スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主、自民のトップの資格

民主、自民のトップの資格

 威勢よく飛び出してはみたものの、振り返れば誰もついてくる者は

なく 、一人意気消沈。事前に与謝野、舛添両氏と会談し感触を得て

の離党かとも見られているようですが、拙速で思慮が足りなかった

のは、いかにも鳩山邦夫元総務相らしいところ。自身を坂本竜馬に

なぞらえるなど、空気の読めなさ感が追い討ちをかけています。

 しかし、支持率の下落に歯止めがかからない鳩山内閣に対して、

谷垣自民の相変わらずの不人気、それに危機感を覚えるのは正常

な感覚でしょう。

 18日の記者会見で谷垣総裁は「今の政治状況で求める歴史史上

の人物は」と問われ、「尊敬しているのは聖徳太子」と答えたとか。

 昨年の自民党大敗からの党建てなおしには、病原を認識しその

治療に荒療治が必要なことは分かっていたはず。それを避けて民主

党の2軍のような党首を戴いたところから、結果は見えていたのに…。

 今の沈没寸前の自民党トップに求められるのは、劇薬であっても

強いリーダーシップ、また強固な理念を持ったリーダーでしょう。とて

も公家のようなおっとり総裁に務まるものではないはす゜です。

 この自民党に対して、またまた小沢民主党の独裁振りが際立って

います。執行部批判した生方副幹事長を解任するという北朝鮮まが

いの言論封殺。勿論、本当に北朝鮮であれば銃殺といったところで

すが。内輪の会談内容を録音テープにとって公表とは、お互いの信

頼感のなさが明らかで、深刻な党内情勢の様子を物語っています。

 小沢司令官も自らの存在が党に逆風を招いていることは理解しな

がら、かといって検察からの仕掛けが気になり、簡単には幹事長職

を降りられないし、握っている金と権限も手放したくない。

 党勢回復には、普天間問題で県内移設の責任を取って鳩山辞任、

代表の首を付け替えるというのが自然なシナリオでしょうか。

 現在、知事選、市長選など自民党系の候補が勝ちを重ねています

この流れも民主のトップが代われば一気に逆転ということもありえ、

そのことからも自民党は早く先手を打つ必要があると思うのですが…。

 ところで、売国民主党による子供手当て、学校無償化法案の成立が

秒読みとなってきましたが、これらが理念もなく、財源もなく、所得制限

もない、国益でなく党益優先で選挙目当てのばら撒き手当てである

ことは明らかなところ。

 子供手当ての22年度予算は2兆3千億、満額支給の23年度には

5兆5千億の財源が必要とのことで、気が付けば22年度防衛予算

4兆7千億を上回る状態にります。

 防衛予算を削って福祉へという共産党、社民党の主張が現実の

ものとなりつつあり、小沢人民解放軍野戦軍司令官の日本解放、

日本民主主義人民共和国の実現にまた1歩近づいたようです。

                                   

                                    ~鳥

 

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党

COMMENTS

谷垣総裁は誤解されています

麻生前総裁は強いキャラとリーダーシップの持ち主でありながら、散々あら探しをされてマスコミに叩かれ、総選挙で自民党が惨敗することに繋がりました。
谷垣総裁のような落ち着きがあってボロを出さないタイプの総裁になったらなったで、散々「リーダーシップがない」「影が薄い」などとマスコミは叩きます。
そのような報道に踊らされている人が多いのは残念です。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。