スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風評退散 魔性の菅的試食2

風評退散 魔性の菅的試食2 

 「私がお願いしてサクランボなどを一緒に食していただいた。風評被害
を跳ね除けるうえで、本当に大きな力になる。明日は売り切れるのでは
ないか」…、21日、来日した中韓の首脳を迎えた夕食会の冒頭、試食
に協力してもらったことに対し、ノー天気な空菅直人ソウリの挨拶でした。

 路地栽培の農産物を、その場で、もぎ立て噛り付きなら、説得力もある
のでしょうが、産地証明もないハウス物の農産物を食べるところを見せら
れたところで、どれ程の不安解消となるものか甚だ疑問です。相変わら
ず、空っぽのパフォーマンスにしか頭が回らないソウリ。明日は売り切れ
などと軽口を叩く空菅に、こっちの頭の方が切れそうです。

 意味の無い、…外交的な借りを作ったという意味では有害でさえある
試食パフォーマンスの一方、空菅ソウリは韓国議員の北方領土訪問に
ついて、首脳会談で一切ふれなかったとか。20日の参院予算委員会で
「この問題について、厳しく韓国に抗議すべき」と自民党、佐藤正久議員
に念を押されて、「きちんとした対応をとりたい」と答弁していた空菅ソウリ
ですが、すっかり耳には残っていなかったようです。馬菅の耳に念仏…。

 また、中国との首脳会談でも、昨年の中国漁船当て逃げ事件について
「尖閣」の言葉を一切出さず、海上の危機管理体制の構築云々とお茶を
濁す程度の扱いだったとか。

 4月18日、那覇検察審査会は当該事件について、中国船長を起訴相当
とする議決を下しましたが、その議決書には「外交関係のケジメをつける
ためにも、起訴相当を議決した」とワザワザ付言。司法の判断を了として
中国人船長を釈放した政府でしたが、今度は、その司法制度の要請は
「外交のケジメをつけろ」なのですから、行政府としては、那覇地検の再
捜査に向けて、中国人船長の日本への送還を働きかける責任があるは
ずです。また、巡視船の修理代についても、ケジメがついたという話を知
りません。請求書はしっかり渡さなければなりません。

 ところで、福島原発の周辺地域では、震災のため亡くなられた遺体の多
くが、原発事故の放射能汚染のため、長く放置されていたわけですが、そ
れらの遺体の多くに指や手首を切断され、顎がこじ開けられたあとがあっ
たのだとか。遺体から指輪や腕時計、金歯などを盗むために傷つけられ
たとの噂があるようで、日本人のメンタリティーとして、かかる所業は考え
にくく、外国人の手によるものと推測されているとか。そんな折、地震直後
に中国人の一団が山形空港に降り立ち、人の流れとは逆の、被災地の方
へ向かっていったという目撃情報もあるようで、噂と相まって、黒い連想が
頭を埋め尽くします。

 さて、その福島原発事故問題は、一号機への注水中断事件が焦点とな
っているわけですが、注水中断の指示が空菅ソウリからあったのではな
いかという指摘に対し、空菅ソウリ自身は「海水注入の連絡も受けていな
いのに中止の指示のしようがない」と弁明。原子力災害対策本部長の身
でありながら、情報が入らなかったと、自分の無能を楯にした意味不明の
言い逃れ。

 原子力安全委員会の斑目委員長の再臨界発言やら、東電からFAX連
絡等々、新たに出てくる情報と、それらを否定し、訂正をくり返す政府。
そして結局、東電は、海水注入の中断自体がなかったと訂正…。いまさ
ら、なかったと言われても、それを信用するほど国民はバカではないと
思うのですが。

自称、原子力の専門家である菅直人が、素人でも言える「ゼロではない
再臨界の可能性」という評価におののき、注水中止を迫り、中止をすれ
ばしたで、その責任を他に擦り付ける。高レベルの放射線が飛び交う中、
収束に向けてメルトダウンした原子炉と闘っている現場は、無責任ソウリ
の保身のために振り回されてようで、苦労も報われず、浮かばれません。

 今週23日からIAEAの調査団が来日し、事故原因の調査を開始。その
結果は9月の国連総会で報告されるのだとか。1号機の海水注入中断も
さることながら、それ以前の真水の注入がダウンした3月12日PM2:53
から水素爆発を挟むPM7:04の海水注入までの対策本部の動きこそ、
被害拡大の核心部分とみられ、しっかり調査してもらいたいものです。

 一方、隠蔽菅内閣は24日に事故調査、検証委員会の設置を決定。調
査結果については、年内に中間報告、来年夏までに最終報告をまとめる
予定なのだとか。IAEAに比べ、やる気のない空菅内閣。原発事故の初動
から後手を踏み続け、事故調査でも後手を踏むその姿勢は一貫してい
ます。

 また、東電の資産、財務内容を調査する第三者委員会も同時に設置を
決めた空菅内閣ですが、両方の委員会とも枝野革マル長官と仙谷柳腰
副官房の隠蔽コンビが中心となってトップの人選を決めたのだとか。

 そして、事故調査委員会は、空菅ソウリをはじめ枝野、海江田など現内
閣の面々も調査対象となるにもかかわらず、内閣官房下に設置されると
のこと。委員会をコントロールし、結果ミエミエの八百長委員会とするつも
りなのか。どこまでも、反省のない、恥知らず内閣です。

                                        ~鳥

ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります       
       よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 菅直人

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。