スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深くお見舞い申し上げます

深くお見舞い申し上げます 

  逃げ惑う人と車、その瞬間までそこにあった平穏な生活、それらを
容赦なく飲み込む黒い舌。荒ぶる自然の脅威の前に「人」の無力さ、
「命」の脆さを見せつけられた東日本巨大地震でした。その死者行方
不明者は1万6千人を超えるとのこと…。被災された方、親族、知人な
ど身の周りの方が被災されたり犠牲となられ方々…深くお見舞い申し
上げます。

 地獄絵図の震災のなか奇跡的に生還された方、自衛隊、米軍などの
懸命の救助活動で救助された方も多く、そこからは「人」や「命」の強か
さの一面も伝わってきました。

 暴力装置呼ばわりされ、防衛費を削られ、人員を削減される自衛隊
と、メルトダウンした友愛脳で邪魔者扱いの米軍。彼らの姿が、何と頼
もしいことか。

 孤立した避難所に予告も無く、突然舞い降りて、救援物資を届けた
米軍ヘリ。物資を降ろし離陸するヘリに向かって、千切れんばかりに
体全体で手を振って礼を送るおばさん達、お年寄りの姿が印象的でし
た。

 余震が続き、二次災害という恐怖と向き合いながらも、献身的に現場
で救助活動に取り組む名も無き隊員、兵士の姿には胸を打たれますが、
職責とは云え、市井の人々の中にも文字通り身を捧げた方が新聞で紹
介されていました。

 人口の半数近くが安否不明となっている南三陸町で、危機管理課の
遠藤未希さんという25才の女性職員は、迫り来る津波のなか「早く逃げ
てください」と町民に避難を呼びかけ、自身が波に飲まれるまで防災無
線のマイクを握り続けたとのこと。その後彼女は安否不明なのだとか。

 ごくフツーの隊員、職員でしかない方々の献身、覚悟の尊さこそ讃えら
れるべきもの。それは、今現在、命を懸け、原発事故の最前線の現場で、
事態収拾にあたっておられる方々についても同じです。

 それに対し、福島県の災害対策本部で断続的に行われている東電の
記者会見に姿を見せず、県民に謝罪もしない東電社長。当たり散らす
だけの無能なパフォーマンスソウリなど、この国の上の人間の覚悟の
なさは目を覆うばかりです。

 ところで、厳しい状況の続く福島原発。何とかミッションが成功するよう
祈るしかないわけですが、事態の推移をみていると、全て後手後手の感
は否めず、見通しの甘さ、遅い支援体制、機能不全等々、突き詰めれば
事態をここまで悪化させたのは空菅災害対策本部の無能故でしょうか。

 原発の被害状況や放射線データなど情報開示に疑念を持たれ、疑心
暗鬼の国内。また、放射性物質の飛来が心配される米国では「日本政
府や東電は情報を隠蔽している」との声が多くなり、震災直後の同情的
な論調から反日感情が高まりつつあるとか。

 事故直後の米国側の支援申し出を「原子炉廃棄を前提にしたものは
受け入れられない」と日本政府が拒否したとも言われ、そんな対応が米
国側の不信感を増幅しているのだとか。原発の被害状況も米国の衛星
写真で先にバラサレ、後追いで現場写真を公開するなど、世界中から不
信感を持たれても当然の対応結果でしょう。

 空菅内閣の隠蔽体質は尖閣で実証済みですが、17日その空菅内閣は
震災対応の体制強化の為として、仙谷由人を官房副長官に起用すること
を決定。泣いたり怒ったり情緒不安定な空菅ソウリに、何をしているのか
存在感のないお飾り松本防災担当相。辻本、レン呆の売国喜び組みに
トドメが仙谷柳腰…。見事な菅的オールジャパン。店じまいの在庫一層
日本安売りセールの始まりです。

                                    ~鳥

ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります      
         よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 仙谷由人

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。