スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国マンセー 仙谷由人

韓国マンセー 仙谷由人 
 外国人の子弟にまで配った子供手当てにあき足らず、今度は韓国人
への個人補償だそうで、売国民主党のバラマキ体質は止まるところを
知りません。国家間の合意である条約など、彼らにかかると一片の紙
屑と化してしまいます。
 今月7日、仙谷由人マンセー官房長官は記者会見で、日韓基本条約
で決着済みの戦後補償について政府として新たに個人補償を検討して
いく考えを示したとのこと。
 1965年に結ばれた日韓基本条約で日韓の戦後補償は決着されてい
ます。日本は、当時韓国の国家予算3.5億ドルの2倍以上である8億ドル
という巨額の資金を韓国に供与、融資したわけですが、その中には個人
補償に当てられるべき資金も含まれていたのを、韓国政府が自身の裁
量でそれをインフラ整備など経済発展にまわしたもの。個人補償が足り
ないと言われる筋合いは日本にはありません。
 日韓基本条約という法的に正当性のある結果があるにもかかわらず、
自分達の思想を充足させるほどの誠意にはなっていないとエゴイスティ
ックな主張を展開するマンセー長官。一体、借金まみれの国の金庫の
どこにそんな金があるのか。組合カンパなど得意の左団扇で湧き出さ
せる術でもお有りなのでしょうか。
 東アジアに土下座することが趣味の、こんなろくでなしが行政の要で
ある官房長官とは、…。一秒でも速い、売国民主の退陣を願うものです。

                                      ~鳥

ブログランキングに参加しています 
 よろしければクリックお願いします。


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。