スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北の国から!テポドンの平和利用?

北の国から!テポドンの平和利用?

  北朝鮮は1998年にテポドン1号を発射。その時、それを

ミサイルではなく衛星の打ち上げだと言い逃れ、日本など国

社会の非難をかわしました。実際には、その衛星なるもの

は確認できず、本当に打ち上げたのかも疑問の残るままに、

結局うやむやにフェードアウトしていきました。

  私の拙い記憶では、衛星は弁当箱ほどに小さく、そこか

ら地上に向けてアリランを流している、と言うようなことを北

朝鮮がいっていたと、どこかの記事で読んだ記憶が残ってい

るのですが、定かではありません。あしからず…。

  今回、北朝鮮は何かを打ち上げると言っていますが、そ

れがミサイルであろうと衛星であろうと、それは先の核実験

を強行した際、採択された北朝鮮への安保理決議に違反す

ることになります。北朝鮮が、ミサイルではなく衛星だからと

いって、国際社会の非難から逃れることはできません。発射

の原理がほぼ一緒ですから。

  これから先の注目点は、ミサイルが発射された場合ア

リカは、ミサイルディフェンスを実行するのかということです。

ゲーツ米国防長官は「北朝鮮が発射すればミサイル防衛を

稼動、迎撃システムを取ることになる」と述べています。その

場合、日本海配備のイージス艦とアラスカ配備の迎撃ミサ

イルを使用するという見方がなされています。日本も多額の

予算を拠出し、共同開発してきたシステムですが、その真価

が、いよいよ問われるのです。実際に成功すれば、「北の核」

の脅威は大きく、減衰させられます。失敗しても、本番に向け

ての良いデータ収集となることでしょう。

  問題はオバマ大統領が迎撃の決断をできるのかというこ

とです。テポドン発射は、彼を値踏みするという意味も含まれ

ているのでしょう。大統領は今月三日、ミサイル、大量破壊

兵器の取引、拡散に関係したとして北朝鮮の3社に対し、制

措置を発動し、北朝鮮のミサイルと大量破壊兵器の拡散

対する政権の強い意思を示しています。この意志の揺らぐ

ことなく、強い態度で決断してもらいたいものです。

                               ~鳥

 

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

テーマ : イラスト - ジャンル : 趣味・実用

Tag : 北朝鮮

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。