スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の野望!狙われた南極

中国の野望!狙われた南極

  中国が南極に三ヶ所目の基地を建設ということです。

日本や欧米に比べて南極への進出が遅れていた中国に

とって巻き返しの意味も含まれた基地のようです。

  南極は南極条約によって領有権の主張が凍結されて

どこの国にも属さないということになっていますが、あくま

でも凍結でありその主張そのものが否定されているもの

ではないようです。また、南極の地下には原油などの豊富

な地下資源が眠っているものとみられ各国の様々な思惑が

渦巻いています。

  さて、今回の新基地建設はそんな南極の地で 新参者

の中国が存在感を高め、来るべき資源獲得競争に際して

位性の確保を狙ったというのが本音のところでしょうか。

  建設地は南極で最も高い所だそうで、それを祝してか

基地名は崑崙とのこと。だったらチョモランマとでも命名した

方が威圧感があってよかったのに…チベットを連想させる

ということで却下?…それとも、資源獲得と言う本音が見透

されそうで…?

  また、この基地は厚さ四千メートルの氷の上ということで

そこをボーリングすれば、その最深部で得られるサンプル

から百万年前の地球環境のデータが読み取れるということ

でその意義を強調しています。…とか言って本当にほしい

のは地下資源のデータの方でしょうに。

  こうして南極が汚されていくのは忍びない限りですが一番

心配なのは、公共マナーを欠いている彼らのこと、痰吐きや

立小便をしてその氷が溶けてしまわないかということです。

                                ~鳥

 

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

Tag : 中国 南極 崑崙

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。