スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トホホ中国!コキントー君のサミットドタキャンの理由

トホホ中国!コキントー君のサミットドタキャンの理由

   コキントー君は植民地ウイグルで起きた暴動事件対処の

ため急きょ帰国、サミットをドタキャンです。経済面で言えば、

世界不況脱出のメインエンジン役を期待され、メインプレー

ヤーとなってしまった中国の不在は、サミットを空疎にしてし

まった感さえあります。

  キャンセルの理由とされるウイグルで起きた暴動は、その

死傷者の正しい数さえ分からず詳細が不明です。中国国営の

御用メディアが伝えるのは、北朝鮮張りの捏造された報道写

真や意図的に編集された映像ばかり、あくまでもウイグル

が加害者といった構図に拘っています。

  しかし、それが通用するのも中国国内に限ってのこと。こ

ニュースに世界中が反発しています。今月6日、オランダ

国大使館前でデモがあり投石を受け、ドイツの総領事館で

火炎瓶が投げ込まれ国旗、官舎に損傷を受けたとのこと。

7日にはアメリカワシントンで抗議デモ、8日オーストラリアシ

ドニーで抗議デモ、12日には日本でも東京で抗議デモが計画

されているようです。中国共産党がウイグルで何をしてきたの

か、それを知る人々の反応です。

  数十万人もの若い未婚のウイグル人女性を「域外就労」と

称して徴用し、強制的に中国沿岸部の都市に移住させ、逆に

ウイグルには漢人を送り込むという民族浄化を行っているの

現実です。 こんなオゾマシイ国家に世界経済の再生を期

待するのか思うと、目眩を覚えます。

  世界中から資源、食糧を買いあさり、そこから消費し吐き

す二酸化炭素、廃棄物は出し放題。中国には、捨てるもの

カネをかけるという発想がないため、結果、自国に止まらず

世界規模で公害を撒き散らしています。そこには、「調和」とい

う理念は皆無です。そんな彼らにサミットドタキャンなど、何

差し障りがあろうはずもありません。

  つくづく、こんな国の経済発展に力を貸し、金を握らせてし

まった我々日本は、その不明を恥じなければと思われてなり

ません。                        

                                  ~鳥

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

Tag : コキントー 中国 ウイグル

COMMENTS

傑作!

コキントーが帰ったのは、今回の騒乱が「ベルリンの壁崩壊」を連想させたからだと青山繁晴氏が解説していましたが、こちらの漫画の読みもアリそうですね。
とにかくアジアでの中共覇権確立には日本は最大の邪魔物ですから、事在るごとに日本の国際的地位の下落の狙うのは中共の国家戦略でしょうから。

大傑作☆クリック

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。