スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呆射能まき散らしの歩く原子炉 菅原発

呆射能まき散らしの歩く原子炉 菅原発 

 昨日、民放テレビ局が独自入手したとして伝えた、福島原発の被災映
像では、途中で切れ落ちた排気管が無残な姿をさらしていました。本来、
その排気管の先には、排出される放射性物質を濾しとるフィルターが存
在すべきでもので、重要なパイプなのだとか。放射性物質を漏洩し続け
る、深刻な状況を、あらためて浮かび上がらせる映像でした。

 深刻な状況に出口の見えない原発問題。原発の損傷、放射線の汚染
状況、人体への影響等々、その実態はどうなのか。アメリカの無人偵察
機グローバルホーク撮影の原子炉映像も公開しない、隠蔽体質の空菅
政府や、権限は持っているが責任はとらない原子力保安院の発表する
数値、報告など、どれだけの人が信用しているのでしょうか。

 案の定、IAEAが避難区域外から高いレベルの放射性物質を検出と
か。また、福島の市民団体も独自に放射線量を計測し、やはり、政府、
自治体のモニタリング数値より高かったなど、政府の説明を覆すもの
ばかりです。

 政府はIAEAの指摘を受けて、土壌の監視を強化する方針を打ち出し
たようですが、いかにも場当たり的。国民の生命を守るという国家の責
任についての自覚を、全く感じられません。それを重く受け止めている
のは、民主党のアホ政権ではなく、IAEAの方なのでしょう。なぜ、外国
機関から指摘される前に、広範囲で精密なモニタリングができないのか、
腹立たしさは増すばかりです。

 放射性物質の拡散は、同心円状に広がっていくのではなく、地形や雨、
風などの気象条件により変化するわけですが、被爆を避けるためには、
それらの条件を計算した拡散シミュレーションこそが必要で、随時公開
が求められるところ。

 その要請に答えられるのが、億単位の予算で開発してきた放射能影
響予測ネットワークシステム、スピーディーで、まさに、今こそ、フル稼
働でシステムの能力を発揮させ、予測データを国民に提供し、避難指
示に役立てるべきところなのですが、空菅内閣はデータの信憑性がど
うのと、理由をつけ、公開を拒み続けて、結局、被災後10日たって渋々
公開…。ここでも隠蔽体質の民主党です。

 場当たり時な対応で問題をこじらせ、さらに余計なメンツで事態を悪
化させた空菅内閣。事故直後、原子炉冷却のための大型発電機の空
輸を決めたホワイトハウスの提案を、日本政府は拒否したのだとか。
アメリカ、ドイツ、フランスなど原子炉作業用ロボットの提供申し出て
についても、受け入れ体制の問題からか、実現に至らず。結果、事態
の悪化をみて、米軍やフランスに支援要請…。

 後手を踏むばかりの空菅政府の無能ぶりは、25日に米軍と共同で
開始された原子炉への真水注入変更でもみられました。これについて
北沢防衛相は、「米側が非常に懸念を持っていて強い要請があった」と
記者会見で述べたとか。日本側も切り替えの必要性を感じていたものの
結局、実施に踏み切ったのは、米軍の強い要請があったからだとか。

 複雑に絡まった糸のように難解で、細く、いつ切れるかわからないとい
う深刻な原発問題ですが、さらに、それを増幅させるのが無能な焼きそ
ば屋のオヤジ、菅直人

 「原子力について勉強したい」といって、事故対応に混乱する原発へ
視察に行っては、「自分は原子力に詳しい」と自慢する空菅ソウリ。
松本防災相への電話を、携帯で一般人に掛け間違えるマヌケソウリ。
掛け間違えられた相手は、空菅ソウリからの間違い電話は、都合3回
目なのだとか。日本の危機管理は、一体どうなっているのでしょうか。

 国会では震災復興財源に充てるためとして、一人300万円の議員歳
費減額の法案が可決とのことですが、その一方でアホな民主党は、同
党のロゴマーク入りの防災服を新調し、民主党の国会議員や秘書に着
用させるのだとか。その経費は800万円を超えるとか。やっていることが
支離滅裂の民主党。 そんなことをしているバアイではないんですが…。

    国会で居眠りをしている連中には
       防災服ではなく、パジャマこそお似合いです。

                                      ~鳥

 原子力事故問題につきましては、右のリンク、中部大学教授の
 武田邦彦さんが真摯な提言をされています。

 前回エントリでエネルギーを頂く拍手コメントを書き込んでいただい皆様
 ありがとうごさいました。

ブログランキングに参加しています 
   クリックが次作へのエネルギーとなります        
         よろしければクリックお願いします。

 
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 菅直人 民主党

責任転嫁の菅的窮国大連立

責任転嫁の菅的窮国大連立 

 アメリカの「タイム」誌が、「日本よりはるかにインフラ整備が遅れてい
る途上国でも、災害発生から4日もたてば援助物資が届くのに、現在の
行き届かない支援状況は、日本の支援は途上国以下」とコキオロシ、
「政府の怠慢が被災者を見殺しにした」と指摘しているのだとか。

 「最悪の事態では東日本が潰れる」「ボクはものすごく原子力に詳し
い」…等々、目が点になりそうな菅語録満載のメルトダウンした脳ミソ
しか持ち合わせていない緊急災害対策本部長の災害対策ですから、
当然といえば当然の結果でしょう。

 官邸地下の危機管理センターでは各省庁の約120人の職員が作業
を進め、その中心には松本龍防災担当相ら閣僚がモニターを見ながら
指示を出しているとか。ところが、政務三役の一人は「実際は、危機管
理センターに相談しても何の指示も出てこないので、各省の政務三役
と直接調整している」と、その実態を嘆いているのだとか。災害対応に
その無能ぶりを露呈する話です。

 無能さ故、パニック状態の空菅内閣。そのくせ、支援物資も行き届い
てないのに、やたら現場視察でポーズをとりたがるパフォーマンスソウ
リ。原発事故も、空菅ソウリの余計な視察で現場が手をとられ、その後
の事態悪化を招いたとも…。21日、再び原発の視察を計画するも、世
論の風向きが厳しかったとみえ、悪天候を理由に中止。

 東電本社に押しかけて、「撤退などあり得ない。覚悟を決めてほしい」
と言った空菅ソウリですが、農作物から放射性物質が検出された今こそ
現地視察をすべきです。出荷制限していない農産物(特に葉物野菜)を
畑で食べる姿を、編集無しのノーカットで見せるぐらいの覚悟を見せて
いただきたいものです。そのような現場視察であれば、いくらかは風評
被害の解消に資することでしょう。

 原発事故に対する米国の支援を断り、原発の被害状況も後出し。放
射性物質による汚染状況も、データ開示が不十分で信用おけず。文部
科学省は、年間7億8千万を予算計上し開発している放射性物質の拡
散予測システムで計算されたデータの公開を拒んでいるとか。「人体に
直ちに影響は無い」とくり返す隠蔽体質の政府の言葉など信用に値しな
い、空っぽなもの。

 そして、空っぽ菅内閣は、ついにその菅直人自体を隠蔽するという挙
に出てきました。震災のあった11日以降、非常事態を理由にぶら下が
り取材を拒否し続けている空菅ソウリ。カメラの前に姿を現すのは国民
向けのメッセージを発するときだけで、それも質疑をほとんど受け付け
ないのだとか。

 国民のためにやるべきことを為さず、責任逃れと保身に励む空菅ソウ
リは、襟巻きレンホーに自衛隊アレルギーの辻本、隠蔽仙谷を起用し
防護壁を厚くするばかり。さらに、内閣官房参与に、多くの自分のお友
達を任命。その数は、地震後、9人から14人に膨れ上がっているのだ
とか。米軍の震災支援ミッションコード「トモダチ」に対抗する空菅内閣。

 無能な空菅直人ソウリの小賢しさが色濃く出たのが、自民党谷垣総裁
への入閣要請でした。何の根回しもなく話を持ちかけ、宛がう先は原発
問題、震災対応の難問ポスト。たとえ断られたとしても「自民党は復興支
援に後ろ向きだと受け取られるだろう」といった計算のうえ。非常事態の
オールジャパン救国内閣というカンバンで、本音は保身と延命の窮国内
閣。

 無能でこの難局が手に負えないというのなら、さっさと退陣すればいい
のです!

  台湾人さんコメントありがとうございます。
 李登輝元総裁の日本語でのお見舞いメッセージ。
 チャリティー募金に国家的規模で賛同され、驚異的な義捐金を募られた台湾。
 被災した子供たちに台湾へのホームステイを呼びかける立法委員の方。すでに100
 世帯が受け入れ可能なのだとか。
 そして「祈祷日本平安」という手のひらの祈りに涙しました。
 台湾から送られるまなざしは、他国には比べようもない暖かいものでした。
 有難いことです。
 翻って、亡国の内閣は、中韓の救助隊のみ、外務副大臣が空港で出迎える国賓待遇。
 大手メディアも中韓の救助隊を大きく扱うばかり…情けなく恥じ入るばかりです。
 
                                             
 ~鳥

  ブログランキングに参加しています 
   クリックが次作へのエネルギーとなります   
             よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 菅直人

深くお見舞い申し上げます

深くお見舞い申し上げます 

  逃げ惑う人と車、その瞬間までそこにあった平穏な生活、それらを
容赦なく飲み込む黒い舌。荒ぶる自然の脅威の前に「人」の無力さ、
「命」の脆さを見せつけられた東日本巨大地震でした。その死者行方
不明者は1万6千人を超えるとのこと…。被災された方、親族、知人な
ど身の周りの方が被災されたり犠牲となられ方々…深くお見舞い申し
上げます。

 地獄絵図の震災のなか奇跡的に生還された方、自衛隊、米軍などの
懸命の救助活動で救助された方も多く、そこからは「人」や「命」の強か
さの一面も伝わってきました。

 暴力装置呼ばわりされ、防衛費を削られ、人員を削減される自衛隊
と、メルトダウンした友愛脳で邪魔者扱いの米軍。彼らの姿が、何と頼
もしいことか。

 孤立した避難所に予告も無く、突然舞い降りて、救援物資を届けた
米軍ヘリ。物資を降ろし離陸するヘリに向かって、千切れんばかりに
体全体で手を振って礼を送るおばさん達、お年寄りの姿が印象的でし
た。

 余震が続き、二次災害という恐怖と向き合いながらも、献身的に現場
で救助活動に取り組む名も無き隊員、兵士の姿には胸を打たれますが、
職責とは云え、市井の人々の中にも文字通り身を捧げた方が新聞で紹
介されていました。

 人口の半数近くが安否不明となっている南三陸町で、危機管理課の
遠藤未希さんという25才の女性職員は、迫り来る津波のなか「早く逃げ
てください」と町民に避難を呼びかけ、自身が波に飲まれるまで防災無
線のマイクを握り続けたとのこと。その後彼女は安否不明なのだとか。

 ごくフツーの隊員、職員でしかない方々の献身、覚悟の尊さこそ讃えら
れるべきもの。それは、今現在、命を懸け、原発事故の最前線の現場で、
事態収拾にあたっておられる方々についても同じです。

 それに対し、福島県の災害対策本部で断続的に行われている東電の
記者会見に姿を見せず、県民に謝罪もしない東電社長。当たり散らす
だけの無能なパフォーマンスソウリなど、この国の上の人間の覚悟の
なさは目を覆うばかりです。

 ところで、厳しい状況の続く福島原発。何とかミッションが成功するよう
祈るしかないわけですが、事態の推移をみていると、全て後手後手の感
は否めず、見通しの甘さ、遅い支援体制、機能不全等々、突き詰めれば
事態をここまで悪化させたのは空菅災害対策本部の無能故でしょうか。

 原発の被害状況や放射線データなど情報開示に疑念を持たれ、疑心
暗鬼の国内。また、放射性物質の飛来が心配される米国では「日本政
府や東電は情報を隠蔽している」との声が多くなり、震災直後の同情的
な論調から反日感情が高まりつつあるとか。

 事故直後の米国側の支援申し出を「原子炉廃棄を前提にしたものは
受け入れられない」と日本政府が拒否したとも言われ、そんな対応が米
国側の不信感を増幅しているのだとか。原発の被害状況も米国の衛星
写真で先にバラサレ、後追いで現場写真を公開するなど、世界中から不
信感を持たれても当然の対応結果でしょう。

 空菅内閣の隠蔽体質は尖閣で実証済みですが、17日その空菅内閣は
震災対応の体制強化の為として、仙谷由人を官房副長官に起用すること
を決定。泣いたり怒ったり情緒不安定な空菅ソウリに、何をしているのか
存在感のないお飾り松本防災担当相。辻本、レン呆の売国喜び組みに
トドメが仙谷柳腰…。見事な菅的オールジャパン。店じまいの在庫一層
日本安売りセールの始まりです。

                                    ~鳥

ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります      
         よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 仙谷由人

前原マンセー害務大臣辞任と資金調達

前原マンセー害務大臣辞任と資金調達

 国会審議、外交政策の停滞を避けるためと言って外相辞任の決意を
説明した前原誠司前害務大臣。外国人からの献金の実態、全体像を
明らかにすることなく、ヤクザ企業のパーティー券購入と収支報告書の
虚偽記載を詳らかに説明することなく辞任。

 その辞任会見では、「在日韓国人からの献金の事実を認識していな
かった」「収支報告書に誤記載があり、処理を事務所まかせで、自らは
目を通していなかった」と述べたようですが、どうやら、避けたかったの
は国会審議や外交政策ではなく、己の責任のようです。こんな杜撰な
資金管理で、よくも小沢を責められたものかと開いた口が塞がりませ
ん。

 外国人の献金が焼肉屋のオバサン分だけなどと、到底思えるもので
はなく、大臣辞任でフェードアウトなどもってのほか。また、なりすまし
帰化議員や半島系の団体から支援を受ける議員を多く持つ民主党
はじめ、他の野党にも同類のケースがあろうことは想像に難くなく、そ
の点、前原献金の実態把握は政界全体の実態把握の端緒となるもの
と確信するものです。

 前原辞任の翌7日、枝野革マル長官は「外国籍と知らないで受け取っ
ている場合は誰にでもありえるケース。政治資金に関わることなので
必要なら国会で議論されるのではないか」と規正法の改正を検討すべ
きとの考え方を示したとのこと。また、イオン岡田幹事長は「献金をもら
うときに、いちいち国籍を確認するのかという問題がある。各党間で話
し合うことが必要だ」として、こちらも緩和に向けた姿勢を強調。

 スピード違反で捕まりながら、「制限速度が何キロかといことを知ら
なかったというのはあり得るケース。なので制限速度の引き上げを
検討しよう」と言っていることと等しく、そこには歩行者の安全のことなど
範疇になく、本末転倒な売国民主党です。守るべきものは国家の主権
であって、売国議員の身分ではありません。

 外国人の献金緩和を求める民主党ですが、その党自体も「ニダ資金」
に汚染されているようで、救い会の西岡力氏によれば、民主党の平成
16年分政治資金収支報告書には、2004年民主党大躍進パーティーの
収入として「在日本朝鮮青年商工会中央常任幹事会」から平成16年5月
17日に30万円の収入があったと記載されており、民主党は朝鮮総連か
ら30万円の支援を受けていたとのこと。国益を蔑ろにする民主党の正体
を物語る話ではありますが、パーティー収入という抜け道の問題を提起
するものでもあります。

 9日、大阪府の橋下知事は「 ( 政治資金規正法の )趣旨は分かるが、
それなら政治資金パーティー券も( 外国人への販売を) 禁止しないと筋
が通らない」と指摘。外国人の献金は緩和ではなく、このような支援に
ついても網を掛け、厳しく管理するという見直しこそ、求めらる方向性で
しょう。

 ところで、前原辞任の翌日、報道ステーションでの手嶋龍一氏のコメン
トは秀逸でした。前原外交について、何一つ具体的な実績を挙げられず
外交能力はゼロだったと一刀両断。最初は派手な打ち上げ花火でぶち
上げるものの、最後は線香花火のように尻すぼみという、前原外交の
実態を見事に言い切っておられ、気色の悪い前原擁護メディアの論調
を見事に切り捨てて、何とも痛快でした。

 生ける屍、ゾンビ空菅政権ですが、前原辞任の衝撃も覚めやらぬとこ
ろで、今度は空菅直人の側近、土肥隆一とかいうなりすまし議員の竹島
署名問題が発生。日本の竹島領有権主張中止を求める日韓共同宣言
に署名、その共同会見に同席していたとのこと。…あまりの売国ぶりに
言葉もありません。

 よくもまー次から次へと…、マンセー議員だらけの民主党には呆れる
ばかりです。

                                      ~鳥


 
ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります       
       よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 前原誠司

前原マンセー害務大臣

前原マンセー害務大臣 

 西田昌司議員、やってくれました。本当に良い仕事をされます。先日
の衆議院予算委員会での稲田朋美議員の北朝鮮関連質問に続いて、
トドメの一撃です。

 在日朝鮮人の女性から政治献金を受けていたことが暴露された
前原誠司外務大臣。国会議員が外国人から献金を受けるというのは、
公民権の停止すら問われる重大な違反行為。それを、よりによって
外交の統括責任者にそんな人間を充てていたとは…、顔面蒼白の
笑い話。

 このような人間に、国益と国益がぶつかり合う熾烈な外国との交渉を
委ねるなど危険極まりないこと。そして、こういう人間が、世論調査で、
次期首相候補NO1というのですから、最低、最悪のブラックジョークで
す。このまま居座り続けて、どの顔で他国の外相と交渉するのか。相
手国から侮蔑のまなざしを向けられるのがオチでしょう。

 民主党の中でも保守派としてのイメージで分類される一方、北朝鮮
よりとも取れる発言で、その評価が二分されていた前原マンセー外相
ですが、今回の件で売国議員としての地位は揺るぎない不動のものと
なったことでしょう。

 2009年6月、現岡田幹事長と野党時代に訪米した先で、米国の政府
関係者に「日本の拉致問題が北朝鮮の核問題解消の障害になってい
る」と発言。帰国後、救う会からそれを非難され、釈明した岡田幹事長
に対して、無視し続けた前原マンセー大臣。その後も、日本の対北朝
鮮への経済制裁について、「拉致問題が前進してしなくても北朝鮮に
支援すべき」と反対表明していた前原マンセー大臣。

 先日の衆院予算委員会では稲田議員が前原ー北朝鮮関係を厳しく
追及。1992年の京都府議会議員時代と衆議院議員として3選していた
1999年の2回にわたって北朝鮮を訪問していたとのこと。地元京都の
繊維会社が1997年に北朝鮮への工場進出を計るに当たり、朝鮮総
連を通じて斡旋したのが前原大臣だったとみられているようで、なか
なかディープな関係をお持ちのようです。

 北朝鮮に優しく拉致被害者に厳しい、拉致問題に否定的な姿勢、半
島との関係などからみると、外務大臣が適任かどうかなどというレベル
を超え、スパイ行為などなかったのかという疑念さえ生まれてきます。
何れにしても、現時点で明らかになっている事実だけでも、彼の外務
大臣などという役職は不適切なものであるか。早急に辞任すべきです。

 民主党の岡田幹事長は、「金額が小額で、事務所のミスでは」と事件
を矮小化し、外務大臣辞任の必要はないと擁護しているようですが、本
人が調査結果も出していない時点で、軽々に言うべきことではないでしょ
う。むしろ、調査を本人に任せるのではなく、党自体が調べ、自浄能力
を証明すべきところ。全く反省すらない姑息な政党です。

 献金の行為が故意でなければ罪に問われない、ということで前原マン
セー大臣は、「献金を受けている認識はなかった」と言っているようです
が、古くからの知人で、大臣室にまで招き入れ、一緒に記念写真まで
撮るほどの関係にありながら、見え透いた弁明は見苦しいばかりです。

 ところで、この件について、野党自民党の谷垣ソウサイは、4日夕方、
「まず事実関係がどうなのか説明責任を果たしていただくことだ」「( その
うえで外相辞任の) 必要があるかもしれない」と記者団に述べたとのこ
と。なんとも締りの無いコメントで、発言者の名前を伏せれば与党のもの
かと見紛うばかり…。否、同じ与党でも小沢系の議員のほうがもっと厳
しい声でしょう。

 これでは、せっかくの有能な自民党議員の苦労も浮かばれず、国民の
支持拡大に水を差すばかりです。自民党は早急に手を打つ必要がある
ことを自覚し、危機感をもって対処してもらいたいものです。

 因みに、個人的には、石原慎太郎都知事の自民党復帰を軸にした
政界再編でも起こればおもしろいと思うのですが…。

                                      ~鳥


ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります      
       よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 前原誠司 民主党

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。