スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トホホ中国!毒゛フード事件の巻

トホホ中国!毒゛フード事件の巻 

 羊頭狗肉という言葉があるように元々、犬を食べるという

習慣は古くから中国人の食生活に根ざしたものだったよう

ですが、あのオリンピックでは外国人の目を気にしてそれを

禁止していました。しかし誘惑には勝てずオリンピックが

わり、また食べ始めたとのこと…。さらにそこへ最近の世界

不況でペットショップも閉店が相次ぎ、あふれたペット犬は

今度は「肉」として品定めにあう羽目に…犬達にとっては

災難です。  …あ~合掌…。

 そして今回の事件ですが、自然界最強の発がん性物質

アフラトキシン。昨年の事故米問題で、よく耳にした忌まわ

しい名前です。今回の事件との関連性は不明ですが、色々

と想像を掻き立ててくれます。昨年の事故米問題が明らか

になって以降日本が買わなくなった事故米がだぶつき、その

処分としてペットフードに加工利用したのではないかと邪推

しましたが、オーストラリアから輸入、販売されたもののようで

その線はなしか…。とすると、だぶついている事故米はどう

なっているのか?もしかすると、メラミンみたいに普通の米と

混ぜて別のところへ売ってしまったものが加工業者に渡って

しまったのか?いや、はじめから確信的に業者とつるんで

やったのでは?

 詳細な続報に興味をそそられます。

                               ~鳥

 

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

Tag : 中国 アフラトキシン

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。