スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラ菅二ゲ菅民主の大転菅!

イラ菅二ゲ菅民主の大転菅! 
 相手をなじり、けなすことにかけては右に出る者はいないと思われる
菅直人ソウリですが、いざ立場が逆になると情けないほどの脆さを露呈
しています。カメラの前に立つ目は空ろで、まるで生気なし。参院選大敗
で関係者へのおわび行脚に勤しむ日々で、まともな公務らしい公務を
していないとか。
 今月15日には、日程から2時間あまりも遅刻し、昼前に官邸執務室
入り。記者会見でそのことについて、体調が悪いのかと心配されるあり
さま。夜は夜で、もっぱら仲良しグループだけのお食事会なのだとか…。
全くやる気のない菅民主党です。
 もともと「通年国会」を主張しておきながら、党首討論も予算委員会も
開かせず会期を早々に打ち切り。挙句に、本格的な審議は9月の民主
党代表選後なのだとか。国会は、すでに夏休み状態のもようです。
 そんな中、内政事情を見透かすようにドル円相場は新高値をとりに行
こうかという円高進行中で日本経済は緊迫感を増しています。何のアク
ションを起こすでもない政府の無能をあざ笑う為替市場です。
 空き菅ソウリの関心は、9月の代表選だけなのでしょう。
参院選の敗戦の反省に立ってイメージチェンジ中とのことで、選挙前
のメディア批判、取材拒否を改めて、丁寧な対応を心がけているのだ
とか。秘書官の質問打ち切りにも、あえて答え続けるサービス振りとの
こと。本質をさらけ出してしまった今となっては空しい努力に見えて仕方
ありません。
 何のケジメもつけず、小手先だけ変えて本質的な問題から逃げる姿
は選挙の消費税発言と一緒。バラマキマニフェストという小手先で票を
買い政権に在りついてみたものの、政治主導と行政のムダ削減という
民主党の理念が夢想に過ぎないといことを、今さら説明も出来ずケジメ
もつけられない姿とだぶります。
 結局、民主党の本当にやりたかったことは、外国人参政権などの売
国政策の実現ということだったのでしょうか。
 昨日、民主党の枝野幸男幹事長が極左テロ集団の革マル派幹部と先
の衆院選で「推薦に関する覚書」なる文書を交わしていたとの記事が月
刊誌により報じられたようで、この党が如何に危険な思想に根ざしたもの
であるかということを立証するものです。
 つくづく得体の知れない政党です。
  
                                      ~鳥
 
ブログランキングに参加しています  
  よろしければクリックお願いします。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 菅直人

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。