スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アタリヤ

アタリヤ 

   あたり屋海賊ポールワトソン

  季節の行事のようになってしまったシーシェパードによる日本の

 調査捕鯨船へのテロ活動ですが、今年は新たに2隻を加え、その

 活動をエスカレートさせています。

   その中の1隻 アディギル号が、ついに日本船と衝突し船首を

 大破させ航行不能になったとのこと。スティルス機能も備えた1億

 4千万円の船体はブザマな姿をさらす事に…。昨年、スティーブ

 ーウィン号が日本船に体当たりしていた映像を思い起こさせ、あ

 の時の苛立ちは、これで少し解消されました。

   この衝突について、シーシェパード側は「事故発生当事ギル号

 は停止していたが突然衝突された」と言っているようですが、衝突

 時、ギル号は船尾からアワを発生させているのが見られ、明らかに

 前進、自ら日本船に突っ込んでいったように見えます。こうなると

 あたり屋で、ヤクザなシノギと変わりありません。

   また「日本船は自分達の救助もしてくれなかった」とも言っている

 ようですが、引き上げて助けてやったところで、また寿司やてんぷら

 を食わせろとか、拉致されたと言われるのがオチです。 同行して

 いた彼らの船がいるのですから、何の支障もありません。

   船長のポールワトソンは、オーストラリアの地元紙のインタビュ

 ーで「私は、誰かを傷つけたり殺したりはしないと言うことはでき

 ない。でも、誰かにケガを負わせるのは、自分達の意図ではない」

 とワケの 分からないことを言っているようで、こんな連中を船に

 き上げたら何をするか、危なくてたまったものではありません。

   現場で繰り広げられているのは抗議活動ではなく戦争、そんな

 緊張感のなかで調査活動を強いられている乗組員の方々の不遇

 は、政治の怠慢が招いているものでもあります。彼らの犯罪行為に

 対して何の対処法も整備できず、ただ逃げるだけ。シーシェパード

 もそんな日本の足元を見てやりたい放題…。

   オーストラリア、ニュージーランド政府は、今回の衝突の調査に

 乗り出したとのことで、日本の調査捕鯨停止に向け国際法廷への

 提訴も辞さないと表明。国連海洋法条約を無視して、違法な犯罪

 テロ活動を繰り返す組織に港を提供する、テロ支援国家が何を言っ

 ているのか?オーストラリアこそ裁かれるべき国です。

 

                                 ~鳥

  

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

Tag : シーシェパード ポールワトソン

COMMENTS

RE

おもしろいなぁ、全部。リンク先ですが2人ほどの学生がヤツらに抗議して孤立してます。僕も応戦してますが、ヤツら国際法を越えて「拒否権」行使しますからすぐ削除されてしまいます。議論なんて入る余地は勿論ありませんが、日本国のことや国民のことを虚偽に落としめて感情的反感を助長させているサポーター集団は許してはおけません。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。