スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクってルーピー!衝撃のカミングアウト

ボクってルーピー!衝撃のカミングアウト 
 
「確かに私は愚かな総理かも知れない」、21日の党首討論の冒頭、
切り出したルーピー鳩山の発言に、一瞬どよめきが起こった参院第一
委員会室でした。そこに座る国会議員のみならず、テレビ、ラジオの
前の国民の多くが、わが耳を疑ったことでしょう。
 自ら「愚か者」と認めてみせた底抜けの、真性バカ総理は、その後
愚直と言葉をすり替え普天間問題について弁明をしていたのですが、
私のような凡庸な頭では、ど~にも意味不明で、何を言いたいのか
さっぱり理解不能でした。自分で種を蒔いておきながら、自分が被害者
であるかのような弁明…全く??????。
 愚直というのはバカ正直という意味ですが、同じく党首討論で、実母
から巨額の資金提供で、その使途公開を迫った公明党山口代表の
質問に対しては、個人プライバシーの問題として資料提出を拒否。どこ
がバカ正直なのか、不正直極まりないルーピーハトヤマです。
 そんなアホ総理率いるアホ民主の事業仕分け第2弾が、党勢回復の
期待のなか始まりました。前回の事業仕分けでは目標の3兆円に届か
ず1.7兆円の削減見直ししかできず、結果、実際の22年度予算に反映
されたのは、さらにそれを下回る9600億円の削減というトホホ予算。
 今回の仕分けでは、1回目ほどの削減は見込めそうにないようで具
体的な削減目標も示すことができないありさま。とんだ見掛け倒しの
事業仕分けで、財政破綻寸前の状況もどこ吹く風で組んだばら撒き
予算に対して、焼け石に水のパフォーマンス仕分けです。
 さらに、そんな中、兵庫県で554人分の子ども当てを申請するこ韓国
人が現れたとのこと。案の定、危惧されていた事例が現実のものに…。
さすが韓国人のやることは躊躇がなく、怒りを飛び越え驚愕するぱかり
です。50人云々と厚労省は自治体に例示していたとの事で不受理とした
ようですが、49人なら支払うというつもりなのでしょうか?
 こういうデタラメな政策を党の目玉マニフェストとして、巨額な支出を
伴うにもかかわらず、まともな審議時間もかけないまま性急に法案成立
させてしまった報いでしょう。姑息な事業仕分けで、高が知れた削減
額などデタラメマニフェストの前に軽く吹き飛んでしまいます。
 巨額の財政赤字にあるギリシャは国債利回りが急上昇で、ついに
EUに資金要請でギブアップ宣言。IMF、EUの管理下に入ったようです
が、格付け会社の調査によれば、日本の債務残高は国内総生産の
2倍で、その債務比率は格付け対象国中最悪とか。このままルーピー
民主党のばら撒き売国政策を突き進めば、その先日本を待ち受けて
いるのは、今のギリシャの姿でしょう。

                                    ~鳥

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 鳩山 民主党

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。