スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全防備のエダマメ官房と呆射能汚染

完全防備のエダマメ官房と呆射能汚染 

 エダマメのサヤとマメは何の抵抗もなく分けられますが、枝野革マル
長官と彼の発した言葉の関係もそれと一緒のようです。政治家は、発
した言葉に対して、一般人以上に厳しく責任を求められるところですが、
枝野革マル長官は、自身を覆う己の言葉を、無責任にも放棄できるエ
ダマメ長官だったようです。直ちに健康への影響はないと言いながら、
完全防護でビクビクの福島視察に赴いたその姿はヒンシュクもので、チ
キンハートを曝したエダマメ長官。この人の、政治家としての限界を見
た感のある福島視察でした。

 17日、福島第一原発から20キロ圏内の避難指示区域で行われてい
る行方不明者の捜索を、防護服に身を包み視察したエダマメ長官でし
たが、現場視察は、主に車内から行われ、車から外に出たのは、5分
間ほどだったとか。

 3月12日~15日の間、福島原発の1号機から4号機で起こった一連
の爆発事故やベントで、大量の放射性物質が放散。結果、放射線量は
急激な増加を見せました。原子力委員会の試算では3月15日午後9時
までの放射性物質の放出量は19万テラベクレルで、この時点ですでに
レベル7の基準に達していたのだとか。

 これを4日で割れば、1日当たり約4万8千テラベクレル。そして、その
後の4月5日時点の放出量は154テラベクレルだったとかで、最初の4
日間が、いかに凄まじい汚染状況だったかが窺い知れます。健康への
影響は、積算被曝量が問題となることからすれば、最初の4日間は重
要なポイントだったということなのでしょう。 

 そういった高い放射線量の時点での防護服視察ならいざ知らず、線量
の低下した今頃になって、完全防護服でやってくるズレた感覚。加えて、
その姿のまま車内視察が中心で、車外に出たのが5分ほどとは、エダマ
メ長官は余程の防護服マニアなのでしょうか。

 19日、福島県民への差別的対応について、記者会見で問われたエダ
マメ長官は「明らかに過剰反応だ。県民は避難や風評で苦労している。
暖かく受け止めてほしい」と答えたとか。…唖然とするばかりです。自分
の行動こそ、振り返ってもらいたいものです。

 21日、そんなエダマメ長官の、イヤイヤ視察を受けて、空菅直人ソウリ
は福島入りし、原発周辺の住民が生活する避難所を訪問。10分程度の
訪問でソソクサと避難所を後にしようとしたとき、避難住民から呼び止め
られた空菅ソウリ、それに返した言葉が「まだお話がありますか」。その
後は、避難住民の怒りの声を前にしてシドロモドロ状態で醜態を曝すあ
りさま。

 避難住人に、原発事故収束の工程表の前倒しに努力すると語ったよう
ですが、目標の達成さえ予断を許さない工程表の前倒しなど、その場し
のぎの方便にすぎないでしょう。「原発に詳しい」と自負する割りには安易
な前倒し宣言です。

 ところで、民主党には原発に詳しい方がもう一人いらっしゃるようです。
20日、首相官邸を訪れたルーピー鳩山は空菅ソウリに対して原発事故
の収束案を提示したのだとか。そして、二人の会談は1時間半にも及ん
だとのこと。その後、会談を終えたルーピー鳩山は記者団に対して「菅
直人首相は原発についてよく勉強していた。話はかみ合った」と語った
とか。さすがアホ同士、話がかみ合うようで、これはこれで、原発事故以
上に背筋の寒くなる話でした。困ったものです。

 原発の収束案など、余計なことを考えること自体迷惑。そんなことを考
えるヒマがあったら、己の失政で毀損した国益を償う意味でも巨額な資
産を国庫に拠出することでも考えるべきでしょう。…その前に、母親から
の脱税子供手当ての時効還付金、1億3千万を義捐金として募金すべき
ルーピー鳩山です。

                                      ~鳥

ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります     
             よろしければクリックお願いします。

 
 
 KIRAさんコメントありがとうございました。病気でもならなければ、辞めようにない
 空菅ですが、すでに精神がいかれてますから、その判断さえ出来るかどうか…

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 菅直人 枝野

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。