スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねじれ菅、ねじれ民主

ねじれ菅、ねじれ民主 
 「小沢さんにお目にかかりたい」 参院選の惨敗で関係方面におわび
行脚の菅ソウリは、小沢人民解放軍司令官との面接を切望するも実現
には至っていないようです。
 それにしても、お目にかかりたいとは…そんなに小沢はエライ人なので
しょうか。お目にかかりたいのであれば登院させればすむこと。総理大臣
ともある身で、身内の党のヒラ議員ひとりも呼びつけることが出来ないと
は…どちらが総理大臣なのか。国会は衆参で与野党が逆転するねじれ
状態に陥っていますが、実は民主党の中にこそ、もっと醜いねじれが存
在しているようです。
 衆参でのねじれという苦しい国会運営を、消費税で自民党に抱きつい
たように野党との連立、切り崩しなど国会対策を小沢の豪腕にすがり抱
きつきたいのか、または9月の代表選の逆襲に怯え、探りを入れようと
いうことなのでしょうか。
 「首相から会いたいという打診はあったが、どのような趣旨なのかを
確認しており先方からの返事待ちだ」小沢側の事務所はこう言って、面
会を拒否しているわけではないことを説明しているようで、両者の言い分
は食い違いを見せており、微妙な駆け引きの最中というところでしょうか。
 そんな中、陸山会の土地購入をめぐる事件で07年分の収支報告書へ
の虚偽記載容疑について検察審査会が不起訴不当を議決とのこと。04、
05年は起訴相当と議決しており判断が分かれることに。
 特捜部は再度不起訴処分にする方針と見られており、そうなれば07年
分は不起訴が確定する見通しとのことで、小沢にすれば、良い話では
ないが最悪の結果は免れたといことで、がけから踏み外した足を一歩戻
したといったところでしようか。
 先の審査会で起訴相当と議決され、議員生命に王手がかかっていたも
のを、これで2度目の議決が不起訴不当に変わる可能性を生んでしまっ
たとも言える議決です。
 これで、完全復活とならないまでもシブトク政界に居座ることになれば、
政界再編の嵐のなかで、親密な公明党の関係をテコに、その中心となっ
て新たな大連立などというシナリオもありでしょうか。
 菅民主党よりももっと始末の悪い、売国連立与党の小沢傀儡政権誕生
という妄想が頭を過ぎります。

                                      ~鳥



 
 
ブログランキングに参加しています  
  よろしければクリックお願いします。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 菅直人

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。