スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣の居直りヤクザ、アル中狂和国

隣の居直りヤクザ、アル中狂和国 
 考えをまとめている先から目まぐるしく変化する展開に、どうしても後
追いになってしまうわけですが、ここにきて目眩のするようなニュースが
伝わってきました。

 中国漁船の当逃げ事件で、ナント那覇地検が船長を処分保留で釈放
とのこと。最低、最悪の展開です。やはり、頭の中から国境が消え、脳
ミソが真っ赤かな売国民主党の皆さんでは、こういう結末しかありえない
ので゜しょうか。

 「わが国国民への影響や、今後の日中関係を考慮した」と那覇地検は
処分保留の理由を説明していますが、つまりは、中国の脅迫に屈して釈
放しますということて゜、日本は司法の独立をヤクザ国家の汚い手で捻じ
曲げられたということです。独立国家としての主権を放棄したに等しい、
恥ずべき判断です。海保の職員が体を張ってアルアルヤクザを捕まえて
も、地検が逃がしてしまう。これでは、領海を守れといわれても、やる気
など起こるわけがない。

 釈放の判断には、当然、仙谷、菅の売国政権の意思が働いていたであ
ろうことは想像に難くなく、地検独自の判断とは到底思えません。もしそう
でなければ、拘留中の船長に面会に訪れていた中国大使館職員から、
地検が大枚でも握らされていたとしか考えられません。

 これで、衝突ビデオは永久にお蔵入りでしょうか。正式起訴で、その証
拠として中国の無法ぶりを世界に曝すという機会も失っては、ヤクザ国家
が益々増長するであろうことは火を見るよりも明らか。すでに領海を掠め
取られた南シナ海の周辺国は、さぞ落胆のことでしょう。

 日本は靖国に続いて悪しき前例を作ってしまいました。日本などパワー
外交で押せば何とでもなると学習した中国は、今後、何の気兼ねもなく東
シナ海を勇躍回遊し、尖閣周辺の漁業資源、地下資源の本格奪取に取り
掛かることでしょう。一旦弱みに付け込んだら、徹底的に吸い尽くし、むし
り取る、それがヤクザの本性。今後の日中関係を考慮するならば、毅然
として司法手続きを進めるべきでした。

 シンガンスに続いて、当逃げ船長も逃がす菅直人をトッブに戴く売国民
主党の正体を、改めて知らしめる処分保留。世界の自由主義国は、この
様をどのように眺めているのでしょうか。
 私には、日本に向けられた嘲笑が聞こえてくるかのようです。

                                       ~ 鳥

ブログランキングに参加しています     
     よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 中国 民主党 菅直人

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。