スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主小沢くんの天の声と献金

民主小沢くんの天の声と献金 

  西松建設違法献金事件の初公判が開かれましたが、そこ

で検察は、小沢事務所の「天の声」により談合を取りまとめて

いたことを指摘しました。小沢王国と呼ばれる東北地方で、

沢国王の権勢を振るうさまを明らかにした検察の指摘です。

  「天の声」などと、東北地方を思うがままに差配する彼は、

かの地では王様ではなく、神様のごとき存在なのでしょう。

  さしずめ小沢大明神といったところでしょうか。ならば、選

挙事務所は選挙社務所とかにして献金を賽銭としたほうがピ

ッタリで、何かと好都合のはずです。

  そんな小沢大明神を援護射撃するのが、達増拓也岩手県

知事、やはり黙っていません。「岩手の入札は適正」「欠席裁

のようだ」と検察批判を展開しています。見事な小沢学校の

等生ブリです。自身が知事に就任する以前の工事でも、「適

正」いうからには、談合の事実が確認された暁には責任を

という覚悟があってのものでしょうか。援護射撃のつもり

が跳ね返って、自分に弾が当たらなければいいのですが…。

  西松事件の本尊である大久保隆規第一秘書の初公判さえ

始まっていない段階で、断定的なことを言うのはやめたほうが

いいとおもうのですけど…。彼の初公判ではもっと面白い取調

内容が明らかにされるのではと、期待に胸が膨らむところで

すが、それは総選挙後と見られているようで残念至極です。

                                ~鳥 

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 西松建設違法献金事件

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。