スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主圧勝?ブレフォーそれぞれの場合

民主圧勝?ブレフォーそれぞれの場合 

  多くのメディアが民主圧勝を予測する衆院選の投票日を迎えること

なりました。

  いくら安全保障が票にならないからといって、国旗をパッチワーク

党旗の材料代わりに切り貼りする政党が300議席を伺う勢いとは、日

本人の視野の狭さに失望を覚えます。目先の手当て、補償金などの

ばら撒きに目がくらんでしまったのでしょうか。そんな財源が本当にあ

ると信じられるのでしょうか。

  このデタラメさを自覚しているのか、民主党の藤井裕久最高顧問

党の幹部会で「財源にはそこまで触れなくていい。どうにかなるし、

どうもならなかったら、ごめんなさいと言えば良いんじゃないか。」と

発言したとのこと。(読売)

  やはり、民主党の目的は政権交代だけで、その先のことは真剣

ていないようです。こんな政党が政権政党とは…。

  不真面目な民主党は、選挙期間中も政策内容についての発言が

ブレまくり、自民党からブレフォーと揶揄されていましたが、それも当

のこと。しかし、もっと問題なのは、そのブレる発言以前に二人の

政治献金について何の説明、釈明もなされなかったということです。

  小沢、鳩山両氏の献金問題について、有権者の前で一言も説明

ないというのはどういうことなのでしょうか。その姿からは、国民、

有権者に対する誠実さも、謙虚さも感じられません。国民の生活が

第一というスローガンは一体何なのか、呆れるばかりです。

  ところで、その疑惑のメーンプレーヤーでもある西松建設ですが、

最近、株式市場で注目を集めています。今年3月の安値から現在ま

3倍になるという、凄まじい上昇を見せています。取り分け、この数

日は活況でヒートアップ。建設業界は、民主党政権になり更なる公共

工事の削減が予想され厳しい見込みのなかにあります。西松の値動

きは、そんな業界にあって平均を上回るパフォーマンスを見せていま

す。

  市場は明らかに、民主党圧勝を意識しています。小沢代表代行と

西松の関係を市場がどう見ているか、株価がそれを語っています。

  さらに、この西松について興味を誘われるのは、この会社が建設

した商業施設の実績です。西松のホームページには、見事にイオング

ループの店舗がずらっと紹介されています。

  民主党の岡田幹事長は、イオングループの御曹司というのは知ら

たところ。なるほど西松と民主党の関係というのは、対小沢だけで

はなかったようです。西松のえげつなさもさることながら、民主党の正

体を見るおもいです。

  その西松から献金をむしりとっていた小沢代表代行は、選挙最終

の29日、初の街頭演説を行い、「自民党に一票入れておいて政治

に文句を言う資格はない」と民主党への投票を求めたとのこと。

  世論からの反撃を警戒してか、終盤戦でのアリバイづくりの街頭演

説なのでしょうが、この驕った演説は何なのでしょうか。自身の問題は

銀河系の彼方に飛んでいってしまったかのように忘れきっているよう

す。

  彼こそ、政治家としての資格もないと、この演説だけでも確信が持

ます。

                                      ~鳥

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 西松 小沢

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。