喝采だったのでしょうが、今頃に
なってそれを言うズレた感覚には脱力するばかりです。それならつい
でに、尖閣の当逃げ事件についても、「許し難い暴挙だ」と中国にも
言ってもらいたいところなのですが、頭の中にある世界地図から国境
が消えてしまって、領土問題を本気で考える価値など何処にもない
地球市民の彼らにとっては無意味な要望でした。

 火事場ドロボーの如く北方領土に居座るロシア。資源国として外貨
を手にしてからは、デカイ態度で居直り強盗。北方領土を返す気など
毛頭無く、ただ、それをダシに日本からカネや技術が盗れればという
のが本音。日本を釣るための疑似エサの北方領土です。

 結局は、資源を掘りつくしてジリ貧を待つしか新たな展開の芽は生
まれようもなく、経済協力などは延命に手を貸すだけで、解決の役に
立つことはないでしょう。資源を片手に相手を脅迫、強請りのやり口は
サハリン、ウクライナなどでも見られたところ。深入りしてロクなことは
ないのです。

 それでも日本としては、コソ泥ロシアの不当性を、広く国際社会に訴
え、知らしめることを継続していかなければならず、核開発や武力行使
という選択肢を外してしまったからには、なおの事、その意味は重みを
増します。ところが、その主体である日本自体の現状は、とても覚束
ないもので、とても北方領土返還などと言えたものではないようです。

 先月、日教組の教育研究全国集会が開かれ、そこで北方領土に
ついての社会授業を報告した根室市の中学教師は、経緯を考える中
で、「ボク自身北方領土が何処の国の領土か分からなくなった」と告白
し、生徒らに逆に問いかけたとのこと。

 売国の悪名高い北教組らしい話ではありますが、本当に民主党
北方領土返還を言うのなら、まず手をつけなけれぱならないのは、
この現状からでしょう。「教育に中立はありえない」などとウソブク日教
組の左巻きを、党の参議院会長などに奉っている場合ではないでしょ
う。

 ロシアから、逆に攻撃材料にされた空菅発言。訪露した前原早とちり
外相も渋い顔で、何の外交成果もなし。そんな菅政権の支持率は、共
同通信の最新の世論調査で19.9%と、ついに20%を切ったとのこと。

 先日の党首討論では、異常な回数の瞬きが注目され、精神疾患の
疑いも言われるありさま。そんな人間がソウリのイスに座っていること
こそ不条理、日本にとって最大の不幸。こうなると、本人が壊れるか、
党が壊れるかスリリングな展開で、この先、何処まで支持率が落ちる
のか恐いもの見たさに期待半分の民主党です。

                                     ~鳥

ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります      
            よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 菅直人 ロシア

ウソ八百、八百長民主の八百長批判

ウソ八百、八百長民主の八百長批判 

 八百長問題に揺れる大相撲ですが、過去から言われてきたことでも
あり、今さらセンセーショナルに報じられてもといった感がないでもあり
ません。しかしながら、八百長という行為がファンや観客を裏切り、相撲
を貶めていることに間違いはなく、大いに批判されるべきところでしょう。

 大相撲が興行として存続を願うのであれば、競馬界並の厳しいルール
整備が必要なのかも知れません。競馬の騎手は、レース前には隔離さ
れて外部との連絡も取れないように携帯の使用も禁止されているとか。
また、競馬に関する事項を定めた競馬法のなかには、レースに八百長
が認められた場合、該当者を刑事事件に問える条文が存在するとの
こと。

 大相撲では、八百長自体では犯罪として扱えず、それが賭博や詐欺に
利用され、そこで刑事事件として立件が可能になるということで、これでは
八百長撲滅という掛け声だけの体質改善の限界が見え、受身ではなく
積極的な改革の一つの指針となるものかと思われます。

 過去、優勝のかかったガチンコ相撲など、幾多の名勝負が人々の心を
揺さぶったのも事実。小泉元総理の「感動した」のセリフも記憶に新しい
ところ。インターネットの時代にあって、髷を結い、ふんどしを締め、体を
張って日本の伝統を体現する稀有な文化は伝承に値するものと思われ、
それだけに、昨今の不祥事は残念な限りです。

 スポーツという面ではなく、神聖な儀式であったはずの、神事としての
相撲の精神に立ち返り、原点から見つめなおす必要が、先ずは求めら
れるところでしょう。

 ところで、この大相撲の八百長問題を、鬼の首でも取ったかのように
嬉々として批判の声を上げる民主党

 枝野革マル長官やレン呆行政刷新二番相ら、菅内閣の閣僚達は「内部
浄化ができているのか」などと指摘し、税制の優遇措置もなくなる公益
法人否認可もチラつかせ相撲協会を厳しく非難。その後、幾らかトーン
ダウンしたようですが、それぐらいの厳しさで、実態の怪しい宗教法人
など、理不尽な税制の優遇措置を受ける公益法人こそ追求してもらい
たいものです。

 空菅直人ソウリは3日の衆院予算委員会で、「八百長があるなら国民
への背信行為だ」と述べたとのこと。尖閣で中国に手心を加え、船長を
釈放、巡視船の損害賠償さえ雲散霧消で我関せず。これこそ、国民への
背信行為で、大相撲のそれと比べようの無い深刻且つ悪質なものです。

 さらに、空菅民主の八百長は止まらず、昨年10月のASEMで中国の温
下方と廊下面談した際、一連の尖閣問題について、「温首相は日本の
立場をご存知て゜しょうから今日は言いません」と語り、言及しなかった
のだとか。その後の記者団への説明では「尖閣諸島はわが国固有の
領土であり、領土問題は存在しないという原則的なことを申し上げた」と
説明。…こうなるとウソ八百を並べる八百屋民主の菅店主、八百菅です。

 どの顔で八百長相撲を批判できるのか。国民は先の参院選で民主党
政権政党としての認可を取り消しており、民主党こそ、さっさと解散すべき
でしょう。

 先月14日、沖縄の石垣市が条例制定した「尖閣諸島開拓の日」の記念
式典が開催され、市は民主党岡田幹事長宛にも招待状を送付するも、
当日、政府、民主党からは、出席はおろか祝電さえもよこさない完全無視
だったとのこと。中国様の顔色でも伺っていたのでしょうか。

 フジTV新報道2001の調査によれば、腐った民主党、菅内閣の支持率
は、2月3日調査、22%ということで、1週間前の29%近いところから大
幅ダウン。小手先改造も効果は長続きせず、国会が始まり、案の定化け
の皮が剥がれたといったところですが、その速さは案外でした。

 空菅内閣の危機を本人以上に感じ、その存在感も本人以上かと見ら
れる空菅伸子氏は、5日、横浜市の公開討論会で「疎い」発言を取り上
げた報道に対し、「このマスメディアに付き合っている日本人は滅びる。
何度首相の交代をくり返すのか」「20年かかってこうなった日本が1、2年
で変わると思わないでほしい」と語ったとか。
 
 責任のなすり付けも本人以上…。ルーピー鳩山といい、夫婦揃って見苦
しい民主政権です。

                                       ~鳥

  ブログランキングに参加しています 
   クリックが次作へのエネルギーとなります        
         
    よろしければクリックお願いします。
    

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 菅直人 民主党 八百長

モンキーソンヨンと菅直疎

モンキーソンヨンと菅直疎 

 苦しい決勝戦も勝ちきった日本。サッカーアジアカップ、4度目の優勝
で有終の美を飾った日本です。李選手の素晴らしい決勝ボレー、川島
選手のファインセーブ連発、長友選手の超人的な運動量と美しいセンタ
ーリング、ザッケロー二監督の采配…etc。

 印象的だったのは、表彰式の間中、香川選手のユニフォームを掲げ
続けた長友選手の姿で、彼の心情とチームの一体感に触れた思いの
した泣ける姿でした。

 それにしても、ストライカー不在と言われ、得点力不足を言われ続けて
いた日本が、逆転はあるは、数的ハンディも乗り越えるは、PK戦も克服
するはで、見事な勝利の数々でした。ザック監督の手腕恐るべしといった
ところでしょうか。本当に良いものを見せていただきました。

 ところで、あの韓国の猿マネ事件は、テレビ朝日の捏造報道など、その
後も色々と話題を提供しているようで沈静化には至らず。当初、旭日旗
をサルマネの理由にしていたモンキーソンヨンは、状況が不利と見るや、
今度は、英国で受けた差別的行為への意趣返しだったと理由変更。する
と、それを受けて今度は英国から批判の嵐とか。その場しのぎで取り繕
う、まさに浅はかな猿知恵で墓穴を掘るの図です。

 30日、韓国に帰国した彼は、サルマネの理由を尋ねられると、溜息交
じりに「死にます」「秘密です」と言って、口を閉ざしていたとのこと。それな
りにダメージは受けているのでしょうが、それを悔いているのかいないの
か。

 反省だけならサルでも出来るはずなのですが、このサルに、その選択
肢はないのでしょう。サルマネが日本に向けたものであることは明らかで、
素直に謝罪すれば楽になるものを、世界中で一番忌み嫌う日本が相手
ではありえないものなのでしょう。反日教育のブーメラン効果ということで、
精々、悩んでもらいたいものです。

 日本中が、そんなアジアカップに興奮するなか、国会ではもう1匹のサル
の発言がヒンシュクを買っていました。

 27日、2002年4月以来の日本国債の格下げという外圧に衝撃が走
った日本。そのことについてコメントを求められた空菅ソウリは「そういう
ことに疎いので、ちょっと改めてにしてください」と述べたとのこと。財務
大臣までやった人間…サルが「疎い」と言ってコメントを避けるとは、さす
が無能のソウリ、菅直疎 ! 
 
 市場では、パニック的な影響は回避され、難を逃れた様子ですが、今後
の長期的な日本売りに警戒が必要なところでしょう。円安は輸出型の日本
経済にとってプラスではあるものの、政府にしてみれば、格付けが高く、
金利を低い状態にして、財政再建の時間稼ぎをしたいところ。それを
「疎い」と言って日本売りを誘うとは…。

 先週、ダボス会議に出席した空菅ソウリは、国債格下げについて反論
するどころか、平成の開国などと、まるで日本が鎖国状態でもあるかの
ようにイメージダウンで日本売りを誘引するかのような講演。その講演の
草稿は、元々、外務省が用意していたものを、大手商社の会長や空菅
ソウリ旧知の学者らが、跡形もなくなるほど手を加えたものだったとか。
一体、このソウリは何をどうしようとしているのか、周辺の言葉で、右に
左に蛇行運転。行き過ぎた円高の是正は必要なところですが、そのうち、
取り返しの付かない日本売りに見舞われるのではと危惧するものです。

 国会で「疎い」発言が批判された空菅ソウリは、今度は、「本会議から
出た直後で、格付けの変更を聞いていなかった。『疎い』というのは情報
が入っていなかったということだ」と釈明。

 この言い訳も、状況的に無理があり、聞いていないということ自体、疑
問視されているようですが、それよりも、誰も納得できないような言葉の
使い方を正当化し、言い逃れようという猿知恵ごとき浅はかな釈明に
唖然とさせられます。英語もダメなら日本語もダメなようで、見苦しい
限りです。

 枝野革マル長官は、サッカー日本代表の優勝に触れ、「選手がそれぞ
れ持ち味を出して総合力として力を発揮した。この内閣も見習って国の
危機を突破しなければならない」と述べたようですが、売国民主党として
は、国の危機ではなく党の危機の間違いなのでは? 日本代表人気に
あやかろうなどとはおこがましい…。君が代を斉唱する選手個々はもと
より、ザッケロー二監督と菅直疎をどう比べよというのでしょうか。

                                        ~鳥

ブログランキングに参加しています   
  クリックが次作へのエネルギーとなります       
     よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。