スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北の国から!日本メディアも成功報道ニダ

北の国から!日本のメディアも成功報道ニダ

  北朝鮮がミサイル発射の映像を流し、悦に入っています。

その弾頭部分は、事前に衛星が捉えていた丸みを帯びた形

ではなかったことから、カモフラージュしていたことが明ら

かになっています。 それにしても、衛星発射というのであれ

ば衛星の映像を流したほうが、よほど説得力があるものを、

わざわざキャップをはずしたミサイル映像を流すなど、まさに

安保理が機能していないことを、あざ笑っているかのような

行為です。

  打ち上がっていない衛星をアルと言い、失敗を成功と言

いたて、挙句に、日本メディアが成功と言っているとデタラメ

報道。よくもここまで言えるものだと、怒りを通り越し呆れて

しまいます。

  そして、同類相憐れむかのように中国、ロシアはこのデ

タラメ国家を擁護し、日米が進める安保理での制裁案阻止

に動いています。民主主義の価値観を持っていない両国で

すが、問題なのはそれ以前に、人間としてのモラルやマナ

の欠如した民度しか持ち合わせていないということで、北朝

鮮擁護はそのことを証明しています。そして、そんな国が常

任理事国として特権を持っていることに国連のデタラメさをみ

ることが出来ます。あらためて、国連改革の必要性を認識す

るものです。

  もし、北朝鮮のミサイル発射に何らペナルティーが科され

ないのであれば、今後、日本の打ち上げる衛星は西表島や

尖閣などの最西端に発射基地を移し、北朝鮮、中国、ロシア

と抜ける北東コースにしてみましょう。その時、彼らは何と言

うのか興味深いところです。

  一方、国内では衆参で抗議決議が採択されましたが、こ

ちらでも共産、社民の両党が、発射されたものがミサイルか

衛星か判別できないとして決議に反対、棄権したとのこと。

落下してくる物体がミサイルならダメで、衛星ならしょうがな

いとでも考えているのでしょうか。

  今回のミサイルについて、その性能の問題性が指摘され

ています。推進力が不足していれば日本に落下していた可

能性さえあると。できうれば、次回の衛星発射のときには

産、社民の党本部に落下してもらいたいものです。その時に

はパトリオット、イージス艦の迎撃を止めましょう。そのかわり

ケンポウ九条バリアが彼らを守ってくれるはずですから。

                                  ~鳥

 

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

Tag : 北朝鮮

COMMENTS

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。