スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルアル調査隊の放射線調査

アルアル調査隊の放射線調査 

 今月16日、中国国家海洋局が、原発事故の影響調査のため西太平洋
へ調査船を派遣すると中国メディアが報道。調査海域は沖ノ鳥島がある
日本のEEZ内と見られていたため、この調査に対し枝マメ官房長官は、
「情報収集と監視に万全を期す」と記者会見で発言。

 先だつ今月8、9日にも、過去最大規模の海軍艦船11隻で沖縄近海を
通過させるというデモンストレーションで無能民主党政府にプレッシャーを
かけていた中国ですが、今回の調査でも、国連海洋法条約にあるEEZ内
の沿岸国への事前連絡制度を無視し、中国政府は日本政府に連絡せ
ず。舐め続けられる空菅民主です。

 驚いたのは、その後23日に、海保の巡視船が日本のEEZ内である宮
城県沖で調査活動をしている中国の調査船を発見。「公海上で海洋環境
調査のため採水している」と主張する中国船に対し、日本側が中止を要
求したところ、EEZ外に出て行ったのだとか。沖ノ鳥島どころか、堂々と
宮城県沖まで乗り込んでくる中国。他人の家にあいさつもなく、玄関どこ
ろか居間にまで上がりこむ傍若無人な振る舞いには、日本政府の姿など
眼中にないようです。元々、頭の中から国境線が消えてしまっているアホ
政府では相手になりようもなく、この政権が君臨する限り、こういう事態は
くり返されていくことでしょう。   しかし、ベトナムは違いました。


 ガンバレ ベトナム
 アジアで最大の経済力と軍事力をバックに海洋権益の確保に余念が
ない中国。とりわけ最近の動きには、目に余るものがあります。

 今月9日、ベトナム国営石油会社の探査船バイキング2号が、ベトナム
のEEZ内で石油資源探査中に、中国漁船によって探査ケーブルを切断
されるという事件が発生。中国漁船は危険な航行で探査船を妨害し、意
図的に探査ケーブルに突っ込み、切断に及んだのだとか。このとき、中国
の漁業監視船2隻が中国漁船を援護していたということで、事件後切断
したケーブルがからんだ中国漁船は、すぐに監視船が救助したとかで、
その計画性が指摘されています。バイキング2号への妨害は、それ以前
の5月29日、31日にもあったとかで執拗に付け回っていたようで、南シナ
海の地下資源に対する中国の、並々ならぬ執着が見て取れます。他国の
EEZどころか、そこで逆に、主権国の探査船をも襲う中国。ベトナム
石油が欲しいとなったら、手段を選ばないパイレーツチャイナです。

 強欲中国は先月下旬、南シナ海での油田開発のため、中国最大規模
の海底油田掘削装置を製造、今秋にも同海域へ投入の予定とか。この
掘削装置はその大きさから「海洋石油空母」と評されているのだとか。
掘る気満々の中国…。

 一方、ケーブルを切断されたベトナムでは中国への反発が強まり、先月
末以来、4週連続の反中デモが発生。ベトナム市民は中国産農作物を
ボイコット、中国産の輸入量が大幅に減少しているのだとか。ベトナム政
府も13日に南シナ海で実弾射撃訓練を実施。また、ベトナム海軍、米海
軍合同の海上訓練の実施を検討しているとかで、怯まず、中国を牽制
しています。クラゲのような日本の政府と違って、背骨がしっかりしている
ベトナム。羨ましい限りです。頑張れベトナム。

 ところで、ベトナムといえば昨年秋、日本企業への原発発注を首脳会
談で合意し、あらためて日本との協力関係を強化する意向を表明してい
ました。しかし、その後の福島原発の事故で契約の行方が危ぶまれて
白紙かとの憶測もあった中、ベトナムのチュオン・タン・サン次期国家主
席が「2基の原発建設を日本企業に発注する方針に変わりはない」と
表明。

 チュオン・タン・サン氏はベトナム共産党の知日派の代表格で、日本政
府が1990年代前半から、将来の指導者として関係構築に努めてきた
人物なのだとか。 

 ベトナムは高速鉄道の新幹線方式の採用や、宇宙開発分野でも日本に
支援を要請。自然災害に対する衛星による観測システムの構築に日本の
協力を求めているのだとか。日本との協力関係強化に揺るぎりのない
姿勢をみせるベトナムですが、この国のODAは日本が最大の支援国と
のこと。今現在も中国に払っている、無意味どころか弊害ですらあるODA
を即刻中止し、その分をさらにベトナムに振り当てるべきでしょう。

 東アジアにあって、経済、安全保障において、こんな頼もしい国こそ、
一層の関係強化が望まれるところです。

 中国漁船の妨害についてベトナムのグェン・ミン・チェット現国家主席は
「今日の祖国を得るために、何世代の血の犠牲があったか。だからこそ
私達は、祖国を防衛し、海と島を守るために全てを捧げる覚悟がある」と
表明。

 なめられっ放しの空菅政権に主席の爪の垢でも飲ませたいところです。

                                        ~鳥


ブログランキングに参加しています   
    クリックが次作へのエネルギーとなります     
                 よろしければクリックお願いします。

 
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 ベトナム

居直る詐欺師カンの訪問販売

居直る詐欺師カンの訪問販売 

 何がそんなに嬉しいのか? 15日、国会内で開かれた再生可能エネ
ルギー促進法に関する集会で「国会には菅の顔を見たくないという人が
結構たくさんいる。それならこの法案を早く通した方がいい。その作戦で
いきます」と、満面の笑みで挨拶した官邸の瓦礫空菅直人ソウリ。瓦礫
の顔を見たくないという人は、何も、国会だけではないのですが…。訪問
した被災地の住民からも「ペテン師は早く辞めろ」と野次られるソウリで
す。

 メルトダウンした脳ミソに浮かんだタダの居直りを、「作戦」などと得意
げに話す姿には、一国の宰相としての威厳も誇りもありません。国会を
舐め切った、こんな瓦礫が日本のリーダーて゜いることこそ、日本にとっ
て最大不幸です。

 シブトイのか恥知らずなのか、国民的な課題となった瓦礫ソウリの退陣
問題ですが、本人にとってはどこ吹く風と、二次補正はおろか3次補正予
算まで口にする始末。このままいけば、気がついたら2年後の任期満了
だったというぐらいの勢いで、意外と本音だったりするのかも知れません。
…まあ、さすがにそれはないとしても、この期に及んで内閣改造という話
があったり、脱原発を争点にした8月解散説とか、なりふり構わぬ延命策
に余念がないのは間違いないところ。

 そんな居直りペテン師は、内閣不信任案を否決し、延命のための目下
の障壁は民主党執行部ぐらい。しかし、その執行部は先週予定されてい
た両院議員総会も開けない無能ぶり。今週にずれ込み、開催予定とか。
ところが、その総会についても岡田幹事長は、会議の紛糾を恐れ、空菅
ソウリの欠席を画策しているのだとか。

 また、党役員が辞表を出して総理と刺し違えるとの案も検討するも「首
相か゜『ご苦労さん』と受け取られたらそれで終わりだ」とあきらめのムード
なのだとか。さすがヘタレ民主のへタレ執行部、己の身を捨てる覚悟も
なくて、刺し違えるなどと言えたギリか!…と、吉本なら速攻のツッコミ
ものでしょう。瓦礫ソウリも笑いが止まらないはずです。

                                     ~鳥

ブログランキングに参加しています   
   クリックが次作へのエネルギーとなります       
        よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 菅直人

ペテン師総理の延命大連立

ペテン師総理の延命大連立 

 内閣不信任案否決の後、辞任発言を否定し笑顔の続投宣言をした
菅直人ソウリ。その後、幹部連中は手のひらを返したように変節し、
菅辞任へと方向転換。ペテン師がペテンに引っかかったようで、詐欺
集団の詐欺合戦。見るに耐えない三文芝居の民主党です。

 辞任否定から原子炉の冷温停止、年末、9月、8月…と徐々に辞任
包囲網を狭められる空菅ソウリですが、この期に及んでも、自ら辞任
時期を明言しない図太さには、閉口するばかり。驚愕の無神経です。

 しかし、今週後半に開催が予定されている民主党の両院議員総会
では、ペテン師ソウリの早期退陣コールの嵐が巻き起こるのは必至
とみられ、この総会が辞任の大きな一つのヤマ場となるとの見方も。
また、執行部への批判も相当予測され、怒号飛び交う修羅場となる
のではと期待に胸膨らむ注目の両院議員総会です。

 辞任サギで性根の卑しさを見せつけた空菅でしたが、彼のクビを手
土産に野党との大連立で執行部の延命を図ろうと寝返る仙谷、岡田、
枝野ら幹部連中の卑しさはそれ以上か。ポスト菅に向けて取り沙汰さ
れている名前には、野田、鹿野、海江田らの現閣僚が堂々とランクイ
ン。さらには、仙石、馬渕の問責組まで名前があがり、全く反省の色が
ない詐欺政党民主党です。保身という政治理念しかなく、反省も出来
ないサル以下の政党と大連立を組んだところで、責任を押し付けられ、
足を引っ張られるのがオチでしょう。連立云々の前に、政治家、政党
としてのモラル、資質、資格にかける民主党ですから。

 ところで、8日夜、民主党の若手議員約20人と都内の中華料理店
で会食した空菅ソウリは、「1日でも長く続けたいなどという気持ちは
全然ない。むしろ清々するくらいだ」と言って、さらに、辞任後は「ヒマ
になるかもしれない」「またお遍路に行く」と宣言したのだとか。

 メルトダウン、メルトスルーという原発事故の実相や、大量に放出さ
れた放射性物質による高レベル被曝の危険を隠し、SPEEDIの拡散
予測データを公表しなかった原子力災害対策本部。その隠蔽政府の
誤った避難指示により、放射線量の低い地域から、ワザワザ高い地
域に避難してしまい、大量の放射線被曝にあってしまった住民の方も
多いのだとか。
 
 政府によって無用の放射線被曝にあってしまったワケで、こうなると
事故ではなく、空菅内閣による傷害事件。ペテン師ソウリは「お遍路」
に変身し、放射能汚染から身を守るため四国に逃げようとしているよ
うですが、辞任後、彼が行くべきところは四国ではなく福島でなければ
なりません。そこで足枷をはめさせ、放射線が出放題の瓦礫処理に
あたらせるべきでしょう。

                                    ~鳥

ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります        
     よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 菅直人

ペテン師総理の延命秘策

ペテン師総理の延命秘策 

 2日の内閣不信任案決議から今日に至るまでの混乱、そこで見せつけ
られた菅政権の卑しさは、形容する言葉につまるほど醜悪なものでした。
退陣のたの字もない確認書を信用させ、ルーピーから不信任案否決の
発言を引き出させ、結果、大差の否決。すると一転、退陣など言っていな
いのだと否定した空菅ソウリ。メディアが勝手な解釈しただけと強弁を繰
り返し、コケにされたメディアは、鳩山、野党、小沢派らと一斉に「退陣詐
欺」の集中砲火。形勢不利と見るや、やっぱり退陣の意向なのだと空菅
政権幹部。しかし、当の本人は沈黙したまま。

 マニフェスト詐欺で政権の座にありついた民主党らしい退陣詐欺騒動
ですが、この安っぽいシナリオは枝野、仙谷、岡田らの政権幹部の合作
なのだとか。空菅も最悪ですが、それを支える連中は極悪。こんな政治
手法がまかり通ると考えて、真顔でシナリオを書いたと思うと、笑いを超
えて背筋に冷たいものを感じます。彼らの思考回路は「売国」と「自己保
身」の二点でしかプログラミングされていないのでしょうか。

 不信任案否決直後、退陣を否定していた幹部連中ですが、その後、世
論や党内の厳しい批判にあって、遅くとも8月までには辞任との認識に方
向転換とか。

 あれほど退陣を否定していた岡田幹事長などは、「(空菅ソウリ退陣後
は)期限付きの大連立が望ましい」「その場合『第一党』が首相を出すの
が基本だ」「辞める時期が来ても首相が辞めないときは、最後に『辞めて
ください』と申し上げるのが幹事長の仕事だ」などと記者に語ったとのこ
と。臆面もなく前言を翻し言える立場なのでしょうか。青森知事選では、
また大惨敗をくらって、ソウリより早く辞めなければならない幹事長が、
なんで進言できるのか。ソウリの首より自分の首を洗っておいたほうが
よい連敗幹事長です。

 早期退陣で固まる周辺に対し、沈黙の空菅ソウリ…。4日、空菅ソウリ
と会談した石井一選挙対策委員長(…党の地震対策副本部長でありな
がらフィリピンて゜ゴルフやってて、そのことを指摘されると居直ったもの
の、結局、責任をとり辞任したオッサン…まだ選挙対策委員長だったと
は…)によると、空菅ソウリは二次補正、赤字国債発行法案などを「やり
きる」と強調したとかで、今月22日までの通常国会の会期を相当期間延
長することは間違いないとの認識を示したとのこと。事実とすれば、本人
は、辞める気などサラサラないのでしょう。

 野党、与党、そして幹部までが早期退陣に固まり、逃げ場のなくなる空
菅直人ソウリ。退陣表明が既成事実化してまった今となっては、伝家の
宝刀、解散権を行使することも適わぬこととなり、どうせ、こんなことなら
不信任案可決で、ヤケクソの解散宣言でもしてみたかった…などと後悔
の念に駆られているのやも知れません。

 しかし、3月11日、外国人からの政治献金問題で辞任の一歩手前に
ありながら、大震災でピンチを免れた悪運の持ち主空菅ソウリだけに
再度、その強運が廻ってくる可能性は「ゼロ」ではないのかもしれません。
本震から3ヶ月目にあたる今月にも発生が警戒されている最大余震。
ここで、M8クラスの余震でも発生すれば、再び政治休戦という展開は
ありうる話か。最大余震が政権延命の残された可能性なのかも知れま
せん。
(…半分冗談で書いてますのであしからず…)

 何れにせよ、6月末などと悠長なことを言ってないでサッサと早期退陣
を迫っていくことが肝要かと思われます。

                                      ~鳥


ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります       

    よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 菅直人 退陣詐欺

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。