スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トホホ中国!くつじょくのクツ

トホホ中国!くつじょくのクツ

  「履き物」は中国の貿易統計でみても、上位にランクされる

輸出品目です。「外国ブランドでも製造は中国」は、よくあるパ

ーンです。投げ付けられたクツも中国製だったりすると、洒

たジョークになるのですが、そんな余裕をかますなど所詮、

制国家の中国には無理な話でした。

  そのクツを投げ付けられたオンカホーくんですが、本人以

上に青ざめたのは本国でライブ放送を見ていた中国当局の

皆様だったのではないでしょうか。生中継していた中国中央

テレビは事件直後、中継を中断し国旗映像を流したとのこと。

中国外務省は、直ちに英国に抗議し怒りをあらわにしたとか。

  そして、そんな当局以上に中国のネット上では今回も、愛

国まみれの抗議の嵐が吹き荒れているようです。

  昨年のブッシュ前大統領の事件を真似た今回のクツ投げ

ですが、前回の中国当局の冷やかな対応と比べて、今回の

むきになって抗議する姿勢に、彼らの政治レベルの低さを感

じざるを得ません。そして、それは市井のネットや巷で、もっと

あからさまに現れてきます。

  前回、ネットでは、事件を嘲り笑う内容であふれ、巷でも

「ある中学校では、物理と称して、あのクツがどうすれば大

統領に当たったのか、投げる角度や姿勢などを実験、分

する授業が行われた」とか「あるクツ店では、大統領の絵に

クツを投げ付けて、当たった結果で割引販売をして好評を得

た」などというニュースが平然と流れていました。

  当事者でないにもかかわらず、他国の元首への尊崇の

など微塵もなく、そのくせ、自国のことになると頭に血が昇る。

民度の低さを見せ付けています。

  今回の事件は起きるべくして起きた、さもありなんと思っ

人が地球上に何億人いたのかと言うぐらい、当然の事件

す。オリンピック以降さらに厳しさを増す、人権、言論への

迫害と統制。その実態に対して、臆面もなく世界経済の救世

主気取りをする中国の虚構に、多くの人が気づいたことと

思われます。                       

                                   ~鳥

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

テーマ : 中国問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 中国 オンカホー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。