スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北の国から!無視される対南声明の巻

北の国から!無視される対南声明の巻

  北朝鮮による韓国非難ですが、言葉だけが過激さを増して

います。その姿は、一歩引いてみると悲壮感すら、漂わせてい

るように見えます。

  一方、韓国はあまり相手にせず、シラケぎみです。声明を

冷静に分析し、挑発は北朝鮮自国内への引き締め策との見

のようです。

  勇ましい言葉が空しく踊る北朝鮮ですが、戦おうにも油も、

も、食糧も、満足になく勝負になりません。衝突があっても

小競り合い程度とみられています。そして、その可能性が最

もありそうな場所が黄海上の軍事境界線です。

  この黄海の軍事境界線では、以前から紛争が多発してい

たが、ノムヒョン政権時代の対北対応はかなり緩いもの

で、この海域での北の活動を容認気味に見ていた感があり

ました。ところが反対側の、竹島のある日本海側は一転して

日本に対し挑戦的な態度で臨んでいたのは記憶のとおりで

す。当時、韓国国内にも、この対応の違いを疑問視する声が

一部にはありましたが、親北左派の声に掻き消されてしま

っていたのです。思えば、ノムヒョン政権がいかに親北政策

に日本を利用したかの証左です。

  そしてもう一つ、親北政策のために封印したのが、金賢姫

氏らの声です。暗黒左派政権の闇によって隠されてきた彼

貴重な証言が聞こえはじめたのは日本にとっても朗報で

す。彼女と拉致被害者家族の方との、面会に向けて両国政府

が動きはじめていますが、ぜひとも実現してほしいものです。

  さらに、彼女に、日本の国会で証言してもらえるようなこと

が出来れば拉致解決に向けて大きな流れができると思うの

ですが…いや、日本の国会に止まらず国連の場で証言して

もらえれば、大韓航空機爆破事件と拉致事件がセットでクロ

ーズアップされ、テロ国家指定など世界的な理解と支援が得

られるはずです。今の段階では夢の話にしかすぎませんが…。

  いずれにしても、このヒステリックな北朝鮮の声明が、いず

れ彼らの断末魔と変わる日も近いのかも知れません。

                                ~鳥

 

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

Tag : 北朝鮮 ノムヒョン 金賢姫

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。