スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気楽民主党

お気楽民主党 

 例のドジョウ演説以来、ドジョウの差し入れが続きウンザリしていた
のか、今月11日、出身校の同窓会に出席したノダソウリは「世の中
の皆さんが錯覚し、全国各地からドジョウを送っていただいているが、
私が好きなのはうなぎやアナゴだ」と言ったとか。

 増税々をくり返し、不景気な無能ソウリの顔を見せられるたび、ウン
ザリなのはこちらの方ですが、案の定、支持率は順調に下降線を辿っ
ているようです。

 その下落に大きく貢献しているのは、無能でムボウな防衛大臣、直
紀パパ。予算委員会を無断で抜け出し、コーヒーを飲んでいたことが
バレ、それを国会で追及されると「今後、防衛相在籍期間は国会でコ
ーヒーを飲まない」と意味不明なコーヒー断ち宣言。どうせなら、紅茶
やコーラにしときますと言葉を続けて欲しかったところですが、この人
のそこが限界なのでしょう。悔やまれるところです。いずれにしても、
いつまでこんな人を大臣のイスに座らせておくのか、喜んでいるのは
東アジアの周辺国だけで、韓国などは尖閣のEEZ内まで出張ってき
て違法操業と調子に乗っている始末。早く辞めさせなければならない
閣僚の筆頭にかわりありません。

 その無能防衛相に勝るとも劣らぬのが、為替介入レート暴露発言
の財務大臣。チビッコギャング安住財務相は昨年秋の為替介入で
「75円63銭で介入を指示し、78円20銭でやめた」と、10日の衆院予
算委員会で説明とのこと。大臣就任時から、その人事を不安視する
声はありましたが、敵に手の内を曝け出す、期待にそぐわぬ見事な
無能ぶりです。

 その彼は、18日、19日で中国を訪問。イカサマ通貨人民元の国際化
を目指す中国の誘いに乗って、昨年暮れ、中国国債の購入を表明した
ノダ政府ですが、今回の訪問では、貿易決済を円元の直接取引拡大
のため具体策を検討する、合同の作業部会設置を決めたようで、さら
に歩を進めたようです。

 円の信用を借りて人民元の地位向上にほくそ笑む中国。それを民主
党が進めていることに、さらに危うさを感じるわけですが、その主管大
臣がこの程度で、益々暗澹たる気分に覆われるばかりです。

 はたして中国は、一方で、東シナ海のガス田開発を継続中とか。平成
20年の日中協議で継続協議とされた「樫」で、新たな合意が出来るまで
手を付けず、現状維持とされていたにもかかわらず、無視して独自開発
を続けているのだとか。合意無視に対する無能の民主党政府の抗議も
無視され続けているようで、そのような中、経済協力とか言ってノコノコ
と中国に出かけていって手を貸している場合ではないのですが…。

 民主党は今月7日、ルーピー鳩山を党の外交担当に据える、爆笑人
事を発表しまたが、どこまでもお気楽民主党です。

                                     ~鳥
ブログランキングに参加しています 
  クリックが次作へのエネルギーとなります         
      よろしければクリックお願いします。

  

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 安住

ムボウな無防衛大臣田中直紀

ムボウな無防衛大臣田中直紀 
 年明け早々、問責議員や問題をかかえ、野党からの追求が予想さ
れる閣僚5人の首を挿げ替えたノダソウリ。ミニ内閣改造で落ち込ん
でいた支持率回復を目論むも、完全な空振り状態。ゾーゼイ、ゾーゼ
イと臭い息を吐きながら臆面もなくマニフェストと真逆の主張をくり返す
恥知らず内閣としては当然の結果でしょう。
 
 「消費税を含めた社会保障の一体改革に政治生命をかける」と意気
込まれても、嘘つき政治屋の政治生命などと引き換えに消費税を上げ
られたのでは、国民はいい迷惑なのです。そのくせ、議員削減や国家
公務員の給与削減など行政改革の話になると「具体的にいつまでと明
確に言える段階ではない」と言葉を濁す。政治生命をかける方向、順
番が違っているのです。

 行政改革もだめなら、税収を上げるための有効な経済対策を打つで
もなく、史上最高値の円高を放置し株式も落ち込んだまま。経済無策
の無能な詐欺政党の御陰で、昨年2011年の日本の貿易収支は31年
ぶりの赤字転落なのだとか。

 1日も早く民主党の治世が終わることを願わずにはおられませんが、
そんな中での悪あがきの内閣改造。注目は、やはり田中直紀防衛大
臣といったところでしょうか。就任発表当初から不安視されていた人事
でしたが、蓋を開ければ武器使用基準と輸出3原則の混同、普天間移
設の着工示唆発言、メディアインタビューでのメモ棒読みと期待と゜おり
のパフォーマンス。政策に暗く、無能な防衛大臣ということでは前任の
一川大臣に引けをとりません。

 ムボウな人事を繰り返し、国防を蔑ろにするノダ民主党。こんなこと
だから、日本国民はおろか、アメリカからも相手にされません。最近、
オバマ大統領がタイム誌とのインタビューで、信頼関係を築けた各国
首脳ということで、韓国、インドなど5カ国の首脳の名前をあげたなか
にノダソウリの名前はなかったとか。ノダソウリどころか、民主党政権
になってから、今だ、どのソウリも正式な国賓としての訪米ができず米
国から相手にされていない民主党ですから、オバマの当然の感想な
のでしょう。

 同盟国でありながら、米国から信頼されていない売国政党は、その
一方で韓国、中国には、ちぎれんばかりに尻尾を振りまくポチ外交を
展開。

 先月末、自らを「日中交流の子」と称するドジョウソウリは初の中国
公式訪問。中国側は、これを最大限の歓迎でもてなしたとか。安全保
障と経済でアジアを戦略の中核として転換し、中国包囲網を築く米国
のプレッシャーが、中国の歓迎という行為に影響していたことは想像
に難くなく、ならば、それを利用して尖閣問題など様々な注文をつける
べきでしたが、パンダを所望するぐらいしか能のない民主党。

 それどころか、中国国債の購入などというプレゼントを携えて訪中
する気の使いよう…(涙)。ツクヅクどうしようもない政党です。
ドル建てから元建てに貿易決済を広げ、人民元の国際化を進めたい
中国は、その貿易相手国に中国国債を購入させ外貨準備として組み
入れさせたいわけですが、実際購入に動いたのはナイジェリア、モン
ゴル、マレーシア他数カ国で、今回日本がそれを実施すれば先進国
として初となり、人民元の国際的信認が一気に進むことになるのだと
か。中国としては、涙もののビッグプレゼントですが、為替操作で貿易
黒字を溜め込むイカサマ通貨に税金を投入する売国民主党です。
ドル国債から元国債への乗り換えとみられればドルの信認は下がり
ドル安円高の流れを止めるどころか、拍車をかけることにもなりかね
ない中国国債購入です。

 気色悪いほど中国に気を使うノダ内閣ですが、防衛大臣人事でそれ
は極まったと見えてしかたありません。井戸掘りマキコのパペット人形
ナオキで中国の歓心を買うノダに図に乗る中国…悪夢の日々が続き
ます。
                                      ~鳥

ブログランキングに参加しています   
    クリックが次作へのエネルギーとなります           
             よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 中国国債

北の国から、タブーの菌正日像

北の国から、タブーの菌正日像 

 核保有と人工衛星( ミサイル) の開発。新世紀の産業革命。強盛国
家を目指す「民族の精神力」。北朝鮮の労働新聞に言わせると、この
3つが金正日が残した3大遺産なのだとか。周辺国にとっては負の遺
産の何ものでもないわけですが、核保有とミサイルについては理解で
きるものの、残り2つは全く意味不明。遺産などないものを、無理にこ
じつけた編集者の脂汗のにじむ論評といったところでしょうか。
 
 失政による慢性的な食糧不足の影響からか、韓国と北朝鮮の青年
の身長差は15センチで、植民地時代より低くなっているのだとか。
300万人の国民を餓死させ、多くの外国人を拉致し、様々なテロを仕
掛け続けた金正日の負の遺産、暴挙には暇がありません。

 どこをどう切っても彼の圧政を評価する面など1ミリも無いわけですが
22日の国連総会では北朝鮮の提案を受け入れ、菌正日に黙祷を捧げ
たとか。日米姦、英国、フランス、ドイツなど27カ国が拒否、その他の多
くの国も欠席したようですが、黙祷を許可した国連の対応が非難されて
いるとのこと。餓死者や強制収容所で処刑された人々こそ黙祷の対象
者であり、加害した側を黙祷とは、国連の限界を改めて確認した事案で
した。

 菌正日死亡から、3代目を襲名した金正恩ですが、こらえ性がなく何
もできないバカ息子との評で、金正日自身も生前「正恩は根っからの
遊び人でダメだ」と言っていたとか。そんな否定的な評のバカ息子への
権力集中を急ぐ北朝鮮は、政府、軍、党を上げて「お手紙運動」を実施
中とのこと。「正恩同志に、世界の果てまで付いていく」という手紙をバカ
息子に書き送るのだとか。ある意味、北朝鮮はすでにその「果て」なん
ですが…。

 また、魚の配給指示など住民への配慮を伝える官制報道で住民重視
の姿勢をアピールし、権力固めに腐心しているようですが、所詮、魚に
ありつけるのは人口一割にも満たない平壌市民だけ。さらに、その平壌
にしたところで、昨年、市の面積を半分近く減らされ、人口を50万人ほど
削減されているのだとか。

 実質的には、ほとんどの住民が、バカ息子が強権的な圧制を行うので
はないかと不安視しているようで、早速、その期待に答えるように脱北者
の取締り強化を指示。国境付近で特別な理由なく移動する人間は射撃し
脱北者が発生した場合、その家族3代を滅ぼすとのこと。そして、その取
締りは、哀悼期間終了後も継続するのだとか。

 菌正恩は後継者として登場する以前から住民統制を実質的に指揮して
きたといわれ、菌正日さえ出さなかった射殺命令指示は、彼の政権運営
の姿勢と圧制を予感させてくれます。

 しかし、慢性的な食糧不足など、政権維持のためには改革開放は避け
ては通れず、ところが、それは逆に独裁体制崩壊の引き金にもなるとい
う危険をはらみ、ジレンマにあるのが、現状の北朝鮮。早晩、バカ息子で
は持たないという見方も多く、やがて権力闘争勃発で、内部崩壊が始まる
とのシナリオを予測する…期待するところです。北朝鮮の様々な懸案の
解決には、北朝鮮のレジームチェンジこそ真の解決方法であり、日本と
しても、内部崩壊を促す方向へ働きかけたいところです。

 北朝鮮の体制変換は、北朝鮮という唇に覆われている中国の牙を顕わ
にすることでもあり、中国共産党の一党独裁という壁に楔を打ち込むこと
にもなり、チベット、ウイグルの解放という期待にもつながることです。

 25日、その中国を訪問した野田ソウリは、温家宝から「中国を公式訪問
する初の民主党政権の首相だ」と持ち上げられたとか。さぞ、重かったこ
とでしょうが、アメリカからは全く相手にされず、今だアメリカへの公式訪問
のない民主党。先月23日に、玄葉外相が1200万円かけてチャーター機
を飛ばし、野田訪中の根回しのため、中国を日帰り。その後中国から訪
中をキャンセルされ、再び受け入れ許可。そんな経緯で、野田ソウリの足
取りも軽かったことでしょう。

 尖閣の謝罪や船長引渡しを迫るわけでもなく、海洋安保については、両
国間の危機回避の仕組みを整えるのだとか。相次ぐ領海侵犯を止めさせ
ればすむ話で、危機回避もクソもないのです。南シナ海で中国と対峙する
その周辺国やアメリカに比べて、腰折れの野田害交。

 さらに北朝鮮有事に際して、拉致被害者、邦人保護を中国に求めたア
ホ野田ソウリ。尖閣当て逃げ事件で、日本人を人質にとる国が邦人保護
など本気でするワケもなく、笑ってしまうのですが、挙句に、朝鮮半島の
平和と安定で一致なのだと。半島から献金を受け入れる党は、北朝鮮の
独裁体制の安定を望まれているようで、さすが売国民主党。

 日本が言うべきことは「北朝鮮への支援を止めろ」と要請することなので
すが、ドジョウ総理が中国に要望したのは「パンダをお願いします」…。
どうせ、お願いするなら、害交は止めて、沖縄で「基地をお願いします」と
得意の土下座でもして回っている方がマシな民主党です。
                                       
                                        ~鳥

 
今年も訪問、支持していただきました皆様ありがとうございました。
皆様と日本にとって、来年が良い年でありますように。来年もよろしく
お願いします。

ブログランキングに参加しています   
    クリックが次作へのエネルギーとなります             
            よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 金正恩

嫌がらせのファンタジー職業慰安婦像

嫌がらせのファンタジー職業慰安婦像 

 殺害説も飛び交う金正日死亡の報に、衝撃止まぬ北朝鮮情勢です
が、死亡とされる17日以降もその事実確認が取れず、ノコノコと日本
にやって来たイミョンバク。事前に情報把握が出来なかったことに、
巨額の予算を持つ韓国の情報機関と共に批判の嵐なのだとか。哀悼
の意を表明したアホ民主党政府と、マヌケ同士の会談だったことは間
違いないようです。

 その会談では、ノーガードの日本に対し、やりたい放題の韓国とい
った趣で、毎度のことながら、吐き気を催すぐらいの胸糞悪さ。

 日本軍相手に1年働けば一生の財産、暮らしが確保されたと言われ
た慰安婦達。当時、軍によって衛生面についても徹底管理され、合法
的な職業であり、強制的に連行し、奴隷のように従事させたなどファン
タジーにすぎないことは言われているところです。日本の自虐史観と
アホな民主党政権に付けこんでやりたい放題の韓国です。

 そもそも、ベトナム戦争でベトナム人女性を強姦し、或いは慰安婦と
して、最大3万人ともされる、韓国兵士とベトナム人女性との混血児(
ライタイハン)をベトナムに残してきたゴウカン国家が「誠意を見せろ」
など、片腹痛いし、言う資格などないのです。

 1965年に結ばれた日韓請求権、経済協力協定によって両国の賠償
問題は完全解決済みなのですが、情緒や感情の問題だとして慰安婦
像に請求書を握らせて付きつける韓国。それも、日本大使館前という
国際的な儀礼に反する、あり得ない嫌がらせで…。

 さらに、首脳会談では「誠意ある措置がなければ、第二第三の銅像
が建つ」と恫喝発言。盗人猛々しい韓国。

 かつて、90年代、南北朝鮮が板門店で実務者会議をおこなった際、
北朝鮮代表が「ここ( 板門店 ) からソウルは遠くない。ソウルは火の
海になるだろう」と発言して南北会談決裂という事案がありましたが、
第二第三の銅像発言は、それに匹敵するぐらい日本を愚弄した発言
で、それを撤回もさせず、ただ聞き及んだだけのアホノダ。首脳会談
など打ち切って席を立つべきでした。

 情緒や感情が条約より優位に立つゴウ姦国の、嫌がらせ満載の
日韓首脳会談…否、無能会談でしたが、今回のイミョンバク訪日は、
当初、日本側が国賓として訪問要請していたものでした。しかし、韓
国側はこれを拒否。ところが、慰安婦像が設置された14日に、突然
日本側の了解もなく一方的に訪問を発表。来日前からコケにされて
いるアホノダ民主党です。

 国際会議を除いた初の外国訪問に韓国を選んだノダ。朝鮮儀軌を
手土産に持参したノダ。シャトル外交の順番に目をつむって訪韓した
ノダ。目に余る竹島の実効支配に対して「日本が提起している困難な
問題」と地名も出さず、他人事のように、無能会談でノタマウノダ。
…地面に頭を擦りつけるぐらの土下座で誠意を見せているつもりの
ノダ外交は、只々、姦国をツケ上がらせただけなのでした。

 売国に加えて無能という、極めて性質の悪い悪性腫瘍は、やはり
早く切除すべきです。 …最悪の日韓無能会談でした。

                                  ~鳥   

 ブログランキングに参加しています   
    クリックが次作へのエネルギーとなります            
            よろしければクリックお願いします。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 慰安婦像

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。