スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北の国から!激ヤセ金正日くんをめぐる涙

北の国から!激ヤセ金正日くんをめぐる涙 

  記事の中にどれだけ真実があるのか、それを捜すほうが

困難な北朝鮮メディアが、食品工場に訪れた金正日将軍を

見た工場関係者が、そのやせ細った姿に胸を痛め涙を流し

たと伝えています。

  それより先、ミサイル発射の際、それを見守っていた将軍

さまは「多くの予算を人民のためにつぎ込めず申し訳ない」と

言って涙を流されたとも伝えています。300万人の自国民を

餓死に追いやっておいて、何の涙かとツッコミを入れたくなる

ところです。なんだか「泣き」が目立つ北朝鮮です。強気に見

て内心はビクビクなのかも知れません。

  そんな本音を隠すためもあるのか、ミサイル発射に対す

安保理協議が議長声明採択でまとまったことを受け、早速六

カ国協議ボイコット宣言です。

  あいも変わらず、馬鹿の一つ覚えのように従来の手法を

り返しています。元々、ウラン型の検証に目を瞑る協議な

ど、北朝鮮にとってみれば唯の時間稼ぎにすぎず、無意味な

ばかりかむしろ、支援をむしりとられる悪害だけの会合です。

それを思えば歓迎すべきボイコット宣言です。変わりに、先の

安保理決議を遵守するよう確認する、五カ国協議でも開いて

いたほうがよほど有益でしょう。

  毛頭、核を手放す気などない北朝鮮ですから、六カ国協

ボイコットなどシナリオどおりの流れなのでしょう。であれば

彼らのパトロンである中国も、予想の範囲内で、面子を潰さ

れたと見るのは早計で、やがてはその影響力を行使し北を

協議に復帰させ、自国の存在感を高める腹積もりなのかも知

れません。

  北朝鮮の非核化は、体制変更させることでしか可能性が

ありません。そのためには、北朝鮮を支える中国を、彼らから

いかに切り離すことができるかで、逆に言えば、北朝鮮の核

問題解決の阻害要因は中国と言うことができます。

  中国が、北朝鮮の横暴さに付いていけなくなる状況が出来

れば、切り離しが可能となるのかも知れません。再度核実験

強行するなどすれば、さすがに擁護しきれなくなるのでしょ

うが今の、国際社会としては受け入れがたい現実でもあります。

 悩ましいばかりの、両国です。

                                ~鳥

 

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

Tag : 北朝鮮 六カ国協議

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。