スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野田佳彦財務相の1回目のプロポーズ

野田佳彦財務相の1回目のプロポーズ 

 「なるべく強い絆の中でやっていくことが日本のためだ。101回でも
プロポーズしていきたい」。今月18日、千葉市で行われた講演会で、
かつての恋愛ドラマのタイトルをもじって、野党との大連立を強調し
野田佳彦財務大臣です。

 アホ菅が、やっとカンネンしてめでたく辞任の運びとなり、盛り上が
る民主党。その一方で、日本経済は超円高の未体験ゾーンに突入
の大混乱。その政策対応の責任者というポストにある財務大臣が、
有力な次期首相候補というのですから皮肉なものです。

 民主党のなかでは最も保守系と目される野田氏ですが、先日も
「A級戦犯と呼ばれた人は、戦争犯罪人ではないという考え方に変
わりはない」という発言が韓国メディアに取り上げられ、批判の嵐を
巻き起こしてくれました。反日メディアのバッシングなど保守の本望
といったところですが、そうまで言っておきながら、自身は靖国参拝
をしないというのですから、そこは保守といってもやはり民主党とい
うことで、彼の限界を見たおもいです。

 本当は自民党から立候補したかった彼ですが、長い売国政党暮ら
しで思想も腐ってしまったのか。自民との大連立は心から望んでの
ものだったのかもしれませんが、あっさり拒否され、自民党の小池
議員などからは「102回目でも断る」と言われる始末。

 当初、本命扱いだったそんな野田氏も、前原誠司前外相の出馬
表明で、一気に対抗馬…どころか、出走さえ危ぶまれる状態に。代
表選出馬に必要な推薦人20名を集めるのに四苦八苦なのだとか。
国民からそっぽを向かれ、次回選挙での落選に怯える民主党議員
の多くが、人気ランキングトップの前原前外相に騎乗へとなびいて
おり、「前原総理」誕生はほぼ確定でしょうか。マンセー、マンセー
マンセー前原の歓喜の声が半島にコダマするのでしょうか。

 焼肉献金も曖昧な説明で消化不良。北朝鮮とのディープな繋がり
についても、これから本格追求というところでの外相辞任。それが
なかったかのように党代表に名乗りを上げる節操のないマンセー
前原とそれに乗る民主党。

 今年3月4日の参院予算委員会で「なぜ不法占拠と認めないのか」
と、竹島について、自民党の山本一太氏の質問に対し、「法的根拠
のない形で支配されているとくり返して、「不法占拠」という言葉を頑
なに拒んだマンセー前原。

 「拉致問題が北朝鮮の核放棄の妨げとなっている」と言って、拉致
問題に冷たい彼は、原稿を見ないまま韓国語でスピーチができるの
だとか。さすが、半島と繋がりが深い方は、ベースがしっかりされて
います。日米同盟を肯定し、中国脅威論を説き保守的な側面を見せ
る前原氏ですが、彼の反中的姿勢は、もしかすると、日本ではなく半
島の視点にたったものなのかも知れません。

 国民受けの良いマンセー前原に、党勢復活をかける民主党に対し、
警戒感を強める野党、自民党ですが、先日の鬱陵島訪問騒動で、自
党の議員3人を突き放した対応する谷垣総裁では、早晩、支持率逆
転でしょう。存在感もリーダーシップも見えない、調和だけが取柄の
ようなトップで危機感のない自民党。

 B級グルメ戦と揶揄される民主党代表選ですが、野党には余裕など
ないはずで、体制の転換を図らなければならないのは自民党も一緒
です。

 何れにせよ、民主党の政権たらい回しはカンベンしてもらいたい
ものです。それを言っていたのは、他ならぬ民主党自身ですから。

                                   ~鳥

 
ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります        
           よろしければクリックお願いします。

 
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 野田佳彦 前原誠司

正しい地理 左巻高校編

正しい地理 左巻高校編 日本海と東海 

 「日本」の二文字を見ると、アドレナリン出まくりの韓国ですが、地図
上の「日本海」という地名にも痛く反応し、どうしても受け入れることが
できないようです。日本海ではなく「東海」などと、取ってつけた地名に
変更しようと、世界中が迷惑する活動を続けるアンポンタン国です。

 他国の教科書、地図、報道から、記念碑にいたるまで、そこに「日本
海」の文字があれば、政府、民間を問わず国を挙げて執拗に「東海
への表記変更を迫る。時にはサイバーテロを仕掛けるなど、手段を選
びません。国際的に認知された地名にも関わらず、あらぬインネンを
つけて、自国のエゴを他国に強要し、変更するまで執拗に抗議活動を
繰り広げる。まるでヤクザの押し売りと一緒。

 韓国は「東海」に正当性を持たせようと、欧米の図書館を訪ね古地
図を調査。そこで見つけた、僅かばかりの自国に都合のよい表記や、
また、それと拡大解釈できる表記がされている地図を集め、過去「東
海」という地名が一般的だったと主張。全体数の分母を隠した水増し
結果を見せて、正当性を主張する調査など、中国の新幹線以上に信
頼できない、バッタもん「東海」です。

 そんな中、米国があらためて「日本海」の単独表記を支持し、国際水
路機関に、その旨の意見書を提出とのこと。韓国のバッタもん押し売
り大作戦は頓挫することとなり慶賀の至り。大ショックの韓国国内では
外交不在」を嘆くマスコミに、政府は「米国が一方的に日本の肩を持っ
ている」と反発し、「バランスをとって日本海、東海を併記すべき」と米
国政府に申し入れたのだとか。正当性を主張するならまだしも、肩を
持つだのバランスだのと、目を覆うばかりの浅はかさを露呈するバッ
タもん押し売り韓国です。

 収まりのつかない韓国は、「東海」を捨てて、今度は「韓国海」で押し
売りを検討中なのだとか。「東海」という曖昧な名称を付したところで、
自国に、さしたる実益をもたらすものでないということで、「韓国海」の
方が、より国際社会にアピールし説得力を持つとの考えからとか。

 「日本海」の名称を否定する理由の一つに「国際的な海に特定の国
の名称をつけるのは相応しくない」と言っていた韓国ですが、「韓国海」
なら良いというのですから、自己矛盾も甚だしいばかりで、やはり頭の
回路が、どこかショートしているようです。

 今日17日から20日まで、カナダにおいて、東海呼称に関するセミナ
ーを、東海研究会なる韓国の社団法人が開催とのこと。出席者には
国連の地名標準化会議の下部組織の副議長やオーストリア地名委
員会委員長ら、12カ国40名の地名専門家が出席の予定なのだとか。
そこで集約された意見は「東海」の正当性を裏づけるものとして、来年
開催の国際水路機関などに提出の予定なのだとか。

 まったく懲りないコリアです。

                                   ~鳥

ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります       
           よろしければクリックお願いします。

 


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 東海 韓国

平沢勝栄ギインと鬱陵島へ行って委員会辛坊治郎

平沢勝栄ギインと鬱陵島へ行って委員会辛坊治郎 

 新藤、稲田、佐藤議員らによる鬱陵島訪問計画は、法治国家として
体を為していない韓国の実態を曝け出すこととなりました。無法国家
韓国の。

 三名の訪問計画について当初は、「身辺の安全上の憂慮がある」と
して、警護サボタージュで入国拒否の意向を示し、実際の入国に対し
ては、「韓国の国益、公共の安全を害する行動をとる恐れがある」と
テロリスト扱いで入国拒否。立場を逆転させました。

 議員たちに、何かそれに類する犯罪歴があるワケでもなく、勝手な
妄想での入国拒否。公共の安全を害していたのは、空港に集まった
民衆で、議員たちの写真を焼き、棺おけまで用意したり、唐辛子をぶ
ちまけたりの騒ぎを起こすありさま。加害者と被害者を取り違えてい
韓国政府です。ふと、気になったのは、先の話ではありますが、こ
んな国で冬季オリンピックをやるのかと思うと、気が滅入るのでした。
そのうち、韓国に入る日本人は、竹島に対する思想チェックをパス
しなければ許可しないとか言い出したりするのかもしれません。

 国家観のない民主党政権を見透かすように、不法占拠の竹島の実
効支配を強める韓国ですが、竹島から北西1キロの日本領海内の
海上に2013年竣工予定で「総合海洋科学基地」の基礎工事に着
手。最近では竹島に建てていた住民宿泊所を、2階建てから4階建
てに増改築したとか。そこに、新たな居住民を、鬱陵郡民のなかか
ら選抜するとのこと。そして、それを聞き、全国から入居希望者殺
到なのだとか。かつて、島に設置した汚水浄化施設が機能せず、
糞尿垂れ流しが問題となっていましたが、その問題は解決された
のか? 勘違いしていた島を自国領として「ウソ」で塗り固めた竹島
ですが、今度は糞尿で塗り固めようというのでしょうか?

 さらに強気になる韓国は、8月12日に国会の委員会開催を竹島
渡って行うことを計画中とか。さらに、メドべージェフの北方領土訪問
に習って、イミョンバクの竹島訪問を画策しているのだとか。3名の
鬱陵島訪問には、それを牽制するという見方もあるようで、何れに
せよ「やればやり返す」のが外交。心強いのは平沢勝栄先生が第
二陣の鬱陵島訪問を計画されているとのこと。当初は、3名と同行
する予定をドタキャンした先生ですが、その理由となった公務の内容
は明らかにされていません。今度こそ、逃げずに訪問され、韓国の
民衆を熱狂の渦に巻き込んでもらいたいものです。念のため、刺さ
れても大丈夫なように防刃服の着用は絶対でしょうか。

 ところで、韓国にまつわる話題が引きをきらない昨今ですが、とりわ
け俳優の高岡蒼甫氏によるフジテレビ批判については、ネットで大き
な共感を呼び、ついに昨日、お台場で、デモまで行われたとか。国旗
国歌を映像から外したり、韓国ヨイショ番組が目に余る編成内容に
怒り炸裂。

 「公共財である日本の電波」という軒を借りて商売をしているという
立場を忘れ、自らをオピニオンリーダーと勘違いし、民主党政権誕生
の旗振りをしたマスメディアにとって、当然の報い。綺麗ごとだけ並べ
て、都合の悪いことはノータッチで、今回のデモもスルー。韓国の芸
人を育てるカネがあるなら、日本の芸人こそ取り上げるべき。それ
が、日本の文化を育てることにもなるわけで、そこに公共財を使っ
ている責任があるはずです。

 「韓国との外交関係を崩してまでやる事か」と3人の議員の行為を
批判した辛坊治郎というキャスターも、そんな思いあがったマスメデ
ィアの一人なのでしょう。「3人は大バカ者、コシヌケ」と悪し様に切り
捨て、「自分なら船を借りて、直接、竹島に行く」と豪語。色々な計算
の上での発言なのでしょうが、出来もしないことを、そこまで言うのか
と目が点になってしまうコメントでした。

 民主党を持ち上げ、現政権の道を開いたことが、現在の竹島占拠
強化の遠因の一つになっていることを反省すべきマスメディアです。

勝手に建てた竹島の民間宿泊施設↓
1 

ブログランキングに参加しています 
   クリックが次作へのエネルギーとなります         
         よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 韓国 竹島

ピンチはチャンスのアトラクション新幹線

ピンチはチャンスのアトラクション新幹線 

 世界最速を売り物にした中国のパクリ新幹線でしたが、開業からトラ
ブル続きで、先月23日、ついに多くの死傷者を出す追突、脱線事故を
起こしてしまいました。重大事故の発生も、世界最速?のパクリ共和国
です。

 6月末の開業から、暴風雨による架線の故障で電力供給が止まり、
車両が立ち往生、パンタグラフの故障で臨時停止、車両のけん引シス
テムの故障で車両交換、等々運行トラブルを多発させていたパクリ新
幹線でした。

 この事態を受けて中国鉄道省は、車両を製造した国有企業の中国
南車、北車に緊急点検を指示。また、沿線の鉄道設備についてもチェ
ックを開始。さらに、トラブルが起きた場合に早急に解決できるよう、
事故対策マニュアルの再確認を始めたところだったとか。その直後の
重大事故で、なんとも絶妙なタイミングで立場のない鉄道省です。

 事故対策マニュアルの再確認の成果なのか、生存者の捜索を事故
発生から5時間で打ち切り、先頭車両をつぶして埋めるという、目が点
になりそうな事故対応のおかげで、1日半で運行再開。こちらも世界最
速のスピード解決?

 死者40人、負傷者200人近くにのぼる大事故でしたが、この数字も
怪しいものなのだとか。当時の車両は、ほぼ満員で落下、脱線した6両
の車両には1車両100人、計600人の乗客数がいたものと思われ、当
局の発表数値と大きな差があり、隠蔽疑惑が囁かれているとのこと。

 捜索が打ち切られた撤去作業中の事故車両の窓越しに、人の手足
が映りこんだ映像が投稿されたり、撤去作業のため切断中の車両から
女児が発見されたりと、それを裏付けるような話もあって疑惑はつのる
ばかりです。人命を軽く扱う「中華的事故対策」といったところでしょうか。

 事故原因については、信号システムの欠陥が一因といわれ、今回の
信号システムを納入した国有企業「中国通号」は、別の納入先でもトラ
ブルを引き起こしているとのこと。先月28日、上海市の地下鉄で逆走
事故が発生。これも、この企業のものだったとか。

 中国は、車両と電機品の技術を日本からパクルも、運行管理、信号
システムについては自前だったり、欧州メーカーと組んで開発してきた
のだとか。事故原因とされる今回の信号システムについても中国通号
の傘下グループとフランスメーカーが絡んだ開発品とのこと。いくら欧
州組と組んだところで、人命や人権という言葉が理解できない方達に
は、事故車両を埋めることができても、システムの欠陥は埋めることの
出来ないものでしょう。

 パクリ新幹線は、事故後、利用者が激減し、採算悪化で今後の整備
計画にも影響必至なのだとか。国外輸出どころではない状態で、こうな
ったら、交通機関としてではなく、ロシアンルーレット並みのスリル感の
味わえる「アトラクション」として売り込みされるのが宜しいかと思われま
す。

 しかし、「高速鉄道の車両技術は事故とは関係ない」と豪語する中国
は、パクリ新幹線の輸出を諦めていないようで、アメリカGEと組んで車
両を製造し、カリフォルニアでの受注を目指し、ブラジルなどへも検討
しているのだとか。事故前には、マレーシアへ228両の高速車両を納入
する、初の輸出契約を結んでもいたようで、影響を抑えるための事故
隠蔽でもあったのでしょう。車両輸出の際には、それを埋めるショベル
カーなどの重機も、もれなくプレゼントの特約でもつければ、より中国
らしいのですが…。

                                     ~鳥

 追、鬱陵島視察のため、韓国を訪問した自民党の新藤、佐藤、稲田
   議員がテロリスト扱いで入国を拒否され、追い返されたとのこと。
    売国民主党の無能に付けこんで、やりたい放題の韓国に対して、
   よいプレッシャーになったことでしょう。汚れ役もいとわれない稲田
   議員が、頑張っておられます。反日になるとアドレナリン出まくりの
   方々に写真を踏みつけられる彼女は、やはり本物。いずれ「時代」
   が彼女を欲するときがやってくることでしょう。それにしても、谷垣、
   石原の現執行部には失望するばかり。こんな民主党の2軍のような
   執行部で政権復帰されても、どうなんでしょう。いい加減、自覚して
   もらいたい自民党ですが、やはり、大再編しかないのか…。

ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります       
               よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 新幹線 中国

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。