スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペーパーメモ棒読み首脳懇談

ペーパーメモ棒読み首脳懇談 

 舌禍の絶えない民主党にあって、国会での空菅ソウリ自身の失言が
少ないのは、官僚の答弁書に頼るところが大きいためとも言われて
いるようですが、そのメモ頼みの姿勢は、外交の場面でさらに鮮明に
なります。
 
 元々、外交が苦手なソウリですが、相手が中国、韓国になると特別な
思い入れからなのか、萎縮、緊張でメモが手放せられないようで、みっ
ともない姿をさらしてしまいました。

 今月11日、韓国で開催されたG20で歓迎行事に出席し韓国大統
領と記念撮影に及んだ際、関連資料を持ち込んでしまい、ばつが悪そ
うにそれを後ろ手に隠した醜態を残してしまい、先日のAPECでの
日中首脳懇談でも、やはりメモを持って面談し、胡錦濤のヒンシュク
を買っていました。

 その会談のあり方も問題でしたが、みっともない姿を世界にさらし、
さらに、その後の記者会見で、懇談の中身も詳らかにすることもなく、
「日中関係は自分の首相就任時の6月レベルまで戻すことができた」
と自画自賛。コキントーどころか国民もしらけて、ドン引き状態です。

 直近の世論調査では内閣支持率も20%を切ろうかというところまで
急落してきましたが、やる事なす事、国民国益をないがしろにし、ただ
ただ責任を避け体裁だけを繕う。方針がぶれるどころか二転三転の
右往左往、無能集団に相応しい急落です。

 柳田バカボン法相の辞任にしても、罷免ではなく自ら退くという形で
任命責任を免れようとする姿は、那覇地検に責任を押し付け、尖閣
事件の中国人船長を釈放させたそれと重なります。

 空席となった法相は、仙谷左巻き長官が兼務するのだそうで、今ま
で柳の陰に隠れての売国踊りが、いよいよ剥きだしになるようで、
日本の司法行政は、その赤く染まった思想で塗り替えられることに
なるのでしょうか。
 
 闇の指揮権発動の彼こそ、最も性質の悪い悪性腫瘍で切除すべき
もの。司法行政にまで完全転移など、それこそ民主主義の死を招く事
につながります。益々、問責決議なり、切除の重要性は増してきました。

 ところで、売国民主の進める朝鮮学校の無償化問題ですが、覆面有
識者による非公開の検討委員会の検討(…デタラメにもほどがある)の
結果、実質的な決定の運びとなったとのこと。そこで支給されるお金は、
北朝鮮本国へと上納されるということは、巷間言われているところです。

 その北朝鮮は、ついにウラン濃縮を認め、米国関係者に濃縮現場を
公開し、民生用といいながら、核による揺さぶりを仕掛けてきました。
プルトニウム型と比べ表面上から認識できないウラン型の開発は、以
前から指摘されていましたが、ヌケヌケとそれを認めてきました。その
開発にあたって、北朝鮮側は「青森県六ヶ所村の遠心分離機をモデル
にした」と説明したとか。

 それがブラフなのかどうなのか分かりませんが、無償化で上納された
金が、その開発資金、研究にあてられるであろう危険性は否定できま
せん。拉致問題もあり、さらに核開発という問題に目を瞑る民主党とは、
いったい、どこの国の政権なのでしょうか。今だ20%の支持があること
が驚異です。
                                    ~鳥


  
下の写真は、先日のアジア大会で女子サッカーが北朝鮮を破り
  優勝、その国旗掲揚のセレモニーで、国旗に向くことを促され
  ながら、それを拒否して、そっぽを向く北朝鮮の図です。礼節を
  わきまえないこんな国に、くれてやる金などありません。    
3 



ブログランキングに参加しています        
     よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 北朝鮮

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。