スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屈辱の昼休憩 左巻高校編



屈辱の昼休憩 左巻高校編
 

 気がつけば、周りからいいように弄ばれる日本。

 南極海で行われていた調査捕鯨は、シーシェパードの執拗な攻撃に
屈する形で、今期の調査打ち切りが決定。攻撃してもやり返さない、
無抵抗の日本船は、エコテロリスト達にとって安心して追い掛け回す
ことの出来る最高のカモ。今回の打ち切りは、彼らの自信を深めさせ、
その主張の正当性を与えてしまったかの印象は否めず、残念なもの
でした。まずは、テロ船の旗国であるテロ支援国家、オーストラリアに
この不法な妨害行為に対する償いを求め、糾弾し、ケジメをつけさせ
なければなりません。

 エコテロ団体から発炎筒や発光弾を投げ込まれ、調査船の甲板が
光に包まれる映像は、尖閣での中国船の体当たりの映像を彷彿と
させるものでしたが、その尖閣の巡視船の海保は、損害賠償を中国人
船長に請求するも、中国側は拒否とか。

 中国外務省は「日本側は事件での行為を深く反省すべきで、賠償を
要求する権利はない」との談話を発表し、軽く一蹴。居直りの姿勢は
全く微動だにせず、フラフラした空菅外交と見事な対比を見せています。
サッサと船長を返してしまったツケが回ってきたことについて空菅、
仙谷はどう思っているのか。だれが修理代を払うのか? 那覇地検か?
空菅か、仙石か? いずれにしても税金で処理されることのなどカンベン
してもらいたいものです。
 
 今月16日の衆院予算委員会で「民主党代表選の渦中にあったことも
多少の影響があったかもしれない」尖閣事案について反省した空菅
ソウリは、その夜、「政府としてはしっかり対応できたと思っている」と
すぐさま発言を修正。「許し難い暴挙だ」と調子に乗って言っていたのも
数日前にもかかわらず、相変わらず、言葉の軽いカルカンソウリ。
一事が万事、こういうことだから周りの国から侮られるのです。

 空菅民主の尖閣事案の軟弱な姿勢に、ここぞとばかり、北方領土で
攻勢をかけるロシア。中国、韓国に対して北方領土開発の資本参加を
呼びかけるという、あからさまな嫌がらせを仕掛けてきました。日ソ
中立条約を破って北方領土を盗み取ったロシアの性根など、所詮こん
なもの。信用に値しないのです。

 日本としては中韓に対し、躊躇させる対抗措置が求められるところ。
韓国に対しては、経済的な圧力など、やりようはいくらもあるでしょうが、
それ以前に、朝鮮由来の図書返還協定などサッサと破棄すべきで、
態度で示すことが先決でしょう。

 中国に対しては尖閣に台湾の資本を参加を呼びかけ、日台共同開
発で対抗するのが良策でしょう。「尖閣は間違いなく日本の領土、問題
なのは漁業権の問題だけ。昔どおりそこで漁業をさせてほしいという
だけ」と言われる李登輝氏のような、善良な台湾人の想いと合致し、
中国の台湾を通しての領有権主張に楔を打ち込むことにもなるでし
ょう。

 南極海の調査船、尖閣の巡視船、北方領土の高圧ロシア、左巻き
民主ウィルスは日本の抗体反応を麻痺させ、外部から病原菌を招き
よせる、最悪最低のウイルス。

 口から方便を垂れ流す阿呆鳥。脱党せず会派離脱という意味不明
ながら、後ろから弾を撃つ16人の小沢斬りこみ隊。空菅の首を手土
産に予算成立を画策する柳腰。党首討論から逃げ回り、やっと開か
れれば幼稚なカンペを持参するカンニング直人。支離滅裂、百鬼夜行
の民主党です。

 次々と繰り出される不条理な民主党政治こそ、やはり、国民にとって
最大不幸です。

                                    ~鳥

ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります      
     よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : シーシェパード 尖閣

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。