スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルアル調査隊の放射線調査

アルアル調査隊の放射線調査 

 今月16日、中国国家海洋局が、原発事故の影響調査のため西太平洋
へ調査船を派遣すると中国メディアが報道。調査海域は沖ノ鳥島がある
日本のEEZ内と見られていたため、この調査に対し枝マメ官房長官は、
「情報収集と監視に万全を期す」と記者会見で発言。

 先だつ今月8、9日にも、過去最大規模の海軍艦船11隻で沖縄近海を
通過させるというデモンストレーションで無能民主党政府にプレッシャーを
かけていた中国ですが、今回の調査でも、国連海洋法条約にあるEEZ内
の沿岸国への事前連絡制度を無視し、中国政府は日本政府に連絡せ
ず。舐め続けられる空菅民主です。

 驚いたのは、その後23日に、海保の巡視船が日本のEEZ内である宮
城県沖で調査活動をしている中国の調査船を発見。「公海上で海洋環境
調査のため採水している」と主張する中国船に対し、日本側が中止を要
求したところ、EEZ外に出て行ったのだとか。沖ノ鳥島どころか、堂々と
宮城県沖まで乗り込んでくる中国。他人の家にあいさつもなく、玄関どこ
ろか居間にまで上がりこむ傍若無人な振る舞いには、日本政府の姿など
眼中にないようです。元々、頭の中から国境線が消えてしまっているアホ
政府では相手になりようもなく、この政権が君臨する限り、こういう事態は
くり返されていくことでしょう。   しかし、ベトナムは違いました。


 ガンバレ ベトナム
 アジアで最大の経済力と軍事力をバックに海洋権益の確保に余念が
ない中国。とりわけ最近の動きには、目に余るものがあります。

 今月9日、ベトナム国営石油会社の探査船バイキング2号が、ベトナム
のEEZ内で石油資源探査中に、中国漁船によって探査ケーブルを切断
されるという事件が発生。中国漁船は危険な航行で探査船を妨害し、意
図的に探査ケーブルに突っ込み、切断に及んだのだとか。このとき、中国
の漁業監視船2隻が中国漁船を援護していたということで、事件後切断
したケーブルがからんだ中国漁船は、すぐに監視船が救助したとかで、
その計画性が指摘されています。バイキング2号への妨害は、それ以前
の5月29日、31日にもあったとかで執拗に付け回っていたようで、南シナ
海の地下資源に対する中国の、並々ならぬ執着が見て取れます。他国の
EEZどころか、そこで逆に、主権国の探査船をも襲う中国。ベトナム
石油が欲しいとなったら、手段を選ばないパイレーツチャイナです。

 強欲中国は先月下旬、南シナ海での油田開発のため、中国最大規模
の海底油田掘削装置を製造、今秋にも同海域へ投入の予定とか。この
掘削装置はその大きさから「海洋石油空母」と評されているのだとか。
掘る気満々の中国…。

 一方、ケーブルを切断されたベトナムでは中国への反発が強まり、先月
末以来、4週連続の反中デモが発生。ベトナム市民は中国産農作物を
ボイコット、中国産の輸入量が大幅に減少しているのだとか。ベトナム政
府も13日に南シナ海で実弾射撃訓練を実施。また、ベトナム海軍、米海
軍合同の海上訓練の実施を検討しているとかで、怯まず、中国を牽制
しています。クラゲのような日本の政府と違って、背骨がしっかりしている
ベトナム。羨ましい限りです。頑張れベトナム。

 ところで、ベトナムといえば昨年秋、日本企業への原発発注を首脳会
談で合意し、あらためて日本との協力関係を強化する意向を表明してい
ました。しかし、その後の福島原発の事故で契約の行方が危ぶまれて
白紙かとの憶測もあった中、ベトナムのチュオン・タン・サン次期国家主
席が「2基の原発建設を日本企業に発注する方針に変わりはない」と
表明。

 チュオン・タン・サン氏はベトナム共産党の知日派の代表格で、日本政
府が1990年代前半から、将来の指導者として関係構築に努めてきた
人物なのだとか。 

 ベトナムは高速鉄道の新幹線方式の採用や、宇宙開発分野でも日本に
支援を要請。自然災害に対する衛星による観測システムの構築に日本の
協力を求めているのだとか。日本との協力関係強化に揺るぎりのない
姿勢をみせるベトナムですが、この国のODAは日本が最大の支援国と
のこと。今現在も中国に払っている、無意味どころか弊害ですらあるODA
を即刻中止し、その分をさらにベトナムに振り当てるべきでしょう。

 東アジアにあって、経済、安全保障において、こんな頼もしい国こそ、
一層の関係強化が望まれるところです。

 中国漁船の妨害についてベトナムのグェン・ミン・チェット現国家主席は
「今日の祖国を得るために、何世代の血の犠牲があったか。だからこそ
私達は、祖国を防衛し、海と島を守るために全てを捧げる覚悟がある」と
表明。

 なめられっ放しの空菅政権に主席の爪の垢でも飲ませたいところです。

                                        ~鳥


ブログランキングに参加しています   
    クリックが次作へのエネルギーとなります     
                 よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 ベトナム

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。