スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢司令官的司法闘争アル!

小沢司令官的司法闘争アル! 

   稲田朋美議員の代表質問と民主党

 自称、人民解放軍野戦軍司令官の小沢一郎先生が、検察審査会の
起訴議決を受けお白州に引き出される運びとなりました。本人は議員
辞職を否定、無罪を主張。あくまで法廷で争うとのことでですが、それ
に費やす時間と当人の年齢、また、被告人という立場など、政治家とし
てこれまでのように隠然と影響力を振るうことは困難とみられ、賞味期
限ギレといったところでしょうか。できることなら、何人か引きつれ民主
党を割るなど、壊し屋のカンバンに恥じぬ最後を期待するところなので
すが…。

 実質、小沢が消え、内心ほくそ笑む仙谷、菅の赤組は、中国問題も
沈静化の兆しで、さらに頬が緩んでいるのか、先日から始まった国会
の代表質問では、稲田朋美議員の質問に対し空菅ソウリは「汚い言
葉使いで…」云々と逆ギレの醜態を曝しています。そして、そのことを
注意され、本日は「品位を欠いていた」と謝罪…。緩んでいたのは頭
のほうでした。

 それにしても、やっと稲田女史がスポットライトの当たる所に姿を見
せてくれました。テレビ中継など、目に付くところに、なぜ彼女を立たせ
ないのかと、自民党の人選に不満を抱きつつ、登場を待ちわびていた
人は多かったのではないでしょうか。彼女の質問は、これまで気になっ
ていたことを全てぶつける期待どおりのもので、いくらか溜飲が下がる
思いでした。

 会議場の国会議員も、彼女の質問に盛り上がっていたようで、衆目
を集められるというのは政治家の資質として必要な要件です。何しろ、
ソウリ大臣の所信表明演説中でも居眠りする官房長や、天皇陛下の
前でも居眠りするソウリという、居眠りの達人が相手ですから尚更です。

 「鳩山元ソウリの東シナ海を友愛の海にというネボケタ発言…」と稲田
氏が指弾する場面では、テレビカメラがルーピーをとらえ、その前に座っ
ていた田中真紀子議員の大笑いする姿が印象的でした。稲田女史を、
もっと前面に出せば自民党の見方もいくらか変わり、支持率も向上する
のではと期待するところです。

 ところで、中国偽装漁船の当て逃げ事件、小沢起訴をうけての世論
調査が報じられていますが、共同通信調べでは、空菅内閣の支持率は
47.6%と改造直後の64.4%から急落とのこと。ここまで醜態をさらす内
閣に対して、まだ半数近い人が支持していることのほうが驚きです。

 ASEMで温家宝と懇談するも中国語通訳なしの場当たり、出たとこ外
交。懇談自体に何の意味があるのか分かりませんが、それについて
閣内では「大変良かった」前原、「非常に喜ばしい」馬淵、など賛美する
声が相次いだとか。

 人質の解放、巡視船の賠償、中国の領有権主張、ガス田の掘削、懇
談で何か変化があったのでしょうか。中国は変わったのでしょうか。変わ
ったとすれば、高だかの懇談で融和的な雰囲気に丸め込まれ、当て逃
げビデオを公開しにくくなったという日本側の現状でしょう。

 無責任でおめでたい民主党の姿勢は、4日にも見る事が出来ました。
尖閣諸島が行政区域にある石垣市の市長、市議会関係者が警備強化
などを求めて政府に要望のため国会を訪れるも、面接した大臣は片山
総務相だけで、外交、防衛、国交相など、当該する民主党の大臣は無
視。本来であれば、当事者の声に一番耳を傾けなければならない大臣
が、揃って無視。余計な言質を与えて責任を取りたくないのではと勘ぐ
りたくなるような姿勢です。やる気の無さがよく表れています。

 被告人となっても党に居座る元代表、選挙に負けても知らぬ顔のソウリ
と、誰も責任を取らない民主党。無責任で、自覚も覚悟も欠如している
この方達が国益というものを如何に考えているのか。

 稲田朋美議員の結びの言葉が胸に残ります。
「領土を守るためには国民の覚悟が必要。国民が自国のために代償を
払わなければならないこともある。その覚悟なくして領土を守ることは
出来ない
と…。

 心ある日本人なら、彼女の言葉は胸に刺さったはずですが、偽装帰化
の外国人が幅を利かす民主党に届いたかは甚だ疑問です。

                                       ~鳥


ブログランキングに参加しています      
     よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 菅直人 小沢一郎

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。