スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやぶさ予算とキャミソール仕分け

はやぶさ予算とキャミソール仕分け 
 幾多の困難を乗り越えて地球にたどり着いた「はやぶさ」の帰還は、
JAXAを中心とした日本企業の英知と情熱の結晶。あらためて日本の
技術力の高さを世界に知らしめた快挙でした。低予算で達成したこの
偉業は、その科学的な評価もさることながら、商業的にも大きな意味
を持った成功であるとのこと。
 このミッションで開発されたNECのイオンエンジンは米国で今後3年
間で20億円の受注を目指すとか、IHIは「はやぶさ」と同規模の小型
衛星打ち上げの受注を狙い、10年後の宇宙事業の売上げ400億円
に伸ばす計画だとか。他にも耐熱カプセル、制御技術等々、様々な点
でその技術力の高さを証明した企業に商機が広がることは間違いない
ところでしょう。
 しかし、この「はやぶさ」の後継機の開発予算はたったの3千万なの
だとか。麻生政権時の概算要求時17億円だったものが鳩山政権で5
千万円に削られ、さらに事業仕分けで3千万円に…。
 「世界一に何の意味があるのか」というフレーズで名を売り大臣のイ
スに座った蓮舫行政刷新相は、この成功をどのように思って眺めてい
るのか?16日の国会代表質問で西田昌司議員から「事業仕分けでの
予算削減は正しかったのか」と問われたのに対し、「税金が適正に使
われているのか、公開の場で質したのだ」と、結局間違いを認めずに
答弁を終えていました。再度そのことを指摘した西田議員の再質問に
も答えずじまい。
 所詮、事業仕分けなどパフォーマンスにすぎないのは仕分けする側
の見識のなさと無責任なこの態度を見れば明らかです。痴漢をする変
態を自分の足元の秘書に置く見る目のなさ。犯罪を隠蔽しようとする
無責任。自分の秘書の仕分けもできないで事業仕分けもクソもないで
しょう。
 予算削減に批判が集中する中、政府は一転、予算の増額を検討する
のだとか。科学技術の研究開発は未来に対する投資です。眼前の果実
を収穫するだけのやり方で技術が育つと思っているのか、素人でも分か
りそうなところ。戦略性も何もない、場当たり的に予算を振り当てようと
する様、票目当てのばら撒きマニフェストの民主党らしいところ。自ら事
業仕分けの間違いを認めたに等しい所業です。
 ところで、国会議員の歳費は年額約2200万円、文書通信費、立法事
務費などの手当てを含めると4200万円ほどになるようですが、キャミソ
ールやコミック代に浪費するアホ議員の一人分の予算にも満たない「は
やぶさ」の開発費とはいったい何なのでしょうか。
 キャミソール荒井やパンデミック赤松。予算委員会に遅刻してもヘラ
ヘラ謝罪、自分の上司の演説中でも会議場で居眠りをしている極左仙谷
幹事長。自分の招集した会議でも居眠りをするSleepy菅直人。こんな連
中に「はやぶさ」ほどの価値があるとは到底思えません。

                                     ~ 鳥

ブログランキングに参加しています   
よろしければクリックお願いします。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 菅直人

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。