スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北の国から!激ヤセ金正日くんとWBC

北の国から!激ヤセ金正日くんとWBC-1 

  WBCの、日本2連覇は喜ばしいかぎりでした。その歓喜

を倍増させたのは、相手が韓国で、止めを刺したのが何かに

付け彼らの標的とされてきたイチローだったということでは

ないでしょうか。それだけに、韓国にしてみれば、その悔しさ

の深さはいかばかりか…、日本のプレーにケチをつけたり、

イチローの記者会見での態度を非難したりと、侍ジャパンを

ダーティージャパンと罵っています。

  極めつけは、25日、帰国後の金監督の記者会見です。

「イチローに安打を浴びて負けたのが悔しくて、昨日は一睡も

できなかった」と悔しさを露にし、決勝戦の主審について「メジ

ャーリーグの審判の中でストライクとボールの判定が最もひど

い審判だった。高めの球はストライクと判定せず、岩隈の低め

のボールくさい球をストライクと判定した」とダメ出し、未練と不

満タラタラで、とてもナショナルチームの代表監督の器とは思

ません。

  日本ラウンドのとき、場内のカメラフラッシュに文句を付け

バッターボックスのイチローの集中力を切らせようとした行

為も監督采配とのこと。どちらが、ダーティなのか…。死球を

狙っているのか、ホームプレートに足を投げ出す不自然なバッ

ティングスタイルやメタボ選手など、見た目にも見苦しいチー

ムに、いかにも相応しい監督です。

  ところで、このように、できれば関わりたくない国なのです

が、昨今の北朝鮮のミサイル問題では、肩を組まざるをえま

せん。発射の腹を固める北朝鮮に対して、問題は発射後の

経済制裁をいかに迅速に、実効のあるものにまとめられる

にあります。国連での関係各国への働きかけを、日米韓が

協力して推し進めることが北朝鮮への圧力となる筈です。

  幸い、事務総長は韓国出身で、その国連の主要ポストの

くに韓国人を起用し、韓国人スタッフを増やすという見苦し

い身びいきの体制を確立しています。今こそ、それを活用す

る時で、単なる自国の失業率の改善対策に、終わらせては

いけません。

  一方の北朝鮮ですが、イギリスの国会で催された行

出席した駐英の北朝鮮大使が「貧しいと宇宙開発をできない

のか」という旨の発言をしたとのことです。

  食糧支援で生きながらえる貧乏国家が、それほど衛星を

ち上げたいなら、中国、ロシアに打ち上げてもらえば良い

のです。ロケット開発という、余計な国家予算を使わなくて済

むものを、本心とはかけ離れた「平和的宇宙開発」と称する

ど笑止千万です。

  なぜに日本の周辺にはまともな国がないのか

                       徒然、雑感でした。

                                  ~鳥

   

ブログランキングに参加しています

 よろしければクリックお願いします。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 北朝鮮

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。