スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外似顔絵ギャラリー、チェホンマン

番外似顔絵ギャラリー、チェホンマン

  格闘家のチェホンマンが映画「GOEMON」に豊臣秀吉の

家臣役で出演したことで、彼のホームページに非難が殺到、

さらにインタビューで「役に魅力を感じた」と発言したことが火

に油を注ぎ、彼のホームページは書き込みを遮断することに

なったとこと。韓国のネット社会で話題になっています。

  豊臣秀吉は朝鮮出兵で、彼の国にとっては仇であり、反

日の代名詞。そのキーワードに彼らの脳幹は甚く刺激され

たようで、条件反射のように反日丸出しの非難の的となった

ようです。

  それにしても近代ならいざ知らず、秀吉という400年前

人間に、なぜここまで思い入れができるのか、韓国人の精神

構造は理解に苦しみます。やはり、反日教育の賜物でしょう

か…。

  日本が朝鮮を侵略したということに怨念の源があるの

しょうが歴史を紐解けば、元寇の際、朝鮮人は元の先棒を担

いで九州て゛戦闘を繰り広げています。その際、対馬では必死

の防戦で元軍の進撃を食い止めようとしますが、空しく陥落

島民は殺戮され、生き残った者は女子供に関係なく手に穴を

開けられ、そこに紐を通され捕虜として朝鮮に連行、高麗王に

献上するという蛮行をやています。

  自分達のやってきたことには何の反省もなく、相手から受

けた行為だけは根に持つ…、それも100年単位で。

  困った民族性です。

                                ~鳥

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

Tag : 韓国

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。