スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党議席防衛大臣 一川保夫

民主党議席防衛大臣 一川保夫 

 「自分は日本との連帯を示すため、被災地( 福島) を訪れないわけ
にはいかなかった」「ブータンは日本に対し敬意と友情を有しており、
東日本大震災では大変ショックを受けた。今回、自分は、国民、政府
を代表して、福島の皆さんと同じ空気を吸い、同じものを食べることで
福島が安全であるということを世界に伝えることができるだろう」…
今回のブータン国王夫妻の来日より遡る今年9月に来日されたティン
レイブータン王国首相が訪問先の福島で残されたコメントでした。

 17日、衆院本会議で演説されたワンチュク国王の言葉も、日本に
対する慈愛と親愛に満ちたもので、多くの日本人は胸を打たれ、その
演説に涙する議員もいたとか。

 昭和天皇の大喪の礼に訪日された、4世の前ブータン国王は、2月の
冷たい雨の中、薄着の民族衣装で参列。コートの着用を勧められても
無礼になるからと、そのままの正装で通したとか。

 かくも親日で凛としたブータン王国。通貨防衛のため5兆円を超える
「円」の融通に感謝の言葉もないキムチ民国や、弱り目とみて爆撃機
を周回させる資源成金のロシア、領海侵犯をくり返すアルアル狂和国
などと比べれば、見掛けは小国でも、その精神性は大国のブータン王
国なのです。
 
 そんな国の、熱いまなざしに答える日本であってほしいところなのです
が、相変わらずなのが民主党のクズ議員で、ブータン国王夫妻を招い
ての宮中晩餐会を川端達夫、山岡賢次、細野豪志、一川保夫の4閣僚
が欠席。体調を崩され入院されている天皇陛下に代わって皇太子殿下
が国賓を迎えるという特別な状況を考えれば、欠席などありえないこと。

 なかでも、あろうことか一川保夫防衛大臣は、同党の参院議員の政治
資金パーティーに出席し「宮中の催し物より、こっちが大事だ」とあいさつ
したとか。国家より党を、国務より党務を優先する、いかにも売国政党ら
しいあいさつ。さすが、国旗を切り刻んで党旗にする党は違います。

 自らを安全保障のシロートと言ってハバカラナイアホ大臣の度重なる
失言にも、「パーティーでの発言は軽率だったと思うので厳重注意したが
厳しい指摘も踏まえながら、きちっと職責を果たしていただきたい」として
更迭を否定した野狸。…パーティーの発言以前に、晩餐会より政治資金
パーティー出席したこと自体を反省できない民主党。政治資金パーティー
と言いながらシャブパーティーでもやって頭がラリっているとしか考えられ
ません。
                                  
                                    ~鳥



 
ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります       
                よろしければクリックお願いします。

 

KIRAさんありがとうございます。鳥
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 一川保夫

となりのTPP 売国行き野狸バス

となりのTPP 売国行き野狸バス 

 反対派にも配慮しながら、「交渉参加に向けて関係国と協議に入
る」と、回りくどい言い回しで、ついに、前のめりの一歩を踏み出した
野狸ソウリ。それも、国会での表明を避けながら…。さすがに国外で
はなく国内で発表したあたりは、社民党の福島党首の念押しにでも
怯えたからでしょうか? 何れにしても、議論を避け、逃げ腰民主らし
い独裁政治。国内を二分する問題を、あっさり決めてしまいました。

 日本にとって「益」少なく、「害」多い通商ルールであることは多くの
方が発信しておられ、毒素条項など、その実体が知られるところとな
ってきました。21分野の交渉は、何れも米国主導で進められてきた
TPP。そのルール作りに関与できるものと、野狸政府は思っている
のだとか。 また、「日本が米国とアジアの間に入り、時には先頭に
立って米国に注文をつけてほしい」とアジアのTPP交渉担当者も、
参加表明した日本に期待を寄せているのだとか。

 今年9月の首脳会談でオバマ大統領から「TPPに関する私の立場
は分っているだろうな」と凄まれたドジョウには無理な注文というもの
でしょう。

 元々、社会経験のない、口先だけの政治家気取りの松下政経塾の
人間に、修羅場の交渉を仕切る胆力などあるはずもなく、期待する
だけムダ。自由貿易のルール作りといったところで、各国とも自国の
経済にとって、いかに有利なものにするかということが大前提の交渉
で、そのルール作りのリーダーシップを民主党がとるなどと考えただ
けで、鳥肌が立つくらい寒気がします。

 医療、食糧といった国民の生命、ライフラインに関わる分野と工業
品などを同列に扱い、原則、例外なしの経済ルールをはめようという
こと自体がムチャな話。安全保障などの視点が一顧だにされていない
ところに危うさを覚えます。

 それを、頭の中から国境が消えてしまって、自称地球市民のオメデ
タイ民主党の方々が、その交渉にあたるのですから、益々、寒気は
増すばかりです。安全保障という視点が民主党にないことは尖閣問
題で、すでに立証済みなのです。

 ノコノコとTPPのテーブル着いても、狸汁か柳川なべで、いい様に料
理されるのが関の山と思われます。

                                   ~鳥


ブログランキングに参加しています   
  クリックが次作へのエネルギーとなります        
         よろしければクリックお願いします。

 

 諸般の事情で、エントリーの間隔が空いてしまいました。その間も期待し、訪問
 いただきました皆様に感謝でいっぱいです。ありがとうございました。徐徐に落
 ちつきつつありますので何とかエントリーを増やしていきたいと思っています。
 引続きよろしくお願いします。~鳥

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : TPP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。