スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番長は誰だ! 左巻高校編

番長は誰だ! 左巻高校編 

 「言うだけ番長」などと書かれたことに腹を立て、産経新聞記者の
定例会見出席を拒否した前原番長。最初は威勢が良いが、不利に
なったり壁にぶつかるとケツをまくるお気楽な性格を、見事に言い当
てられたことが、余程癪に障ったもよう。「言うだけ番長」でなければ、
尻すぼみ前原といったところでしょうか。ケツの穴の小ささは証明され
たことですし…。

 批判されることが嫌なら政治家になどなるなということなんですが。
事実と反するでたらめな記事で人格を貶められたというのなら、名誉
毀損でも何でも裁判で訴えればいいこと。定例会見の出席拒否とは
…子供でもあるまいし。

 自分の都合の悪いことを言わせないように、言論統制しようとする
なら、それは北朝鮮と変わりないこと。その北朝鮮は周辺国に対して、
いつ戦争を始めるのかというぐら、いつもオドロオドロしい言葉で威嚇
するのが常で、云わば、さらにタチの悪い「言うだけ番長」。半島にシ
ンパシイを感じている前原番長ですが、こんなところに思わずルーツ
を覗かせてしまったのか。

 有言不実行なのは前原番長に限らず民主党の体質でもありますが、
それは、政治家としての覚悟のなさに起因していること。その点、現在
注目の、名古屋市の河村市長の「南京発言」ですが政治家としての胆
力が試されているところで、折れることなく貫徹していただきたくエール
をおくるものです。

 通常の戦闘行為を、あたかもホロコーストの如き大虐殺事件に仕立
てあげた中狂の嘘を指摘したことに対して、中国どころか国内からも、
アホな外務省の役人やら、商売しか頭にない経済人などから標的にさ
れて厳しい状態ですが、あくまで発言は撤回しないと頑張っておられる
ようで、これこそ政治家としてあるべき姿。

 半島に優しく、中国にキツイ前原番長ですが、ここで気の効いた一言
でも出れば、いくらか拍手もいただけるというものですが、尖閣の当て
逃げ事件ですっかり、その正体を曝しているだけに、無理な注文でした。

                                     ~鳥

ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります          
      よろしければクリックお願いします。

  
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 前原 言うだけ番長

お気楽民主党

お気楽民主党 

 例のドジョウ演説以来、ドジョウの差し入れが続きウンザリしていた
のか、今月11日、出身校の同窓会に出席したノダソウリは「世の中
の皆さんが錯覚し、全国各地からドジョウを送っていただいているが、
私が好きなのはうなぎやアナゴだ」と言ったとか。

 増税々をくり返し、不景気な無能ソウリの顔を見せられるたび、ウン
ザリなのはこちらの方ですが、案の定、支持率は順調に下降線を辿っ
ているようです。

 その下落に大きく貢献しているのは、無能でムボウな防衛大臣、直
紀パパ。予算委員会を無断で抜け出し、コーヒーを飲んでいたことが
バレ、それを国会で追及されると「今後、防衛相在籍期間は国会でコ
ーヒーを飲まない」と意味不明なコーヒー断ち宣言。どうせなら、紅茶
やコーラにしときますと言葉を続けて欲しかったところですが、この人
のそこが限界なのでしょう。悔やまれるところです。いずれにしても、
いつまでこんな人を大臣のイスに座らせておくのか、喜んでいるのは
東アジアの周辺国だけで、韓国などは尖閣のEEZ内まで出張ってき
て違法操業と調子に乗っている始末。早く辞めさせなければならない
閣僚の筆頭にかわりありません。

 その無能防衛相に勝るとも劣らぬのが、為替介入レート暴露発言
の財務大臣。チビッコギャング安住財務相は昨年秋の為替介入で
「75円63銭で介入を指示し、78円20銭でやめた」と、10日の衆院予
算委員会で説明とのこと。大臣就任時から、その人事を不安視する
声はありましたが、敵に手の内を曝け出す、期待にそぐわぬ見事な
無能ぶりです。

 その彼は、18日、19日で中国を訪問。イカサマ通貨人民元の国際化
を目指す中国の誘いに乗って、昨年暮れ、中国国債の購入を表明した
ノダ政府ですが、今回の訪問では、貿易決済を円元の直接取引拡大
のため具体策を検討する、合同の作業部会設置を決めたようで、さら
に歩を進めたようです。

 円の信用を借りて人民元の地位向上にほくそ笑む中国。それを民主
党が進めていることに、さらに危うさを感じるわけですが、その主管大
臣がこの程度で、益々暗澹たる気分に覆われるばかりです。

 はたして中国は、一方で、東シナ海のガス田開発を継続中とか。平成
20年の日中協議で継続協議とされた「樫」で、新たな合意が出来るまで
手を付けず、現状維持とされていたにもかかわらず、無視して独自開発
を続けているのだとか。合意無視に対する無能の民主党政府の抗議も
無視され続けているようで、そのような中、経済協力とか言ってノコノコ
と中国に出かけていって手を貸している場合ではないのですが…。

 民主党は今月7日、ルーピー鳩山を党の外交担当に据える、爆笑人
事を発表しまたが、どこまでもお気楽民主党です。

                                     ~鳥
ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります         
      よろしければクリックお願いします。

  

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 安住

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。